「ザ・たっち」のたくやも痩せた「ローカーボダイエット」とは?

 

最近巷で話題の「ローカーボダイエット」をご存知でしょうか?ローカーボダイエットは、即効性があるのにつらい食事制限もなく、ゆるく楽に痩せることができると大人気のダイエット方法です。ダイエットにつきものの空腹感や運動のしんどさにダイエットそのものを諦めてしまったという方も楽に続けることができるので、海外セレブや芸能人もチャレンジしています。そこで今回はそんなゆる楽なローカーボダイエットをご紹介します。

 

ローカーボダイエット(低炭水化物ダイエット)とは?

まず、ローカーボダイエットという言葉の意味ですが、「低い」という「low(ロー)」と「炭水化物」という「carbohydorate(カーボハイドレート)」の2つの言葉が組み合わさっています。

つまりローカーボダイエットとは「低炭水化物ダイエット」のことです。

このローカーボダイエットは、食べながら痩せることができますから、つらくて苦しい空腹感を我慢する必要がないため、誰でも楽にできるダイエット方法なのです。

ローカーボダイエットは「ザ・たっち」のたくやさんも実践して大成功をおさめたダイエット方法ですが、もともと医師が考案したダイエット方法なので、芸能人だけでなく全国各地の病院でもダイエットが必要な患者さんにすすめられているダイエット法ですから、安心して取り組むことができます。

低炭水化物ダイエットというと、糖質制限ダイエットと同じものだと誤解されることがありますが、糖質制限の仕方がまったく違っています。

ダイエット効果が高いのは、食事から糖質を徹底的に抜いてしまう糖質制限ダイエットに軍配が上がりますが、糖質を完全に取り除こうとするとやはり精神的にも体にも負担が大きくなり、途中で挫折してしまう方が多いつらいダイエット方法です。

それに比べてローカーボダイエットは、炭水化物の摂取量を調整するというものなので、つらくて途中で挫折したりすることもありません。

ハリウッドスターのアンジェリーナ・ジョリーもこのローカードダイエットを取り入れているようです。

「ザ・たっち」のたくやも痩せた「ローカーボダイエット」とは?

 

ダイエットの前にまずは炭水化物を知ろう

炭水化物という言葉はダイエット経験者なら耳にすることも多いですが、ご飯やパン、パスタ以外は知らないという方も多いのではないでしょうか。

炭水化物とは、3大栄養素のひとつで、摂取すると体内で分解されブドウ糖になります。人間はこのブドウ糖をエネルギー源として活動しています。炭水化物の摂取量が減るとエネルギー源であるブドウ糖が減少しますが、今度は中性脂肪からブドウ糖が作られるようになり、糖質を控えるダイエットでは中性脂肪が使われることにより減少していきます。

炭水化物が多く含まれる食品は、白米、パン、麺類、芋類、トウモロコシです。もちろん米から作られているものや芋類から作られているものも炭水化物になります。

広告

 

ローカーボダイエットの効果とやり方

ローカーボダイエットの具体的なやり方ですが、

*1日2食は糖質(炭水化物)を控えめにする(1食は制限なし)
*脂を積極的に摂取する(揚げ物もOK)

たったこれだけです。細かい注意点はありますが、3食しっかり食べることができますし、一般的なダイエットではNGとされることが多い脂ものや揚げ物もOKなので食べることを楽しみながらダイエットをすることができますね。

ローカーボダイエットを実践した愛知県の内科医長を務める中村医師は1週間で-7kg、半年で-15kgという結果を出しています。

糖質(炭水化物)を完全にOFFするわけではありませんが、即効性が実感できますのでやりがいを感じ、長く続けることができますね。

「ザ・たっち」のたくやも痩せた「ローカーボダイエット」とは?

 

ザ・たっちたくやのローカーボダイエットの結果は…?

「ザ・たっち」のたくやさんがテレビ番組の企画で10日間のローカーボダイエットに挑戦し、体重が-3kg、体脂肪が-2%、中性脂肪が-64と見事に大成功をおさめていました。

もともとたくやさんは肥満体質でしたが、10日間のローカーボダイエットによって、体重だけでなく体脂肪や中性脂肪もしっかり落とすことに成功しています。

「ザ・たっち」のたくやも痩せた「ローカーボダイエット」とは?

 

ローカーボダイエット成功のポイント

ローカーボダイエットのやり方は、1日3食のうち2食の糖質(炭水化物)を控えることと、積極的に脂を摂取することですが、他にも細かいポイントがあります。

まず、糖質(炭水化物)を控えるとなると、ご飯やパスタ、パンなど主食の量を控えるイメージがありますが、それだけではなく、調味料も意識する必要があります。砂糖、みりん、ケチャップ、ソース、はちみつなどは控えます

また揚げ物はOKですが、揚げ物に使用するパン粉は炭水化物になりますから、食べるときは衣をはがして食べたり、素揚げにするなどを意識しましょう。

脂を積極的に摂取するのは、糖質(炭水化物)を控えることで他にエネルギー源が必要になるためです。脂は動物性のものだけではなく、植物性の油や魚の脂からもバランスよく摂取することが大切です。

早くダイエット効果を得たいからと、1日の食事回数を減らすのはNGです。1日3食しっかり食べて、間食をしないようにしましょう。

しっかりとルールを守って実践すれば、きちんと結果はついてきますし、リバウンドの心配もありません。

これまで無理な食事制限をしてダイエットに失敗してきたという方も、ローカーボダイエットでゆる楽ダイエットを実践し、スリムボディを手に入れましょう。