日焼け対策してる?紫外線が髪や頭皮に与える悪影響と対策4つ

 

「何かしらの日焼け対策をしている?」と聞けば、ほとんどの女性が「しています」と答えるのではないでしょうか。紫外線の影響がもっとも気になる夏場は、日焼け止めや日傘などを使ってお肌を守っていますね。ですが、「髪の日焼け対策は?」との質問には「していない」という方がほとんどだと思います。紫外線はお肌だけではなく、髪や頭皮にも悪影響を及ぼしますから、髪や頭皮への対策も手を抜けません。今回は紫外線が髪や頭皮に与える恐ろしい影響や、対策方法についてご紹介しましょう。

広告

 

紫外線が髪や頭皮にどのように影響するのか?

お肌への紫外線の影響といえば、シミやシワ、たるみ、皮膚がんなどすぐに思いつく方が多いでしょう。ところが髪や頭皮への悪影響についてはほとんど知られていませんね。なんと頭皮や髪が浴びる紫外線量はとても多く、まず初めにどんな悪影響があるかについて解説します。

切れ毛・枝毛

紫外線の頭皮や髪への大きな影響は、切れ毛や抜け毛です。

髪は「アミノ酸システイン」というたんぱく質が結合したもので形成されています。紫外線には「アミノ酸システイン」を分解してしまう働きがあるため、髪が弱くなって、切れ毛や枝毛が発生します。

そして髪質自体も弱くなるため、抜け毛の原因にもなってしまいます。

髪の変色

紫外線にはメラニン色素を分解してしまう作用もあります。

そのため、紫外線を浴びるとメラニン色素が分解され、本来の黒髪から赤茶けたような色に変色します。特にカラーリングやパーマをあてている髪の方が影響が大きく、何もしていない人よりも変色しやすいのです。これはカラーリングやパーマで髪自体が傷んでいるからです。

また赤茶けるだけではなく、白髪への進行を早めてしまいます。

頭皮の乾燥

紫外線は髪だけではなく、頭皮に対しても影響があります。

紫外線を浴びると、お肌と同じように日焼けが起こりますが、お肌のようにスキンケアを行いませんから、ダメージが蓄積し、頭皮の乾燥の原因となります。頭皮が乾燥するとかゆみなどの不快な症状が出てきます。

頭皮の乾燥は新しく生えてくる髪にも大きな影響を及ぼし、細く弱い髪が生えてきてしまう可能性が高くなるのです。

日焼け対策してる?紫外線が髪や頭皮に与える悪影響と対策4つ

 

特にダメージを受けやすい部分は?

部位によってダメージの受けやすさに差が出てきます。

もっともダメージを受けるのが、髪の分け目つむじ部分などの髪で隠れていない部分です。鏡を見て分け目を変えてみると地肌の色の違いがわかりますね。

この部分への紫外線の量は体中でもっとも多くて、顔への紫外線量の約3倍もあるといわれているほどです。

紫外線の悪影響を考えると、この髪の分け目などの頭皮がむき出しの部分はもっとも紫外線に対する対策を行う必要がある部分といえるでしょう。

広告

 

髪や頭皮の紫外線対策

髪や頭皮を紫外線から守るため必要なことは、しっかりと紫外線対策を行うことです。

日焼け止めスプレーを使う

最近では頭皮や髪を紫外線から保護するための、頭皮・髪専用の日焼け止めスプレーが販売されています。外出前に、頭皮と髪にスプレーすると、紫外線ダメージから頭皮や髪を保護することができます。

バッグの中に入れて持ち運べるので、こまめに付け直せます。

帽子をかぶる

普通の帽子でもかぶっていれば紫外線ダメージから頭皮などを保護する効果は期待できますが、より効果的なのがUV加工がほどこされているタイプのものです。帽子はおしゃれなアイテムとしても人気ですから是非活用しましょう。できるだけつばが広いデザインがベストです。

素材も選べるため、色々な素材の物をいくつも揃えるのも良さそうですね。

日傘を使う

日傘は女性の紫外線対策の定番アイテム。真夏しか使用しないという方も多いのではないでしょうか。紫外線は真夏だけ意識すればよいのではありません。

強弱はあるものの1年中降り注いでいるため、シーズンに関係なく使用したほうが良いでしょう。

日傘には通常UV加工がされていますが、この加工はずっと続くものではありません。紫外線から頭皮や髪を守るためには、日傘自体が壊れたり傷んだりしていなくても、2~3年に1度は買い換えましょう

UV効果があるトリートメント

髪を補修してくれるトリートメントにもUV効果が配合されているものがあります。洗い流すタイプのトリートメントではなく、洗い流さずに使うトリートメントの方です。夜シャンプー後に使うだけでなく、朝スタイリング時にも使えます。

トリートメントなら紫外線から頭皮や髪を保護しつつ、髪もきれいになれるので日常使いにも良いですね。

日焼け対策してる?紫外線が髪や頭皮に与える悪影響と対策4つ

 

髪や頭皮が日焼けしてしまった場合は?

万が一日焼けをしてしまったら、早めにお手入れすることが大切です。

日焼けしてしまった髪はキューティクルが非常に傷んでしまっている状態です。それをそのまま放置しておくとダメージが慢性化してしまうこともあります。

まず、濡らしたタオルで熱を持った頭皮を落ち着かせましょう。これを行うことでかゆみを予防できます。その後はトリートメントをたっぷり使って髪を補修してください。

おすすめのトリートメントは、たんぱく質やトレハロースが配合されているものです。

髪を乾かすときは、マイナスイオンが出るドライヤーを使用すると良いでしょう。マイナスイオンがキューティクルを整え、髪からの水分蒸発を予防できます。

頭皮は顔に使う化粧水などのスキンケア用品でケアを行いましょう。

頭皮や髪は顔や体と比べると紫外線対策を忘れてしまいがちですが、頭皮や髪に与える悪影響を考えると、きちんとした対策が大切だということがわかりますね。

万が一日焼けをした場合は、その後のお手入れで美髪をキープするようにしましょう。