栄養価の高いお米の種類

栄養価の高いお米の種類

最近レストランでも麦ごはんや健康米を
セレクト出来る場所が増えてきましたね♪

白米は美味しいけれど、
実は栄養価はあまり高くありません。。。

今日は代表的な穀物のご紹介をいたします♪

広告


玄米

稲の果実であるもみから
もみ殻を除去した状態のもの。

自然乾燥したものは種としての
機能を失っておらず、芽が出ます。

市販されているものは
ほとんど加熱乾燥されているため
発芽しない可能性が高いです。

白米よりもビタミン・ミネラル・
カルシウム・リン・鉄・食物繊維などが豊富で
完全食と言われるほど栄養価が高いのです。

 

黒米

イネの栽培品種のうち
玄米の種皮や果皮に
アントシアニンという色素を含む品種。

ビタミン・ミネラルを多く含む
抗酸化力のあるお米。

白米に混ぜて炊くと彩りが華やかになります。

 

アワ

糖質70%、蛋白質10%を含み、
ビタミンB群を含む。
鉄、その他のミネラルや食物繊維も豊富

広告


ヒエ

かつて重要な主食穀物でしたが、
昭和期に米の増産に成功した事で
消費と栽培がすたれてしまいました。

食物繊維が豊富。
米や小麦アレルギー患者のための
主要穀物として期待されています。

 

大麦

食物繊維は白米の約19倍。
水容姿・不溶性食物繊維ともに豊富で
腸内環境を整えてお通じをよくします。
ダイエット効果もあります。

 

おわりに

今はスーパーなどでも雑穀米が
小分けになった物が売られていますよね。

白米に少し混ぜるだけで
栄養価がupして
カロリーコントロールにも繋がります!

ぜひともお試しくださいね♪

広告




広告


デイリー人気記事ランキング



広告

このページの先頭へ