女子でも簡単!ダンベルトレーニングでお腹を凹ます方法

女性のお腹は腹筋が弱く、
女性ホルモンが皮下脂肪を

つきやすくするため
お腹の脂肪が蓄積しやすいですよね。

プヨプヨのお腹を引き締めるために
腹筋するのもいいですが、

ダンベルを使ったトレーニングをすると
より効果がアップします。

脱ポッコリお腹のために
効果的なダンベルトレーニングを
ご紹介します。

広告

ダンベルで腹筋を鍛える

お腹の部分痩せをするために
腹筋運動は欠かせません。

しかし、腹筋運動はあまりやり過ぎると
首や背中を傷めやすくなります。

とくに筋肉の少ない女性が
いきなり激しい腹筋運動をするのは
危険です。

首や背中に痛みが出る
ということは、

腹筋以外のところに余計な負荷が
かかっているという反応です。

ダンベルを使ってトレーニングすると
筋肉の鍛えたい部分に効果的に
負荷をかけることができます。

そのため、少ない回数でも
しっかりと筋肉へアプローチするので
効率よく部分痩せができるのです。

女子でも簡単!ダンベルトレーニングでお腹を凹ます方法

ダンベルの注意点

ダンベルトレーニングをする前に
いくつか注意することがあります。

一つ目は、ダンベルの重量です。

ダンベルはある程度の重量が無ければ
効果がありませんが、

女性が使用する場合は
無理のない重量を選ぶことが大切です。

お腹の部分痩せや二の腕痩せなど
ポイントを絞って使う場合は、

何も持たないで運動するよりも
2割~3割増程度の負荷がかかれば十分です。

重ければ重い方が効果が高いと
欲張ってしまうと怪我のもとです。

そして二つ目は、ダンベルの形状です。
ダンベルは軽いものならとても小さくて

持ちやすい形状のものがありますので
手にフィットするタイプを選びましょう。

とくにお腹のトレーニングに使う場合は
仰向けになって使うことも多いので
持ちやすく滑りにくいものを使いましょう。

過って落としてしまわないように
持ちやすさも大切です。

広告

ダンベルトレーニングのやり方

女性でもできるダンベルを使った
お腹に効くトレーニングの方法です。

1.
仰向けになり両手でダンベルを
一つ持ちます。

2.
胸の前に両手を置き、両膝を曲げます。

3.
息を吐きながら頭を上げます。

4.
両手を引き付けるように3秒静止します。

5.
ゆっくりと元に戻ります。

これを10回繰り返します。
1日3セット行うと効果があります。

慣れてきたら両手に一つずつ
ダンベルを持って行うと
腹筋への負荷がよりアップします。

いつもの腹筋より回数は少なくても
効果は高くなるので

トライしてみてはいかがでしょうか。

参考動画