早く教えて欲しかった!食べても痩せる体になる方法

ダイエットを成功させるには
食事を制限することが
大切だと思っていませんか?

もちろん、食べ過ぎや
過度なアルコールの摂取など

食生活の乱れは
太る原因になります。

運動を全くしないで
食べるだけ食べていたら、
もちろん体重は増加する一方でしょう。

しかし、食べないということは、
痩せにくい体を作るということは
ご存知でしょうか。

食べない生活を続け、
ダイエットに成功した方の多くが
リバウンドや、

年齢とともに全く痩せなくなった…
などといった問題に悩まされているのです。

でも食べたら太ってしまう!
と、ダイエットに過敏になっている方は
思ってしまいますよね。

食べても痩せるという
夢のような話の裏には

食べ方や食べるものに
秘密があったのです。

今回は、食べて痩せるワケや、
食べても痩せる体になる方法について
詳しくご紹介します。

食べて痩せるワケ

食べないでいることにより、
体重が減少することは確かです。

しかし、体というのは、
脳の指令で動いているものです。

脳の指令なんて、
ダイエットに関係あるの?

と思われがちですが、
実はこの脳の指令こそが
食べても痩せる理由に繋がっているのです。

食べないことにより、
体はもっと栄養を求めるようになります。

最終的には、
筋肉が減っていくことにより
体重が減少したように錯覚することで

ダイエットが成功したと
勘違いしているだけなのです。

食べないで痩せるということは、
体の代謝機能を損なってしまう
ことになります。

もちろん、ファスティングなど
短期間で行う断食については

素晴らしい効果が認められていますが
それはあくまで一定の期間を設けて

その間だけ酵素ドリンクなどで
栄養を補うというものです。

無理な食事制限を続けることは、
体の代謝機能を妨げ、

脳にもっと栄養を蓄えるよう
指令を出させることになってしまうのです。

そのため、食欲は一向になくならず
かなり苦しいダイエット期間が続きます。

カロリー計算したものだけでなく
バランスの取れた食材を食べ、

運動をプラスすることによって
脳の太らせようとする指令は
おさまってくれるのです。

もちろん、食べるものや食べ方など
気をつける点はいくつかありますが

体の中の細胞たちが
ちゃんと働く環境を作ることも
ダイエットにおいては重要なのです。

食べても痩せる理由は、
こういった脳の働きが関係していることと、

筋肉量を減らさないことで、
基礎代謝の向上を狙えることにあるのです。

食べても痩せる体になる方法

早く教えて欲しかった!食べても痩せる体になる方法

食べても痩せる体になる方法は、
内臓の働きを活発にしていくことです。

ファスティングなどを取り入れると
なお効果が上がりますが、

内臓の働きを損なってしまうということは
消化や栄養の吸収がうまく行われず
代謝の悪い体になっていってしまうのです。

また、体内が栄養不足だと感じると、
いかにカロリーを消費しないでいられるか

脂肪を蓄えて、栄養を得ようと
必死に活動を始めてしまうのです。

こういった体内の働きが起こると
食べると食べた分だけ太るといった
最悪な状態になってしまうのです。

食べても痩せる体になるためには
適度に内臓の働きを
活発にしていくことが大切です。

それにはもちろん、
朝食抜きなんてことはありえません。

普段一食しか食べていないのであれば
一食の量を三回に分けて下さい。

特に、朝食を抜くということは、
内臓の働きを鈍らせてしまいます。

朝、消化の良いものを食べると、
内臓は栄養素を吸収し、

消化を始めるため、
自然とカロリーを消費し始めるのです。

朝起きたらまず常温の水を飲み、
お味噌汁一杯でかまいません。

海藻類や豆腐に含まれるたんぱく質を
体に取り入れてあげることで
体の飢餓状態を防ぐことができるのです。

お仕事をしている方は、
お昼の時間が遅くなってしまう
なんてことはよくあることだと思います。

その場合は、時間を決めて
間食を挟むようにして下さい。

間食といっても、
何でも良いというわけではありません。

栄養価が高く、糖分の少ない
ナッツ類などを間食に選びましょう。

こうすることで、
朝食から昼食の間が長い場合でも

体内に栄養分が適度に補われ
極度の空腹を味わうことも避けられます。

そして、昼食、夕食と
順番に食べていくのですが、
夕食のメニューには少し気をつけましょう。

玄米やお魚、野菜を中心とした
消化が良く健康にも
良いメニューにするだけで

代謝が落ちてしまう夜でも、
太りやすくなる心配はなくなるのです。

広告

痩せ体質になる食べ物

痩せ体質を目指すためには、
食べる物にも気をつけることが大切です。

まず、大豆製品と野菜は
積極的に摂取するようにしましょう。

特に朝はお味噌汁がおすすめです。

お味噌汁には、豆腐や海藻類、
キノコなどを入れて食べると

栄養価がとても高くなり、
ダイエット効果も抜群です。

味噌は発酵食品なので、
特に美容・健康にも良い調味料です。

そして、野菜は必ず
毎日どんな形でも食べるようにしましょう。

サラダや蒸した野菜などが
一番おすすめの食べ方ですね。

赤身のお肉については、
筋肉を作るたんぱく質や

脂肪を燃やす効果もある、
L-カルニチンなどが豊富に含まれています。

ささみや鶏肉もおすすめですが、
たまには赤身の牛肉も取り入れましょう。

このように少しの工夫と
心掛けをすることで、

食べても痩せやすい体質を
作ることができるのです。

食べることは美容にも
とても大切な役割を担っています。

痩せにくい体質を作らないよう
私たち自身が気をつけることで

食べても痩せにくく
消費しやすい体を作ることができます。

食べることを嫌わず
綺麗にダイエットすることを心掛けましょう。