毎日のお供 コーヒーでダイエットをするポイントとは

コーヒーがダイエットに効果的なことを
ご存知でしょうか?

効果的な飲み方をすることで
ダイエットにも有効なのです。

コーヒーが好きな方には
うってつけな話ですね!

コーヒーの効果

【 1.脂肪分解効果 】

カフェインには、
リパーゼという脂肪分解する酵素を
活発にさせる働きがあります。

脂肪はリパーゼによって
脂肪酸とグリセリンに分解されることで
燃焼します。

コーヒーに含まれる
ポリフェノールの一種の

クロロゲン酸はカフェインと同じく
肝臓で脂肪分解する働きがあります。

このクロロゲン酸は酸化しやすく
多くは焙煎時に分解されてしまうので、
浅煎りのコーヒーを選ぶと良いでしょう。

【 2.利尿作用によりむくみ解消 】

カフェインには血行を促進させ、
基礎代謝をアップさせる働きがあります。

【 3.リラックス効果 】

コーヒーの香りには
ピラジンという成分が入っていて、

α波が出てリラックス効果
脳の活性化効果があります。

それによって心も身体もリラックスし、
ダイエット中のイライラやストレスも
減らしてくれます。

広告

コーヒーダイエットのやり方

【 1.いつ飲むといいのか? 】

運動や入浴やマッサージなどの30分前
コーヒーを飲むと良いです。

カフェインやクロロゲン酸によって
脂肪を分解していくので、

飲んだ後は
効果が格段に上がるのです。

食後に飲んでもOKです。

【 2. 1日何杯飲めばいいのか? 】

1日3杯程度飲みます。

【 3.どんなコーヒーの種類がいいのか? 】

ブラックのホットコーヒーが良いです。
浅煎り豆のコーヒーだと
先ほどのクロロゲンが残りやすくなります。

【 4.コーヒーのカフェイン効果はどの位続くか? 】

大体の持続時間
3~4時間と言われます。

それを目安に運動や
入浴などをしましょう。

【 5.コーヒーの習慣のない方は 】

ブラックのホットコーヒーを
飲む習慣のない方は、

温めた豆乳で割って飲むのもおすすめです。

毎日のお供 コーヒーでダイエットをするポイントとは

注意事項

(1)飲み過ぎは良くありません

カフェインの上限摂取量は
1日300~350mlと言われます。

コーヒー1杯は
150ml前後のカフェインが

入っているので、
1日3杯程度までにしましょう。

特に1日500ml以上飲むと
副作用が出てきます。

動悸、めまい、不安感、ふるえ、
不眠、頭痛、食欲不振、嘔吐など

人によってはこれらの症状が
出ることもあります。

(2)風邪薬を飲んでいる時は注意

カフェインは
市販の風邪薬にも使用されています。

多く摂り過ぎてしまわないように
気を付けましょう。

(3)妊婦さんは控えましょう

カフェインは鉄分の吸収を邪魔します。

妊娠中は鉄分が不足しやすくなるので、
控えたほうがいいです。

妊娠中はダイエット効果として
コーヒーを飲むより、

リラックス効果として飲むなら
妊娠中でも飲める

カフェインレスのものもあるので
それを飲むと良いでしょう。

(4)寝る前には控えましょう

カフェインは眠気を抑える
効果もあります。

安眠を妨害してしまうので、
眠る前に飲むのは避けましょう。

運動や入浴などの30分前を意識して飲むと
ダイエットに良いです!

是非このタイミングを活用したいですね。

ただし、くれぐれも飲み過ぎには
気をつけて下さい。