夏なのにカサカサしてしまう「乾燥肌」の原因と保湿のポイント

 

冬ならまだしも夏でもベタつきの中でも悩みの種となるのが、お肌の乾燥ですね。お肌が乾燥する仕組みについて、また夏に乾燥する理由、さらには保湿のポイントをご紹介します。

広告

 

肌が乾燥する仕組み

まずお肌について少しお話していきましょう。お肌は大きな区分けでは、最も外側に位置する表皮とその下にある真皮に分かれます。表皮自体も、角層、顆粒層、有棘層、基底層の4つの層からなりたちます。つまり、外部からの刺激を受けにくい構造ではあるのです。またお肌の最も表面は毛穴からでる皮脂と汗による天然クリームに覆われているのです。

しかし、お肌がカサついたり、白くて細かいフケのように粉がふいていることがありますよね。それが皮脂欠乏症(乾皮症)と言われる状態です。

天然クリームが失われ、表皮の最も外側の角層が破壊される理由は、外気の乾燥やエアコンの風、扇風機の風などによるものが考えられます。それ以外にも、紫外線を浴びすぎたり、お肌を強く洗いすぎることも原因となっています。

角層はそもそも0.02mmといったとっても薄い部位なので刺激が強すぎるとダメージを受けやすいのです。そして角層が破壊されると、お肌を守るバリア機能が低下するので、乾燥しやすくなってしまう訳です。

皮脂欠乏症(乾皮症)が悪化してしまうと、皮脂欠乏性湿疹という炎症を起こすリスクも高まります。それらに加えて女性は40代を境に、性ホルモンのバランスが崩れ、皮脂の分泌量が減ってしまう事も見逃せません。

夏なのにカサカサしてしまう「乾燥肌」の原因と保湿のポイント

 

夏に肌が乾燥する仕組み

肌が乾燥を起こす仕組みはご理解いただけたでしょうが、夏の乾燥にはさらに特徴があります。夏といえば、太陽が元気で紫外線がとってもきつくなりますよね。また、気温が非常に高くなることから、エアコンを使用する頻度が高くなります。つまり、紫外線とエアコンの風が夏肌の乾燥には大敵なのです。

日焼け防止のために日焼け止めクリームを塗っている方も多いことでしょう。しかし紫外線の光というのは非常に強いため、刺激が強くなります。

その為、お肌のターンオーバーを早めようと、表皮の最も奥側にある基底層から有棘層、顆粒層、角層の順にどんどんと新しい細胞が作られていきます。ただし、通常よりも速いスピードでのターンオーバーである為、出来上がる細胞自体も不完全です。またせっかく出来上がった細胞にも十分な水分が与えられない為、弱い皮膚が出来上がります。そんな弱い肌は、紫外線からの刺激を避けることが出来ず、どんどんと乾燥の悪循環を生んでしまうのです。

エアコンの風は、汗をかいた後などはサラッと肌を乾燥させてくれて嬉しいものです。しかし、ずっと当たり続けるとどんどんと水分を奪ってしまいます。また、エアコンの風が吹き付けるように強いと乾燥度合いも強まってしまいます。そこで、エアコンの風がお肌に直接当たらないように気を付けたいものです。

夏は紫外線とエアコンの風にくれぐれもお気を付けくださいね。

広告

 

保湿ポイント1.水分をしっかり摂る

では、お肌を乾燥から防ぐことはもちろんいかに保湿していくのかが大事なポイントとなってきます。

また夏の肌は汗をかきやすいので、汗の刺激で痒みが出てしまう事もありまし。つまり非常にデリケートになっており、正しい保湿ケアが欠かせません。

まず、お風呂などに入るときに保湿入浴剤を使用しましょう。夏は暑いからお風呂につかりたくないというあなた、夏のだるさを解消するにもお風呂につかることはとっても大切なのですよ。冬場ほどしっかりとした保湿入浴剤でなくても、植物性のエキスが配合されたデリケートな肌に優しいものを選ぶといいでしょう。これだと、自然な感じで保湿してくれますし、紫外線などによるお肌のダメージにも優しいので安心ですよ。

またお風呂上りには、お顔などのスキンケア同様、手や足、首元など紫外線を浴びる部位は特にしっかりと化粧水やさらっとしたボディクリームを塗ってあげましょう。ベタつきが気になる方は、ベビーパウダーなどを付けましょう。

特にかゆみがある乾燥肌の場合は、お肌の深部までしっかりと潤いを届けられる化粧水を身体にもつけましょう。また、汗をかいたときはそのままにせず都度拭き取ってくださいね。汗が蒸発する時にも水分を奪うのでより乾燥しやすくなる為です。

夏なのにカサカサしてしまう「乾燥肌」の原因と保湿のポイント

 

保湿ポイント2.紫外線をしっかりカットする

保湿ポイントの2つ目は、お肌のダメージの敵である紫外線をいかにカットするかが大事です。紫外線を避けるというと、まず思いつくのが日焼け止めクリームですね。できるだけ、SPFやPAの数値が高いものを使うと効果があると思いがちです。

しかしSPFやPAの数値が高い日焼け止めクリームというは、お肌に与えるダメージも大きく決して良いものではありません。そのクリームに含まれている成分が原因で、お肌がかゆくなってしまう事も少なくないのです。

その為、SPF30 PA+++程度のものにおさえ、こまめに塗りなおしてあげることをお勧めします。

夏のお肌の乾燥は、紫外線カットとエアコンの風予防、そして保湿ケアが大切なポイントです。是非覚えておきましょう。