女子必見!生理痛を和らげるおすすめ食べ物を公開

毎月やってくるブルーデー
といえば生理痛ですよね。

下腹部が重痛かったりだるかったりと
当たり前の日々の生活が
憂鬱になるものです。

そんな生理痛を
少しでも軽減する為に

痛みを和らげてくれる食べ物を
チェックしていきましょう。

広告

生理痛って何で起こるの

まずは、生理痛が起こるメカニズムに
ついて見て行くことにしましょう。

生理痛を引き起こしているのは

「プロスタグランジンE2」

という物質です。

この物質が過剰に分泌されると、
子宮をきゅーっと収縮させてしまい
痛みを感じるのです。

そもそも生理と言うのは、
女性の身体が妊娠可能な状態になる為に

毎月1回、子宮内膜を分厚くさせます。

これは妊娠した時、
赤ちゃんを守るふかふかの
ベッドの役目をするものです。

しかし、受精に至らず妊娠しなかった場合
そのベッドは不要となります。

赤ちゃんを新鮮な子宮内膜の中で
育てる必要があるので、

不要となると1月毎に、
子宮内膜がはがれ
身体の外に排出されるのです。

内膜を剥がす時に引っ張られる痛み
それによって

子宮内膜が炎症を起こすのが
生理痛の痛みなのです。

プロスタグランジンE2の過剰分泌の原因

では、プロスタグランジンE2が
過剰に分泌されてしまう原因には
どのような物があるのでしょうか?

まず1つ目は、冷えです。

気温や血流不足による冷え、
食べ物による冷えなどがあります。

身体が冷えてしまうと、
血流も悪くなり子宮機能が
低下してしまいます。

そうすると、不要な子宮内膜のベッドが
スムーズに身体の外に出にくくなるのです。

そこで、登場するのが
プロスタグランジンE2です。

プロスタグランジンE2を分泌することで
子宮の収縮を活発にし、
排出しようとするのです。

2つ目は、ストレスです。

生理痛の痛みなどといった外的ストレスや
心理的なストレスもこれに当たります。

ストレスを感じると
自律神経のバランスが崩れ、

合わせて女性ホルモンのバランスも
崩れてきます。

そうなると、子宮機能が低下し、
かつ血流も滞留する為、

冷え同様、子宮内膜のベッドが
体外に排出しづらくなり、

プロスタグランジンE2が
分泌されることに繋がってしまうのです。

そういった意味でも、
生理痛を和らげるのには

私たちの身体に取り入れる食べ物も
非常に大きく関係してきます。

身体を温めてくれる食べ物のあれば
冷やしてしまう食べ物もあるからです。

広告

生理痛を和らげる食べ物リスト前篇

女子必見!生理痛を和らげるおすすめ食べ物を公開

では、具体的に生理痛を和らげるとされる
食べ物をご紹介して行きましょう。

1.大豆製品

大豆、豆乳、納豆、豆腐など

大豆を元に作られたこれら大豆製品に
含まれている「イソフラボン」が
生理痛軽減に有効とされています。

このホルモンは女性ホルモンの1つである
エストロゲンの働きを助けてくれ、
生理痛を和らげるのです。

また、畑の肉と言われるほど
タンパク質が豊富です。

その為、生理不順や貧血防止に
働いてくれるのです。

しかし、1つ注意点は
摂取し過ぎに注意することです。

取り過ぎると生理痛を逆に強くさせる事も
ありますので

1日当たり70~75㎎を目安に
とるようにしましょう。

2.アーモンド

アーモンドが生理痛と関係すると聞くと
不思議な感じがしますが、

そこに含まれる栄養素に
その働きがあるのです。

ビタミンEやミネラルを
豊富に含んでいますが、

これらの栄養素は、女性ホルモンを整え
冷えや貧血を防止してくれるのです。

また、アーモンドには
子宮を収縮させる働きを持つ
マグネシウムも含まれています。

3.グレープフルーツ

続いてはクエン酸豊富な
グレープフルーツです。

クエン酸がもつ血液サラサラ効果により
血流が促進されます。

また、柑橘系の香りは
リラックス効果もあり
ストレスの緩和にも働きます。

4.生姜

生姜と言えば身体を温めてくれる
食材ですよね。

「ジンゲロール」
「ショウガオール」

という成分が含まれていて
血流促進効果大です。

生理痛を和らげる食べ物リスト後篇

女子必見!生理痛を和らげるおすすめ食べ物を公開

生理痛を和らげる食べ物、
まだまだありますよ。

1.青魚

こちらもDHA・EPAが血液に働きかけてくれ
サラサラにし、血行を促します。

さらに、子宮が過剰に収縮し生理痛が
起こるのを防いでくれるのです。

ビタミンBはホルモンバランスを
整えてくれる為、有効です。

サバ、サンマ、マグロ、ブリ、
イワシなどに多く含まれています。

2.セリ科の野菜

カルシウムが豊富に含まれており
生理痛の痛みに繋がりやすい

排卵作用をサポートすることで
生理痛を緩和してくれます。

パセリ、人参、セロリなどがお勧めです。

3.大根の葉

大根の葉っぱには、
ビタミンA、E、鉄分が豊富に含まれており

血液をきれいにし促進させる
効果がありますよ。

4.プルーン

生理中に失われる血液を作る働きを
助けてくれる鉄分が豊富なことから
有効視されています。

5.煮干し・干しエビ

子宮内膜、女性ホルモン、血液を
正常な状態に保つヘム鉄を
多く含んでいます。

6.かぼちゃの種

卵巣に存在し、黄体形成ホルモンや
卵胞刺激ホルモンの動きを助ける

亜鉛が豊富に含まれていることから
生理痛予防に働きます。

ゆううつで辛い生理痛を予防するには
身近にある食べもので十分役立ちます。

まずは身体を冷やさず、
ストレスを溜めないことが一番です。

それにプラスして毎日の食事にも
気を配り、ブルーデーを少しでも
快適に過ごせるようにしましょう。