あなたのパートナーは大丈夫?「睡眠時無呼吸症候群」を改善する方法

 

隣で寝ていたり、うたた寝中、パートナーのいびきが突然長い間止まり、大きな呼吸と共に再びいびきをかき始めるなんてことはありませんか。そのいびきパートナーのいびきが煩くて迷惑では済まされないかもしれません。変わったいびきは「睡眠時無呼吸症候群」の症状の一つなのです。

今日は気付かないと怖い、「睡眠時無呼吸症候群」についてご紹介します。

広告

 

睡眠時無呼吸症候群の症状と原因

睡眠時無呼吸症候群とは睡眠中に正しい呼吸が出来なくなることによって、体に色々な悪影響が出ているということです。医学的にご説明すると、就寝中に10秒以上の呼吸停止、一時間の睡眠時間中に5回以上、または一回の睡眠につき、30回以上起きる状態を意味します。

睡眠時に正常に呼吸が出来ずに何度も止まってしまうことから、熟睡することができず、昼間に眠気を感じたり、起床時に頭痛が起きたりと体に良くない影響が起こります。

睡眠時無呼吸症候群の原因としては、睡眠中、気道が狭くなってしまうことにあります。また、睡眠時無呼吸症候群患者は、肥満の方が多いため、、肥満の人だけがかかる病気と認識している方もいらっしゃいますが、これは欧米人に言えることで、日本人には当てはまりません。痩せていても顎が小さいために気道が狭くなっていたり、扁桃腺や舌の肥大、アデノイドなどが原因という患者さんも多くみられます。

あなたのパートナーは大丈夫?「睡眠時無呼吸症候群」を改善する方法

 

睡眠時無呼吸症候群チェック

寝ている間に自分が正常に呼吸しているかどうか私たちは自分で知ることができません。ですので、睡眠時無呼吸症候群は気付いていない潜在的患者さんが多く存在する病気ともいえます。

以下のチェック項目を確認しながら、セルフチェックしていきましょう。

・毎晩大きないびきをかく
・他人から睡眠時の呼吸停止を指摘されたことがある
・大事な会議中に寝てしまう、居眠り運転をするなど昼間強烈な眠気に襲われる
・息苦しさを感じて夜目覚めることがある
・朝起きた時に、頭痛や疲労感がある
・扁桃腺が大きい

広告

 

睡眠時無呼吸症候群を改善する方法

軽度の睡眠時無呼吸症候群であれば自宅でできる改善方法をいくつかご紹介します。

横向きで寝る

仰向きで寝るより横向きで寝た方が気道が狭くなるのを防止できます。仰向けで寝ると舌が下に下がってきたりと気道が狭くなりやすいからです。

横向きで眠る姿勢を維持できるよう、抱き枕を使用してみたり、横向き寝専用枕も市販されていますので上手に活用しましょう。

鼻呼吸を心がける

睡眠時無呼吸症候群の患者さんの多くは鼻呼吸ではなく口呼吸をしているという特徴があります。昼間でも気づくと口が開いていたり、口が乾きやすいなど口呼吸の自覚症状がある方は意識して鼻呼吸にしていきましょう。そのとき、鼻が詰まっていて鼻呼吸がしにくいという場合には、鼻炎などの影響が考えられます。耳鼻科を受診し、まず鼻炎の治療から始めましょう。

あなたのパートナーは大丈夫?「睡眠時無呼吸症候群」を改善する方法

 

睡眠時無呼吸症候群の治療法

睡眠時無呼吸症候群が原因で頭痛や、昼間の強烈な睡魔など日常生活に支障が出ている場合には、一刻も早く病院を受診して下さい。睡眠時無呼吸症候群は、放っておくことで症状が悪化すると、命を危険にさらす可能性もあります。

病院で睡眠時無呼吸症候群との診断を受けた場合、CPAP療法マウスピースにての治療の他に、手術にて治療することもあります。

CPAP療法

現在、睡眠時無呼吸症候群の治療として行われている中で有効かつ安全な方法といわれるのが、このCPAP療法です。寝るときに一定の空気を送りこんでくれる鼻マスクを装着することによって、気道を広げ、呼吸が止まるのを防ぐ方法です。

マウスピース

軽症の睡眠時無呼吸症候群には、マウスピースにての治療が効果的です。マウスピースを睡眠時に装着することで気道を広げ、呼吸が停止することを防ぎますいびきの改善にも効果がありますが、総入れ歯や顎関節症の方は使用できません。

外科手術

睡眠時無呼吸症候群の原因が扁桃腺や軟口蓋の形状であると明らかな場合に用いられます。特に、子供の睡眠時無呼吸諸侯軍の大半は扁桃腺肥大が原因の為、外科手術が有効です。

あなたのパートナーは大丈夫?「睡眠時無呼吸症候群」を改善する方法

 

睡眠時無呼吸症候群の対策(予防)

では、睡眠時無呼吸症候群の症状がない方でも、今後睡眠時無呼吸症候群にならないためにはどのように予防すれば良いのでしょうか。

肥満を防ぐ

日本人の睡眠時無呼吸症候群の患者さんは欧米人ほど肥満ばかりが原因ではないと述べましたが、肥満が睡眠時無呼吸症候群の原因に、肥満が関係していることは事実です。肥満になり、のどの周りに脂肪がつくと、気道が狭くなってしまい、睡眠時無呼吸症候群を引き起こしやすくなります。

肥満はその他の生活習慣病にも関係してきますので、日頃から体重の管理を心がけましょう。

寝酒はしない

普段はいびきをかかないのに、アルコールを飲んだ日はいびきをかいてしまうという経験はありませんか。アルコールは筋肉を弛緩させ気道を狭くする働きがあります。寝つきが悪いからと寝酒を習慣化すると、睡眠時無呼吸症候群になり返って熟睡できなくなるなんてことになりかねませんので注意しましょう。

禁煙する

喫煙は、気道に炎症を起こし、筋力を低下させてしまいます。睡眠時無呼吸症候群を防ぐ為には、禁煙しましょう。