縄跳びダイエットでピョンッと痩せる!これ楽しいかも

縄跳びといえば、
子供の頃には遊びの一環として
みんな経験していますよね。

しかし大人になってから
縄跳びすることなんて
ほとんどありません。

ボクシングのトレーニングで
縄跳びをするイメージがありますが、

子供の遊びという方がしっくりきます。

ところが、縄跳びは
ダイエットのためのトレーニングとして

かなり効果が高いので
注目されているんです。

縄跳びダイエットの効果や
方法についてご紹介しますので

興味のある方は参考にして、
ぜひ実践してみてください。

縄跳びダイエットとは

縄跳びは
ウォーキングやゆっくりとした
ペースで行うジョギングのような
有酸素運動よりも

重力に逆らってジャンプをすることで
消費カロリーが高くなります。

今までは有酸素運動を
20分以上続けると
脂肪が燃えやすくなるため、

20分以上続けられる有酸素運動が
ダイエットには効果がある
と考えられてきました。

今は短い時間でも
心拍数を上げて筋肉を強化する方が

代謝が高くなる状態を
キープできるので

リバウンドを防ぐ
ダイエットになるとして

有酸素運動への意識が
変わってきました。

縄跳びダイエットは、
下半身の筋肉を鍛えることができます。

とくに太ももやふくらはぎは
筋肉が多い部分です。

縄跳びダイエットをすると
運動消費カロリーにプラスして
基礎代謝カロリーまで高く維持できます。

長い時間行わなくても
十分効果が期待できるので

忙しい方のダイエットには適しているのです。

縄跳びダイエットでピョンッと痩せる!これ楽しいかも

縄跳びのやり方

縄跳びのやり方は子供の頃に
遊びで行っていたやり方を思い出して
手始めに何度かやってみましょう。

そして

「 ジャンプを小さくすること 」

を意識して跳ぶようにします。

大きくジャンプをすると
それだけ膝や足首への負担が
大きくなります。

体重の軽い子供の頃とは違うので
小さなジャンプで縄を早く回せるように
練習してください。

・両足を揃えて同時にジャンプ
・片足ずつ交互に上げながらジャンプ
・駆け足とび
・交差とび

・ボクサーのトレーニングの方法

など色々と織り交ぜると
楽しく続けられると思います。

広告

縄跳びの選び方

縄跳びを選ぶ時のポイントは
長さと重さです。

長さは縄跳びを両足で踏み、
クリップを持った手の高さが
胸からみぞおちくらいにあるのが
基本的な長さです。

初心者は長めの方が飛びやすいですが
長すぎると引っかかりやすく、

回すのも大変なので適度な長さに
調整できるものを選びましょう。

縄が軽すぎると回しにくいですが、
軽い縄を上手く回す方が
腕の運動にもなるようです。

縄がないグリップだけの
エアー縄跳びもあるので
狭い場所で行う場合は良いですね。

また、回数や消費カロリーを
カウントできる縄跳びもあるので、

ダイエットへの意識を高めるのに
役立ててみても良いでしょう。

参考動画