下半身太りを解消させる骨盤ダイエット

骨盤が歪むことによって、
下半身太りになりやすく
なってしまいます。

お尻、お腹、腰回り、太もも、
脚に肉がついてしまうと、

洋服のボトムにも
影響してしまいます。

特にスカートや細身のパンツでは、
下半身が目立ってしまいます。

骨盤の歪みからなる
下半身太りを解消したいですよね。

骨盤の歪みをとる、
ダイエットに有効なエクササイズを
ご紹介致します。

下半身が太りやすい理由

1.骨盤歪み

骨盤は日常生活や
妊娠出産をきっかけに
歪みやすくなります。

猫背でいたり、姿勢が悪いと
骨盤が歪んでしまいます。

骨盤が歪むと、内臓の位置が変わって
ぽっこりお腹になってしまったり、

血行やリンパの流れが悪くなって
老廃物の排出がスムーズにいかなくなり、

下半身に肉がつきやすく
むくみやすくなります。

2.塩分の摂り過ぎ

塩分を摂り過ぎてしまうと、
体内の血中塩分度が高くなるので、

それを薄めようと、身体が水分を
溜めこもうとするので、
むくみやすくなります。

塩分を摂り過ぎた日や翌日に
むくみを実感されたことは
あるかと思います。

3.冷え症

身体が冷えることで、
身体が内臓を守ろうと
皮下脂肪を蓄えようとします。

特にお腹には臓器が集中しているので、
お腹が冷えると身体はお腹に
脂肪を蓄えようとします。

4.運動不足

運動不足なると、
運動している人に比べ、
血流やリンパ循環がよくありません。

特にふくろはぎは、下半身の血液や
リンパの流れを良くする
ポンプの働きをします。

5.たんぱく質不足

たんぱく質が不足することで、
血中の水分を保つ
アルブミンが低下して、

血管の外に水分が
漏出しやすくなります。

水分が漏出すると、
むくみやセルライトの原因に
なってしまいます。

骨盤ダイエット

骨盤は一度歪むと、
場合によってはすぐに戻りません。、

骨盤の歪みによる
下半身太りが気になったら、

是非これからご紹介する
骨盤エクササイズを試してみて下さい。

1.お尻歩き

(1)
床に腰を下ろし、
脚を真っすぐ伸ばします。

(2)
手を胸の前で交差します。

(3)
お尻で歩くように、
左右交互に前に進みます。

10歩進んで10歩下がります。

3~5分行います。

(4)
両手を上げて(3)を行います。

2.骨盤回し

(1)
立った状態で、
両足を肩幅位に開き、
足先は真っすぐにします。

(2)
両手を腰に当て、
左回し30回、右回し30回と

フラフープを回すように
腰をゆっくり回します。

3.バスタオルを使った簡単なストレッチ

下半身太りを解消させる骨盤ダイエット

★準備するもの

・バスタオル2枚
2枚重ねてクルクル巻いて、
ビニール紐などで固定します。

(1)
床に腰を下ろします。

(2)
巻いたバスタオルを
お尻のあたりに横に置きます。

(3)
そのまま手を後ろにつきながら、
後ろに上体を倒します。

(4)
バスタオルが
おへその下にくるようにします。

(5)
身体の力は抜いてお腹を凹ませます。

両足の親指をくっつけて八の字にします。

両腕は頭上に持っていき、
手のひらは床につけて
両手の小指がつくようにします。

目線は真上を見ます。

5分キープします。

 

おわりに

自宅で出来る骨盤エクササイズを
ご紹介させていただきました。

エクササイズだけでなく、
骨盤矯正の整体や

カイロプラクティックなどでも
骨盤矯正が可能なので、

併せて行うと
更に効果が上がります。

普段から骨盤を
歪ませないことも大事です。

姿勢を正して座る、
脚をなるべく組まない、

バッグなどの荷物を
片方ばかりで持たない、

立っている時に体重を
片側にかけないなど
日頃から気を付けましょう。

骨盤の歪みのチェックとしては、
踵、踝、ふくろはぎ、膝上、腿の

5点がくっついていれば
大体大丈夫と言われています。

太っている人もくっつきやすいので、
絶対というチェック法ではありません。

骨盤が歪むと
体型が崩れるだけでなく、
腰痛なども起きやすくなります。

気になる方は、
ご自身に合った骨盤矯正ベルトを
使って見るのも一つの方法です。

参考動画