白髪がぐっと増える平均年齢は?生え始めを遅らせる方法もご紹介

 

気がつけば一本、また一本と増えている白髪。「歳だから」「遺伝だから」と諦めていませんか?

白髪は、毎日の生活の中でできる簡単な工夫で予防・改善することができるんです。

できることなら、染めて隠すよりいつまでも健康的な地髪でいたいですよね。

白髪の原因や、白髪を予防・改善して長く自分の髪を保つための方法をご紹介します。

広告

 

女性の白髪が増え始める平均年齢

一般的に、女性は平均35歳、男性は平均34歳から白髪が増えはじめ、50代半ばになる頃には髪の半分近くが白髪という人もいます。

30代後半からは、白髪が増えるだけでなく髪にツヤやハリ・コシがなくなるなど、髪質も少しずつ低下していってしまうんですよ。

白髪がぐっと増える平均年齢は?生え始めを遅らせる方法もご紹介

 

白髪が増え始めるのはなぜか

髪の黒さの正体は、日焼けでおなじみのメラニンです。

メラニンは、メラノサイトという色素細胞の中にあるチロシナーゼという酵素のはたらきによって作られています。

どのような人種であっても、髪は生まれたての産毛には色がついていませんが、メラニンによって色が付けられることで黒髪や金髪などに変化していくんです。

そのため、メラノサイトやチロシナーゼのはたらきが低下すると、メラニンを十分に生成することができず、髪が白いまま=白髪となってしまうんです。

メラノサイトやチロシナーゼのはたらきは加齢によって低下しますが、加齢だけが原因ではないということは、いくつになっても若々しい黒髪を蓄えている方がいらっしゃることが証明しています。

では、一体加齢以外にどのような原因があるのかといえば、遺伝・生活習慣・自律神経の乱れ、そして女性ホルモンの変化です。

遺伝

白髪は薄毛以上に遺伝することがわかっています。

しかし、両親が白髪なら子どもも将来必ず白髪になるかと言えばそうではなく、生活習慣などその他の要因をできるだけ減らすことで白髪を抑制できる可能性もあります。

生活習慣

睡眠中に分泌され細胞分裂を促進する成長ホルモンは、髪の健康にも欠かせないことがわかっています。

細胞は日々死滅し、それを補うために細胞分裂によって新しい細胞が生成されていますが、不規則な生活で睡眠不足が続いていると新しい細胞を生成するスピードが追いつかなくなり、メラノサイトが不足して白髪になっていきます。

また、無理なダイエットや偏った食事などで、メラノサイトや髪の毛を作り出す毛母細胞に必要なミネラルやアミノ酸、ビタミンなどが不足すると、白髪や若白髪を引き起こしてしまいます。

白髪がぐっと増える平均年齢は?生え始めを遅らせる方法もご紹介

 

自律神経の乱れ

睡眠不足や不規則な生活、そして精神的ストレスは自律神経を乱れさせてしまいます。

自律神経の乱れは、成長ホルモンの正常な分泌や新陳代謝を妨げ、血行も悪化させてしまうので、白髪の原因となってしまいます。

自律神経の乱れは、髪だけでなく人間の心身の健康にとって百害あって一利無しなんです。

女性ホルモンの変化

女性は、初潮、妊娠、出産、閉経という4つのタイミングで体に大きな変化が起こります。

女性ホルモンのバランスも変化するため、白髪になりやすくなったり、逆に体毛が濃くなるという場合もあります。

広告

 

生え始めを遅らせる方法

遺伝や体質の問題もありますし、加齢とともに体の様々な部分が衰えていくのは仕方のないことなので、生涯黒髪であり続けるのは難しいかもしれません。

ですが、日々の生活の中で少しでも長く黒髪を維持する工夫をすることで、白髪年齢を遅らせることは可能です。

大切なことは、頭皮の健康を維持し、新陳代謝や血行を良くしていくことです。

頭皮のマッサージで血行を促進する

パソコンやスマホを利用している時間の長い現代人の頭皮は凝り固まって血行も悪くなりがち。頭皮の血行が悪いとメラノサイトにしっかりと栄養が届きにくくなり白髪年齢を早めてしまいます。

頭皮を柔らかくして血行を促進するためにも、頭皮ケアは毎日行うのがベストです。

もちろん、毎日エステサロンや美容院でヘッドスパを受けるのは現実的ではありませんが、毎日のシャンプーのときはもちろん、仕事の合間やテレビを観ているときなど、空いた時間に自分で頭皮マッサージを行って頭皮を柔らかくして血行を改善しましょう。

ただし、自己流のマッサージでは逆に頭皮を傷めて抜け毛などを増やしてしまう恐れがあります。

マッサージはブラシなどの器具は使わず、爪を立てずに指の腹で行うようにしましょう。育毛剤やオイルを利用するのも良いですね。

こちらの動画も参考になりますよ。

食生活に気をつける

バランスの取れた食生活を心掛けることはもちろんのこと、髪の主成分である良質なたんぱく質や、白髪の予防や改善に欠かせないヨード、チロシン、銅を多く含む食品を意識して摂るようにしましょう。

ヨード(ヨウ素)はメラノサイトを活性化させる栄養素です。
昆布、ひじき、ワカメなどの海草類や、カツオ、ブリ、イワシ、サバなどの魚介類に多く含まれています。

チロシンはメラニンの原料となる栄養素のひとつです。
チーズなどの乳製品、バナナやアボカド、りんごなどの果物類、アーモンド大豆製品などの豆類、カツオやマグロ、ヒラメ、ちりめんじゃこなどの魚介類に多く含まれています。

銅はメラニンを作り出すチロシナーゼの合成に欠かせない成分です。
玄米蕎麦サツマイモなどの穀類や芋類、大豆製品やカシューナッツなどの豆類、ゴボウやにんにく、かんぴょうなどの野菜類、キノコ類や海藻、エビやカニなどの魚介類やあんずやプルーンといった果実類にも多く含まれています。

規則正しい生活

ストレスは健やかな肌や髪の大敵です。

規則正しい生活を送り、質の高い睡眠をとることで自律神経のバランスを整えていきましょう。

また、適度な運動も血行を促進させ新陳代謝も向上させる効果があります。

なかなか運動をする時間を取れなくても、たとえばいつもより早足で歩いたり、できるだけ階段を利用したり、寝る前の10分で簡単なストレッチをしたりといった、毎日の生活の中で無理なく続けられる運動を取り入れていきましょう。

白髪がぐっと増える平均年齢は?生え始めを遅らせる方法もご紹介

 

日々の生活を見直し、いつまでも若々しい黒髪でいよう

生きている以上加齢やそれによる衰えは避けられません。しかし、日々の生活の中で白髪年齢を遅らせることはできます。

毎日のヘッドマッサージや規則正しい生活、適度な運動、バランスの取れた食事などで頭皮の健康を保ち自律神経を整えるて、年齢を重ねても若々しい黒髪でいられるようにしたいですね。