ウエストダイエットの方法!腹筋ではなく外腹斜筋を!

ウエストダイエットの方法!腹筋ではなく外腹斜筋を!

女性らしい体つきの特徴であるウエストのクビレ。そのクビレがなくて思い切ったファッションが楽しめないと悩んでいませんか?

通常の腹筋をいくらがんばったところで、ウエストが細くなることはありません。この腹筋で鍛えられるのは、腹直筋という筋肉ですが、ウエストのクビレを作るには「外腹斜筋」を鍛える必要があります。

外腹斜筋は、ろっ骨の外側から骨盤の方へ斜め下に向かってついている筋肉です。この外腹斜筋を効率よく鍛えることがひきしまったウエストを作るため大切なのです。今回はその簡単な鍛え方をご紹介いたします。

広告


外腹斜筋を鍛えるとウエストがクビレる

腹斜筋には外腹斜筋と内腹斜筋の二つがあります。どちらの筋肉も体を横に曲げたり、ひねったり、前に倒すときに使用されるものです。外腹斜筋の方が内腹斜筋よりも大きく外側にある筋肉なので、外腹斜筋を鍛えることによって、見た目がグッと変わってきます。

外腹斜筋を鍛える大きなメリットは、女性らしい体つきの特徴である、ウエストのクビレができるということです。外腹斜筋はろっ骨の外側から骨盤の方に斜め下に向かってついている筋肉ですから、お腹を包むコルセットのような筋肉といえます。ですからここを鍛えることでコルセットの紐が締められるように、ウエストがキューっとクビレてくれることになります。

ウエストダイエットの方法!腹筋ではなく外腹斜筋を!

外腹斜筋を効果的に鍛えるエクササイズ

ペットボトルを使ったエクササイズ

1.姿勢を正して立ちます。

2.500mlのペットボトルを両手に1本ずつ持ち、手は下にまっすぐたらします。

3.腰をひねって、上体を斜め後ろに振り返ります。

4.元の姿勢に戻って、静止。その後、反対側も同じようにします。

これを左右交互に、10回ずつ行います。

ウエストダイエットの方法!腹筋ではなく外腹斜筋を!

フラフープを使ったエクササイズ

1.右回りに2分間フラフープを回します。
2.左回りに同じように2分間フラフープを回します。

これを1日に1セット〜2セット行います。

外腹斜筋を効果的に鍛えて、しかも楽しみながらできるのがフラフープです。フラフープには子供が遊びで使うものとダイエット用のものがありますが、使用するのはどちらでも構いません。ダイエット用のフラフープの方が重く、ウエスト部分に負荷がかかりますから効果は実感しやすいですが、子供用のフラフープでも正しく行えばしっかりとした効果を実感することができます。

フラフープを使ったエクササイズのポイントは、左右バランスよく回すことです。最初は2分間フラフープを続けて回すことは難しい場合でも、落としながらでも続けることが大切です。

ウエストダイエットの方法!腹筋ではなく外腹斜筋を!

仰向けで簡単にできるエクササイズ

1.床に仰向けに寝て、手のひらを下にして両腕を横にまっすぐ広げます。

2.両足を揃えて、膝を90度に曲げて持ち上げ、すねと床が平行になるようにします。

3.両方が床から離れないように両手でバランスを取りながら、両足を揃えて左右にゆっくり倒します。

往復を1セットとし、3セット行います。

このエクササイズは外腹斜筋をダイレクトに鍛えることができるのでおすすめです。膝の角度を変えることで外腹斜筋にかかる負荷を変えることもできます。

たかの友梨のトリプルアタックボディエステ

セルフマッサージと一緒に、プロのエステを受けてみるのも良いでしょう。ウエストを細くするエステでおすすめなのは、たかの友梨です。

たかの友梨のトリプルアタックボディエステでは、非常に高密度・大ボリュームのエステを行ってくれます。「トリプル」という名の通り、ハンドテクニックによるリンパマッサージ、超音波マシンによる脂肪燃焼、最先端マシンによる筋肉活性化といった3種類のエステを体験でき、3ヶ月で10キロ以上痩せた人も多数輩出・・・!

現在期間限定で、89%オフの「3,000円」で体験することができますので、この機会に公式サイトをチェックしてみてはいかがでしょうか?
>>たかの友梨の「トリプルアタックボディエステ」の公式サイトはこちら

広告


有酸素運動と食事制限で効果アップ

ウエストにクビレがない場合、お腹周りには脂肪がたっぷりついている状態です。脂肪を燃焼させるためにはエクササイズと合わせて有酸素運動と食事制限を行うのが、早く効果を実感するコツです。有酸素運動を行うことで、今ついているウエスト周りの脂肪を燃焼させて落とし、外腹斜筋を鍛えるエクササイズを行い筋力をつけることで、効果が早く実感できるというわけです。

有酸素運動は手軽にできるウォーキングやジョギングがおすすめです。有酸素運動はやり始めてから20分以上たってからでないと脂肪燃焼しないため、少なくても20分は行う必要があります。改めてウォーキングやジョギングを行う時間が取れないという場合は、通勤や通学でひと駅手前で降りて歩いてみましょう。

脂肪は消費カロリーよりも摂取カロリーが多いために、消費されなかったカロリーが蓄積したものです。ですから、有酸素運動やエクササイズで消費カロリーを増やすと同時に、摂取カロリーを制限するとより効果的です。

ただし無理な食事制限は、ストレスもたまり失敗の元ですし、リバウンドをしやすくなってしまいます。食事制限のポイントは、摂取カロリーを大幅に減らさないこと、間食をやめること、そして食べる順番を意識することです。

まず最初に野菜を食べ、そのあとに発酵食品、たんぱく質、そして最後に炭水化物を食べることで、血糖値をコントロールすることができます。

おわりに

外腹斜筋をエクササイズで鍛えると気になるのが「お腹の割れ」ではないでしょうか。海外のセレブなどの中には、トレーニングでキレイに割れた腹筋をしている方もいますが、日本人の多くの女性は、腹筋を割りたいと思っている方は少ないはず。女性の場合は、男性と違って、ちょっとやそっとの筋トレでは、お腹が割れるっていうことはありません。ですから安心して、きれいなウエストを手に入れてください♪

広告




広告


デイリー人気記事ランキング



広告

このページの先頭へ