がに股を矯正して美しく歩く方法を公開!

がに股の人ってなんだか
がさつなイメージを持たれがちですよね。

また、スカートを履いて
股がガバッと開いてしまっていると

女性から見てもちょっといただけないな
と感じてしまうものです。

さらに、がに股だと歩き方にも
影響してしまい、

せっかくおしゃれをしても
可愛さが半減してしまうのです。

今回はそんなマイナスイメージが強い
がに股を矯正し美しく歩ける方法を
伝授いたします。

広告

がに股とは?

がに股とはどんな状態をいうのでしょうか?

内股の逆?

言葉だけで表現しようとすると
間違いではありませんが

身体の中の状態から
詳しく見て行きましょう。

股という言葉が示すように
股関節の向きと角度によって
がに股が作られます。

股関節と言うのは、
骨盤と足の付け根の骨から
作られる関節ですが、

足の付け根の骨が外側に広がっている
状態のことをがに股と呼びます。

その他にも良く聞くO脚がありますが
がに股=O脚ではありません。

がに股の場合は、膝小僧が外向きに
なっていますが、

O脚は内向きになっており
膝から下の形によって呼び方が違う訳です。

また骨盤の開きも異なるので
自分の状態がどうなのか?

ということをきちんと把握することも
大切ですね。

がに股の原因って?

では、がに股の原因とは
何でしょうか。

それは股関節からお尻の周りについている

「 筋肉のバランスの崩れ 」

が大きく影響します。

これは筋肉自体の性質も影響します。

例えば太ももの前には大腿四頭筋という
筋肉があり、

太ももの裏側はハムストリングス
という筋肉があります。

さらに、太ももの内側には内転勤という
筋肉が存在します。

この中で日頃から使われているのが
太ももの前の大腿四頭筋です。

膝を曲げた状態から伸ばす、
股関節を曲げる時に働きますが

これがちょうど歩く時の動作なのです。

また、大腿四頭筋は筋肉の種類で言うと
抗重力筋に分類され、

自然と鍛えられる筋肉なので、
どんどんと発達して行きます。

逆に、裏側のハムストリングスや
内側の内転勤は敢えて鍛えないと
鍛えられない筋肉です。

特に太ももの内側の筋肉は、
だらんと力を抜いていると

スカートを履いていても、
股が開いてしまっている女性、いますよね。

そのぐらい使われない筋肉なので、
外側の筋肉ばかりが発達することで

筋肉が外に外へと引っ張られやすく
なります。

すると、外側の大腿四頭筋は股関節の
外側にもついているので、

股関節を外に引っ張ってしまい
がに股になってしまうのです。

広告

がに股はたれ尻を生む

がに股を矯正して美しく歩く方法を公開!

がに股は意識して歩き方を変えれば
いいんじゃない?

と楽観視しているあなた。

あなたは意識していても人から見ると、
がに股のままだったりします。

さらに、がに股は
たれ尻にまで繋がってしまうのです。

がに股のままで歩いていると、
股関節が常に外に引っ張られているので
お尻の奥の筋肉が緊張状態になります。

それによって、お尻全体の筋肉が
バランス良く使われないこととなり

使われにくいお尻の下の方が
だらりんとだらしなく垂れてしまう訳です。

これはなんとしてでも
阻止しないといけません!

がに股の矯正法1

早速がに股を矯正する方法に
チャレンジしてみましょう。

まず1つ目は、先ほどご紹介した
股関節を外側に引っ張ってしまう
大腿四頭筋のストレッチ法です。

これにより筋肉の柔軟性を戻して
内側に引き戻してあげましょう。

●大腿四頭筋ストレッチ

1.
仰向けに寝ます

2.
片側の膝を曲げて10秒キープ

3.
ゆっくりと膝を伸ばす。

4.
逆側の膝を曲げて10秒キープ

出来るだけ腰が捻ったり
背中が浮かないように意識しましょう。

がに股の矯正法2

続いて、低下している太ももの内側の
筋肉を鍛えてあげ、
股関節を内側に戻していきます。

●1本線歩行トレーニング

1.
両手を肩の位置まで上げる

2.
1本の線の上を歩きます

<ポイント>
・足の動きは股関節を開いて横からではなく
股関節を曲げて上から下ろす

・左右の足がクロスするようなイメージで歩く

●バレリーナトレーニング

1.
壁に片手をつき立ちます

2.
壁と逆側の足を膝を伸ばしたまま
壁側の足の方にゆっくりと
クロスさせていきます

※1セット=15回左右行います

がに股を矯正して美しく歩く方法を公開!

●ボール挟みトレーニング

1.
背もたれのある椅子に姿勢よく
腰かけます

2.
太ももの内側にボールもしくは
ペットボトルを挟みます

3.
内股をぎゅーっと8秒ほどしめ緩めます

※1セット=10回行います

がに股の矯正法3

次に、太ももの裏側にある
ハムストリングスを緩めてあげましょう。

普段あまり歩かないなど
筋肉を使っていないと、

ますます外側の筋肉が強くなって
がに股になりやすくなるので
使いやすいように柔軟性をつけましょう。

●ハムストリングスストレッチ

1.
椅子の上に片足の踵をのせます

2.
椅子の上の足と逆側の手を
椅子の上の足の膝小僧にのせ身体を
前に伸ばし、10秒キープ

※1セット=10回を左右行います

膝小僧に手が届かなければ
届く場所までで構いません。

ストレッチしている側の
膝が曲がらないことを意識しましょう。

きれいなモデルさんのような歩き方を
したくても、そもそもがに股だと
程遠い歩き方になってしまいますよね。

日頃から股関節周りの筋肉に
柔軟性を持たせ、

低下している筋肉を鍛えるなどして
バランスのいい股関節を保ちましょう。