肩こりになるのは日本人だけ?!

肩こりになるのは日本人だけ?!

今日は小ネタです♪

肩が凝ったーというセリフは
誰もが一度は言ったことがあるかと思います。

この「肩が凝る」とは、
夏目漱石が作った言葉だという説があるのですが、
ご存知でしたでしょうか?

広告


肩こりとは、日本の言語文化が生んだ症状であり、
たとえば、英語で肩こりを表現するには、
ちょっと説明をしないといけません。

こういった言語による症状というのは
他国でもあり、
フランスには「重い足」という症状がありますが、
フランス以外ではとても稀な症状なんです。

言語によって、
症状が存在するって、
何か不思議ですよね〜。

英語ではちなみに、
「stiff neck」「tight shoulders」「shoulder discomfort」
といった風に表現します。

もちろん、
日本人だけが肩が凝るわけではありませんが、
欧米人に比べて、
日本人の体型は肩こりがしやすいようです。

この国民病とも言える
つらい肩こり、
毎日丁寧にケアしていきましょうね!

広告




広告


デイリー人気記事ランキング



広告

このページの先頭へ