これはやばいでしょ?知っておくべき口呼吸のリスク

「口じゃなくて鼻で息しなさい!」

子供の頃に注意されたことがある方も
いらっしゃるかもしれません。

恰好悪いだけにとどまらない
口呼吸のリスクとその改善法を
ご紹介します。

口呼吸をしているあなた、
百害あって一利なしの口呼吸を
本気で治しませんか

広告

口呼吸と鼻呼吸

口呼吸とは口から呼吸することです。

つまり、呼吸するには口は
開いていなくてはいけません。

だから、口呼吸をしている人には
こんな特徴があるのです。

●ぽかんといつも口が開いている
●朝起きると喉が渇いている
●喉が痛くなりやすい

口から外気を吸う為、
細菌やウイルスなどを
直接肺まで吸いこんでしまい、

風邪やウイルス感染を
しやすくなるのです。

一方の鼻呼吸というと、
鼻毛や鼻の中の粘膜の

フィルターを通るので
異物などは排除されてます。

また、口呼吸をすることで
喉が渇いていると、口の中の粘膜も
乾燥してしまいます。

すると、抗菌作用を持つ唾液が
分泌されにくくなり
病気に繋がりやすくなるのです。

さらに、口の中の乾燥は
虫歯や歯周病、ドライマウス、

口臭にも繋がってしまうと
いうから怖いですね。

その他にも、口を開けて寝ることで
睡眠の質が落ちたり、

口を開けたままでいることで筋肉に
ひずみが出て顔の歪みにまで繋がるのです。

広告

あいうべ体操

このように、
いいことが全くない口呼吸を止め、

鼻のフィルターを通して
呼吸する鼻呼吸に
改善する方法をご紹介します。

まずは、日頃から口を閉じるように
意識しておくことは何よりも大切です。

ただ、口呼吸が癖になっている場合
口を閉じる筋力が低下している
可能性もあります。

そこでお勧めするエクササイズが

「 あいうべ体操 」 です。

1.
「あ」と言いながら口を大きく開く

2.
「い」と言いながら
口を大きく横に広げる

3.
「う」と言いながら口を前に突き出す

4.
「べ」と言いながら、
舌を舌に思いっきり伸ばします

注意ポイント

●口を大きく動かすこと
●1回=10セットまでを3セット目標で行う
●顎に負担がかからないように無理をせず行う

とっても簡単ですが効果が高いので
日常的に取り入れてみてください。

参考動画