恥ずかしい!お尻のぶつぶつや黒ずみをきれいにする方法3つ

 

お尻にできているぶつぶつや黒ずみ。手触りも悪く、見た目も悪いので、海やプール、温泉などお尻が見えてしまうシーンでは恥ずかしい思いをすることも多いですね。このお尻のぶつぶつはもう治らないものだと諦めていませんか?

実は頑固なお尻のトラブルも正しいケアをすることできれいに改善することができます。今回はぶつぶつや黒ずみといったお尻のトラブルをきれいに解消する方法をご紹介します。

広告

 

お尻のぶつぶつや黒ずみの原因は?

お尻にできるぶつぶつは、ニキビ、あせも、粉瘤(ふんりゅう)のいずれかに該当することがほとんどです。

あせも

お尻は下着やスカート、ズボン、ストッキング、タイツなどを重ねて履きますから、非常に汗をかきやすい部分です。汗をかきやすいということは蒸れやすくもあります。

汗をかいても顔のようにこまめに拭くことができないので、蒸れている状態が続くことによってあせもができやすくなります。

ニキビ

お尻は下着の摩擦やイスに座るなどの外的刺激を非常に受けやすい部分になりますから、角質が分厚くなり毛穴をふさいでしまいます。そうするとそこに皮脂や汚れなどが詰まり、ニキビができてしまうのです。

粉瘤

また粉瘤も汚れが皮膚の内側にたまり、ニキビ同様のぶつぶつができます。粉瘤は自宅のケアで治すことはできませんので、皮膚科での治療になります。ニキビが酷くなった場合、粉瘤を引き起こしてしまうことがあります。

そしてお尻にできる黒ずみの主な原因は乾燥や摩擦刺激によるものです。

お尻の黒ずみができる部分は、お尻の下の方の下着のラインや力を入れるとくぼむ部分です。黒ずみはイスや床に座るときに体重がかかって圧迫されたり、下着による摩擦によって起こります。

デスクワークなどで長時間座っていることが多かったり、自転車によく乗るという方はぶつぶつや黒ずみができやすくなってしまいます。

恥ずかしい!お尻のぶつぶつや黒ずみをきれいにする方法3つ

 

お尻のぶつぶつや黒ずみをきれいにする方法

では、お尻のぶつぶつや黒ずみをきれいにする方法をご紹介しましょう。ぶつぶつも黒ずみも別物ではなく、共通の方法できれいにすることができます。

保湿

まず1つ目に重要視したいのが保湿です。

お尻は通常はさらっとした印象ですが、実は皮脂分泌が多い場所です。保湿を怠ることで皮脂分泌がさらに活発になり、毛穴をふさいでニキビの原因にもなりますし、乾燥すると下着の摩擦などの外的刺激を受けやすなります。

そのため保湿をしておくことがぶつぶつ・黒ずみ解消にとって大切なのです。

保湿剤は、顔のスキンケアに使っている化粧水や乳液を使用しても良いですし、ボディクリームを使っても良いです。美白成分が配合されたものを使用すると黒ずみが早く解消できるのでおすすめです。

お尻を清潔にする

それから2つめ、お尻を清潔にすることも大切です。

しっかり保湿をしていても、お尻の環境自体が清潔でなければ、きれいなお尻ではないのです。下着は毎日清潔なものに取り換える、通気性の良い綿生地のものを選ぶことが大切です。

お尻への摩擦刺激を避ける

そして3つめ、お尻への摩擦刺激を避けることも大切です。

デスクワークなどで長時間イスに座らなければならない場合は、お尻の同じ部分に体重がかからないようにお尻の位置を少しずつ調整したり、クッションを敷いたりするなどして、お尻にかかる負荷を減らしましょう。

角質ケア

4つめが角質ケアです。自宅で使用できるピーリング剤やスクラブなどを使って週に1~2日ほど、角質ケアを取り入れましょう。角質ケアを行うことで厚くなった角質を正常に戻すことができますから、ニキビなどの原因となる毛穴つまりを解消できます。

角質ケアを行うとターンオーバーを正常化にも効果的です。毎日だとお肌に負担がかかりますから、過度のケアは避けましょう。

広告

 

予防する方法はある?

お尻のぶつぶつや黒ずみを予防するには、改善方法と重なる部分が多のですが、「保湿」「清潔」「摩擦を避ける」この3つが基本となります。

これに予防法としてプラスするのが「ストレッチ」と「睡眠」です。

ストレッチを習慣的に行うことで、お尻部分にできやすいセルライトをほぐして、赤ちゃんのような柔らかいお尻に近づくことができます。

お尻が柔らかくなることで得られる効果は、血行が良くなることです。血行が良くなると老廃物と脂肪の塊であるセルライト自体が作られにくくなりますし、肌荒れを防ぐことができます。

お尻のストレッチ方法は簡単です。
1.両足をまっすぐ伸ばして床に座る
2.左の膝を曲げて、右足の膝の外側に足を置く
3.右腕を左足にかけて、左側に体をひねって10秒キープ
4.反対側も同様に行う

お尻に効果のあるストレッチですが、ウエスト引き締めにも効果がありますから、効果の高いお風呂上りに実践しましょう。

そして睡眠中にはお肌の新陳代謝が行われるので、夜更かしなどで睡眠不足が続くとお肌の生まれ変わりがスムーズにいかなくなりますから、いつまでたってもお尻のぶつぶつ・黒ずみが改善されません。

ゴールデンタイムといわれる22時から2時にはしっかり眠っておくことが大切です。

恥ずかしい!お尻のぶつぶつや黒ずみをきれいにする方法3つ

 

同時に食生活の見直しも!

ニキビを予防するのに良い栄養素はビタミンB群ビタミンCなどのビタミン類です。

ファーストフードや脂っこいものばかりを食べていると、いくらケアをしても改善することは難しくなります。野菜や果物などビタミンが豊富に含まれている食品を意識的に摂取して、内側からのケアも行うことで赤ちゃんのようなお尻を手に入れることができます。