お股のビキニラインの黒ずみを解消する方法

夏になると特に気になるのが
ビキニラインの黒ずみですね。

誰かに相談もできず
お風呂などで目にするたび

ビキニ着れないなあと悩んでいる方も
多いことでしょう。

夏に向け原因と解消法を
チェックしておきましょう。

広告

黒ずみの原因 その1

まずは、黒ずみの原因から
見ていきましょう。

1つ目は、ショーツなどの
下着と肌が擦れることです。

肌は、摩擦を何度も感じると
防御反応を起こします。

それが、メラニンを作りだし
角質を厚くしてしまうのです。

摩擦という意味では肌着だけでなく、

ぴったりしたホットパンツなどの洋服や、
自転車のサドルも原因となりますよ。

2つ目は、かぶれや炎症です。

お股周辺は、生理やおりものなどの
影響もあり、雑菌も生まれやすく
かぶれや炎症が起こりやすい場所です。

 

黒ずみの原因 その2

また見逃せない原因が
デリケートゾーンのむだ毛処理です。

カミソリで処理すると、
皮膚が柔らかい部分なので
与える刺激も大きいものです。

ワックスや脱毛テープも同様ですね。

このように、ビキニラインの黒ずみは、
摩擦や刺激などにより、

防御反応として色素が
沈着してしまうことが原因となるのです。

お股のビキニラインの黒ずみを解消する方法

 

まずはNG習慣をなくしましょう

まず、黒ずみを作るNG行為はやめましょう。

せっかくきれいにしてもNG行為をし続けると
いつまでたっても終わりが見えないですからね。

1.「ゴシゴシ洗う」のはNG

きれいにしようとしてする行為が逆に
刺激となり黒ずみを作ってしまいます。

 

2.「締め付けが強い下着はつける」のはNG

締め付けが強い下着は、
肌との摩擦を起こしやすくさせます。

 

3.「乾燥させる」のはNG

ビキニラインは、
肌以上にデリケートな部分です。

専用の保湿クリームなどで
お風呂上がりはケアしてあげましょう。

お股のビキニラインの黒ずみを解消する方法

 

黒ずみの解消法

お股の黒ずみを解消していくためには、
まずは上のNG習慣をやめましょう。

その上で、こちらの解消をお試しください。

1.リンゴ酢で洗う

リンゴ酢には血行や新陳代謝を良くする働きがあり、
くすみ解消につながります。

海外の美容サイトでも非常に人気があり
よく雑誌などでも取り上げられています。

スーパーや通販でもリンゴ酢は手軽に買うことができるのですが、
デリケートゾーンに使用するのでこういった無添加のリンゴ酢
選ぶようにしましょう。

リンゴ酢と水は1:3ぐらいの分量から試していきましょう。
ぴりぴりするなと思った時は水の分量を増やします。

ごしごしこすってはいけないので、
やさしくなでるように洗います。

 

2.身体の中から整える

ビタミンC、ビタミンEといった栄養素を摂るようにしましょう。

ビタミンCが多く含まれる食べ物は、
レモン、いちご、パセリ、ゆず、赤ピーマン、黄ピーマンなどです。

ビタミンEが多く含まれる食べものは、
すじこ、いくら、たらこ、とうがらし、アーモンド、とうもろこし油などです。

これらの栄養素は抗酸化作用が強く、
美白効果も高いので効果的です。

お股のビキニラインの黒ずみを解消する方法

 

3.専用クリームを使う

即効性が一番高い方法は、
デリケートゾーン専用クリームを使う方法です。

クリームは、乳首、脇、膝など
部位によって効果が違うので
デリケートゾーン専用のものを使いましょう。

中でも、
300名以上のドクターが所属する
スキンケア大学で取り上げられた
ハービルラビットはとてもオススメです。

ハーバルラビットは、
無添加で、シリコンや着色料などを一切使っておらず
赤ちゃんでも使えるほどお肌に優しいのも特徴です。

コラーゲンやプラセンタ配合のため
朝晩2回塗るだけで、みるみる違いを感じると思います。

楽天リサーチの黒ずみクリームに関するアンケートで
「効果をすぐに実感できる商品」1位を獲得しているほか、
「利用し続けた商品」「友人にオススメしたい」などでも
1位を獲得しています。

60日間の全額返金保証も対応しているので、
この機会に試してみてはいかがでしょうか?
緑
>>「ハーバルラビット」の詳細はこちら

 

おわりに

デリケートゾーンの黒ずみは
当サイトでもご質問の多いお悩みの1つ。

・彼氏にばれたくない
・脱毛してびっくりした
・温泉や脱衣所で目線が気になる
・遊んでいるように見える

人に相談できずにもんもんと悩んでいる方も少なくないので、
今回の記事内容を参考に、
誰かに気づかれちゃう前にこっそりきれいにしちゃいましょう!

YUKIYUKI

一人で悩みすぎないで!こっそりとキレイにしていきましょう。