コーヒーでダイエット出来るらしい?やり方と注意点

日頃何気なく飲んでいるコーヒー、
実はダイエットに効果的な成分が
含まれているのをご存知ですか?

コーヒーを飲んでいるけど、
ちっとも痩せないんだけど!

という方、飲むタイミングや量などを
見直すだけで痩せられるかもしれません!

コーヒーでダイエット出来る理由

コーヒーでダイエット?

コーヒー好きでダイエットしたい方には、
打ってつけな方法ですね。

コーヒーには
それだけダイエットに
効果的だとされる成分が含まれているのです。

1.カフェインの効果

(1)脂肪燃焼効果

カフェインが中枢神経を刺激し
「カテコールアミン」という神経物質が
分泌されることによって、

体に蓄積された脂肪を
エネルギーに変える働きがあります。

また、カフェインは
リパーゼという脂肪を分解してくれる
消化酵素の働きを活発にするので、

脂肪が分解されて
血液中に排出されます。

(2)コレステロール値を下げる

コレステロール値を下げて
善玉コレステロールを増やすので、
動脈硬化の予防にもなります。

2.クロロゲン酸の効果

クロロゲン酸とは
ポリフェノールの一種で、

コーヒーの色・香り・味に
影響している成分です。

(1)脂肪燃焼効果

肝臓で脂肪の燃焼を
促進する働きがあります。

また、褐色脂肪細胞に働きかけ
脂肪燃焼を更に促進させます。

(2)ガン・動脈硬化・老化予防

ポリフェノールの抗酸化作用で
これらを予防する効果が期待出来ます。

3.満腹感効果

普段何気なく飲んでいるコーヒーですが、
食後に飲むことで満腹感が得られます

4.精神安定効果

コーヒーを飲むと気分が安らぎ、
精神が安定しますよね。

ダイエット中のイライラも抑えられます。

コーヒーでダイエット出来るらしい?やり方と注意点

コーヒーダイエットのやり方

コーヒーダイエットのポイントが
以下になります。

1.どんなコーヒーがいいのか?

ポリフェノールの一種の
クロロゲン酸は焙煎に弱い為、
浅炒り豆のコーヒーにします。

2.やっぱりホットコーヒー?

ホットコーヒーが
身体を冷やさないのでお勧めです。

3.飲む量は?

1日4~5杯、多くとも5杯を分けて飲み、
1杯につきの持続効果は3~4時間程度です。

4.タイミングは?

食後、入浴前、運動前に飲むと効果的で、
特にコーヒーを飲んで30分~1時間後位から
運動やマッサージをすると効果的です。

広告

注意することは?

(1)コーヒーのカフェインの
摂り過ぎによって、

動機・ふるえ・頭痛・食欲不振・嘔吐
不安感・めまい・不眠などの症状が
出ることがあります。

痩せたいからと
摂り過ぎるのはよくないです。

(2)寝る前に飲むと
眠りにくくなることもあります。

(3)妊娠中はカフェインの摂取を
控えなければならないので、

妊娠中のコーヒーの摂取は
控えた方が良いです。

(4)砂糖やミルクはなるべく入れず、
ブラックで飲みましょう。

普段飲むコーヒーにこんな効果が
あったとは驚きですね。

コーヒーを飲むタイミングを
意識すれば、

ダイエットの強い味方になること
間違いなしですよ!