栄養がハンパない甘酒ダイエットで美味しく、美しく痩せる!

甘酒といえば、
お正月やひな祭りに飲む
イメージが強いですが

実は美容にも健康にも
とても良いもの
ということをご存知でしょうか。

そもそも甘酒は
日本に古くから伝わっています。

江戸時代にも甘酒が
売られているお店がありました。

日本人の体質にもあっている甘酒。
その甘酒の栄養価、

そしてダイエットについて
ご紹介いたします。

甘酒の栄養価

甘酒は名前のとおり
甘い酒と考えられる方もいます。

甘酒を飲んでみると甘みが強く、
飲みにくいと感じる事があります。

そもそも甘酒は、
酒粕をとかし砂糖を加える作り方と

米麹を発酵させて
つくるタイプがあります。

もし、甘くて飲みにくい
と感じた甘酒は、

酒粕をとかしてたくさん砂糖が
入ったタイプの可能性があります。

もう一方の米麹を発酵させて
つくられる甘酒であれば、

砂糖とアルコールが入っていないので
飲みやすいです。

甘酒はお米と米麹が原料の
発酵食品です。

身体にとって必要なぶどう糖、
葉酸、ビタミンB群、
アルギニン、システイン、
グルアミン等のアミノ酸系、

かなりの栄養素が含まれています。

甘酒は

「 飲む点滴 」

といわれているほど栄養価が高いのです。

甘酒には美肌やダイエット効果も
期待できます。

広告

甘酒でダイエット

栄養がハンパない甘酒ダイエットで美味しく、美しく痩せる!

甘酒はお高いサプリメントとは違い、
手軽な価格で購入ができます。

お手軽に健康的なダイエットが
出来ますのでお勧めのダイエットと
いえるのです。

酒粕から作られている甘酒で
ダイエットを考えるなら

手作りの方が砂糖や酒粕の量を
調節できるためにお勧めです。

ダイエットの方法はいたって簡単。
朝食がわりに1杯飲みます。

甘酒には、ぶどう糖が
入っているので血糖値が上がり
満腹感が続きます。

そして甘酒には発酵食品の為、
腸内環境を整えてくれます。

それにより、
お通じが良くなったり
便秘を解消してくれるため

体重の減少に一役かってくれる
というわけなのです。

それだけでなく麹の酵素により、
アンチエイジング効果、
お肌が元気になる効果もあります。

また甘酒をそのまま顔に塗り
パックをするというのもアリです。

酒蔵の女性は皆さま、
お肌が美しいですからね!

手作り甘酒のご紹介

ダイエットには手作り甘酒が
お勧めです!
ぜひ作ってみて下さい。

1.米で発酵させた甘酒の作り方

★準備するもの
・米(1.5合)
・乾燥米こうじ300g
・湯600mL

1.
ご飯を炊飯器で炊きます。

2.
しゃもじでご飯をきるように
70度で冷まして、70度のお湯と
乾燥した米こうじをいれてまぜます。

3.
ラップで表面をおおって、
1日炊飯器で保温します。

4.
牛乳やソーダなどでうすめて飲みます。

参考サイト

2.酒粕からの甘酒の作り方

★準備するもの
・酒粕150g
・水3cup(600ml)
・てんさい糖(砂糖)50g
・生姜の絞り汁(適量)

1.
鍋に、酒粕をちぎって
水&てんさい糖をいれて火に通します。

2.
沸騰したら火を弱くして
酒粕をかき混ぜながらとかします。

3.
酒粕がとけたら、コップにいれて
生姜のしぼり汁をたらし
2~3滴たらすと完成です。

参考サイト

女性にとって、
うれしい効果がたくさんの甘酒。

ぜひ甘酒を取り入れた
健康ダイエットを試してみて下さいね。

参考動画