みんなの家庭の医学で紹介された「やせホルモン」

みんなの家庭の医学で紹介された「やせホルモン」

テレビ朝日「みんなの家庭の医学」で
紹介されていた「やせホルモン」

東京医科大学の小田原先生によると、
このやせホルモンは「GLP-1」と呼ばれており
どんな人の中にも存在するそうです。

食べ過ぎを抑えたり、
血糖値を下げる働きがあるため、
たくさん分泌されている方は
太りにくいそうです。

太りやすい体質だと思っている方は、
このやせホルモンが少ないのかもしれません。

広告


■どうしたらいい?

では、どうすれば
このやせホルモンが増えるかと言うと・・・

「青魚を食べること!」

青魚に含まれるEPAを食べることで
やせホルモンの分泌が促されるそうです。

この時期サンマがおいしい季節ですし、
意識して食べてみてはいかがでしょうか?

あるいは、
サバ缶なども食べやすいので、
おすすめですよ!

 
広告




広告


デイリー人気記事ランキング



広告

このページの先頭へ