座りながらこっそりできるダイエットなのに、どうして効果があるの?

 

自分の体型が気になるという方は多いですが、仕事が忙しくて、なかなか本格的にダイエットを始めることができずに悩んでいる方も多いですよね。でも座りながら誰にも知られずにこっそりできるダイエットなら、デスクワークの方も仕事をしながらダイエットをすることができるのでおすすめです。今回は運動不足になりやすいデスクワーク中心の方に特におすすめな、座りながらこっそりできるダイエット方法をご紹介します。

 

座りながらダイエットで効果的な部位

座りながらダイエットはいろんな体の部位に効果があります。具体的には顔や太もも、ふくらはぎ、お尻、二の腕など全身のダイエットが可能です。これらの部分的なダイエット以外にも、正しい座り方をすることによって、体の深い部分の筋肉であるインナーマッスルを鍛えることができます。インナーマッスルを鍛えれば、何もしていないときに消費する基礎代謝量がアップします。ですから、痩せやすく太りにくい体になれるということです。

座りながらこっそりできるダイエットなのに、どうして効果があるの?

 

効果がある理由

正しい姿勢で座るだけでダイエット効果が得られます。逆に悪い姿勢だと見た目が悪いだけでなく、骨盤をゆがませてしまう原因になります。骨盤がゆがむと、特に下半身に脂肪がつきやすくなったり、老廃物がうまく排出されずにむくみやすくなったり、内臓の機能が低下することにもなります。また、筋肉も衰えてしまうので、スタイルが必然的に悪くなってしまいます。

他にも悪い姿勢が原因で起こってしまう症状としてこういったものがあります。

*肩がこる
*疲れやすい
*寝付きが悪い
*視力が低下する

正しい姿勢を意識して座ると、必要な腹筋・背筋・内転筋という3つの筋肉が鍛えられ、内臓が正しい位置に戻り、こういった不調も改善するとともに、基礎代謝量もアップするので、ダイエット効果が得られるというわけです。

広告

 

ダイエットできる正しい座り方とは

ダイエット効果を得るためには、まずは正しい座り方を覚えましょう。正しい座り方は、骨盤を立てて座ることです。イスに座る場合でも床に座る場合でも同じで、きちんと骨盤を立てて座ることが基本です。普段骨盤を意識していない方には、骨盤を立てるというのがどういうものか難しいですが、コツをつかめば誰でも簡単にできます。

イスの座り方

*骨盤を立て、背筋を伸ばして、横から見た時に「L字」になるように座る
*背もたれに持たれず、お尻と太ももに体重をかける
*両足を床につけ、両膝を揃える

骨盤が立っているかどうかを簡単にチェックするには、イスに座って、片足を上げます。このときに足が高く上がってしまうなら骨盤は倒れている状態です。足が少ししか上がらないなら、骨盤がちゃんと立っているということになりますから、時々片足を上げて骨盤が倒れてきていないかチェックし、骨盤が立っている状態を覚えましょう。

床の座り方

*足をまっすぐ伸ばして座る(長座)
*猫背にならないように意識しながら、両足を指の先までぴったりくっつける

床に座るときもイスに座るとき同様に、腰部分が「L字」になるように意識しましょう。

最初は正しい姿勢で長時間座ることは非常に難しく、すぐに元の悪い姿勢に戻ってしまうことも多いですが、慣れるまでは短時間正しい姿勢を意識することから始めましょう。例えばメールをチェックする間だけ、電話対応のときだけなど、1日の中で正しい姿勢を意識する時間を作り、徐々に回数や時間を伸ばしていきましょう。

座りながらこっそりできるダイエットなのに、どうして効果があるの?

 

座ったままできるエクササイズ

痩せる座り方をするだけでもダイエット効果はありますが、それにエクササイズをプラスすることで、気になる部分を効果的に引き締めることが可能です。

ポッコリお腹に効く 1

1.イスに浅めに座る
2.お腹に力を入れながら、片足を上げる

腹筋がついてくれば、両足を上げるとさらに効果的です。

ポッコリお腹に効く 2

1.ゆっくりと大きく息を吸い込みながらお腹をふくらませる
2.ゆっくりと大きく息を吐きながらお腹をへこませる

腹式呼吸はお腹部分のインナーマッスルを鍛えるのに効果的で、悪い姿勢が原因で下がってしまった内蔵を正しい位置に引き上げるのにも効果があります。

座りながらこっそりできるダイエットなのに、どうして効果があるの?

 

足首・ふくらはぎ・太もも前面に効く

1.太ももをつけ、かかとを上下させる
2.同じように太ももを付けた状態で、つま先を上下させる

内太ももに効く

1.膝を揃えて座り、足首をクロスさせる
2.膝と膝で押し合わせる

内太ももへの効果だけではなく、内太ももを鍛えることで、歩き方にまで影響がありますから、気になるO脚を改善する効果もあります。

二の腕に効く

1.両手を後ろにつき出す
2.バイバイをするように、手を内側外側にひねる

二の腕と肩甲骨がしっかり動いていることを意識しながら行いましょう。

座りながらこっそりできるダイエットなのに、どうして効果があるの?

 

毎日の積み重ねが大切

座りながらできるダイエットには残念ながら即効性はありませんから、毎日の積み重ねが成功させるポイントになります。また正しい姿勢を身につけることで、ダイエット効果だけではなく、健康効果や美容効果も得られます。正しい姿勢を続けることで、その姿勢でいることが習慣になってきます。今気強くがんばりましょう。