ちょっとマニアック?!身体の五行説!

ちょっとマニアック?!身体の五行説!

今日はちょっとマニアックな
東洋医学の【 五行説(ごぎょうせつ) 】
についてご紹介します。

東洋医学では自然に存在する全てのものを
「木」・「火」・「土」・「金」・「水」
の5つに分けます。
それらを相互関係で考えます。

広告


身体の働きもそれに合せて
「肝」・「心」・「脾」・「肺」・「腎」
に分けます。

この5つの性質は微妙な関係でお互いの
バランスを保っています。

代表的な関係が
「相正(そうせい)」相手を補う関係
「相克(そうかつ)」相手を抑制する関係

例えば
「肝」の勢いが強くなりすぎると
「脾」が弱り(相克)。
「肝」が弱ると
「腎」がその力を補ってくれる(相正)

このように体内の臓腑は常にお互いに
バランスをとりながら働いている。

少々マニアックな内容ですが、、、
私たちの身体はすべてが繋がっているし
補い合って生きている事は間違いないですね。

奥が深くて、勉強し甲斐がある分野だと思います!
簡単すぎるご紹介でした☆

広告




広告


デイリー人気記事ランキング



広告

このページの先頭へ