頭頂部 の 薄毛 を 改善 する マッサージ

頭頂部 の 薄毛 を 改善 する マッサージ

女性も薄毛で悩んできている人が増えてきていて、ある統計によると女性の薄毛は1000万人にも上るそうです。

女性の人口は約6400万人なので、およそ6人に1人が何らかの薄毛に悩んでいるということになります。

広告


そもそも、女性の薄毛の原因って何?

薄毛と聞くと、40代以上の方を想像しがちですが、近年では20代や30代の若い方にも薄毛の方が増えてきてしまっています。薄毛になってしまう原因は、大きく2つの要因があります。

1つ目は、ホルモンバランスの乱れ

通常は年齢とともに、女性ホルモンの分泌量は減っていきます。それに伴い、いわゆる「更年期障害」になってしまい、体のバランスが崩れてしまいます。

ただ近年では、不規則な生活や無理なダイエット、仕事などによるストレスの増加により、若い方でもホルモンバランスが崩れてしまいやすくなっています。

その結果として、薄毛につながっていってしまっているのです。

2つ目は、頭皮環境の悪化

パーマやヘアカラーをしている人は多いですよね。中には黒髪にはもう10年以上していないという方もいるかと思います。ただ、元々の髪の状態を化学成分で強制的に変化させているわけですから、どうしてもダメージは積み重なっていってしまいます。

ダメージの積み重ねが、頭皮の状態を悪くしたり、毛細血管の血液の循環が悪くなることで髪を細くしたりということにつながってしまいます。

頭頂部 の 薄毛 を 改善 する マッサージ

日々のメンテナンスを怠らないこと

ただ、こちらの薄毛の原因ですが、正直なところ、現代社会に生きる私たちにとっては、どれも当たり前のことですよね。普通に生活しているだけで、薄毛になりやすい状態です。

女性の場合は、基本的に髪の寿命は4〜6年ほどです。その間髪は成長し続けていて、時期が来ると抜け落ちていきます。

このヘアサイクルが乱れてしまうと、本来4〜6年ほどは成長するはずの髪が、短期間で抜けて落ちてしまいます。
短期間で抜け落ちる量が多くなってしまうと、新たに髪が生えてきてもおいつかず、薄毛になってしまいます。

そうならないために、毎日のヘアケアが大切になってきます。おすすめのヘアケア方法として、頭皮マッサージと育毛剤をご紹介しますので、この機会に是非お試しください。

薄毛改善マッサージのやり方

1.頭に両手でで指圧マッサージ
指の腹に力を入れて頭皮を押したら、ぱっと指を話します。

2.指で頭皮を前後に動かしたり、トントンとリズミカルにたたきます

ポイント

このマッサージは、お風呂に入る前にしてください。

頭皮がぬれていると、ダメージを与える場合があるからです。

頭皮マッサージは血行をよくする効果があり、血行がよくなれば髪に栄養が取りこまれやすくなります。

頭頂部 の 薄毛 を 改善 する マッサージ

無添加育毛剤「マイナチュレ」

マッサージと一緒に取り入れていただきたのが、無添加育毛剤のマイナチュレです。マイナチュレは育毛剤として、有効成分に徹底的にこだわっていて、安心して長い間お使いいただくことができます。

女性専用育毛剤

男性と女性では薄毛の種類が違います。男性の場合は、生え際や頭頂部が抜け落ちていくものがほとんどです。一方女性の場合は、頭頂部がじわっと薄くなることが多いです。夫婦で同じ育毛剤を使われている方もいらっしゃいますが、女性は女性専用のものを使うようにしましょう。
ちなみに、ボトルも化粧品のようなデザインなので、こっそりと使うことができるのもうれしいところです。

化学成分なしの無添加

せっかく髪に良い成分が入っていても、ダメージを与える成分も一緒に入っていては全く意味がありません。女性の頭皮に徹底的に優しいように、香料、着色料、シリコン、酸化防止剤など11成分を一切使用していません。

国の承認を得た育毛剤

3種類の育毛有効成分がつまっていて、厚生労働省から、育毛、薄毛予防、不ケア、かゆみといった効果・効能があることが承認されています。国の厳しい判断基準をクリアした、本物の商品であると言えます。

モンドセレクションを3年連続金賞受賞をしているマイナチュレですが、現在初回50%オフキャンペーンを開催中です。期間限定開催ですので、この機会に公式サイトを必ずご確認ください。
>>女性専用無添加育毛剤「マイナチュレ」の公式サイトはこちら

まずは6ヶ月を目安にしよう

髪は1ヶ月に1cmほどしか伸びず、マッサージや育毛剤をはじめても、すぐにフサフサになるようなものではありません。早い方だと1ヶ月ほどで効果を変化を感じられるかと思いますが、まずは3ヶ月から6ヶ月を目安にがんばってみてください。

広告




広告


デイリー人気記事ランキング



広告

このページの先頭へ