紅茶うがいはインフルエンザ予防にとっても効果的

インフルエンザや風邪の予防に、
手洗い・うがい・マスクが
有効と言われます。

実際にうがいをした人は
していない人より40%も
風邪を防げるという研究結果があります。

インフルエンザ流行シーズン中、
外出後は気を付けて
うがいをしてきたのに

インフルエンザにかかってしまった
という方も多いはずです。

うがいの仕方を変えてみて下さい。

それは、紅茶でうがいをする方法です。

紅茶のうがいは、
水道水・うがい薬・緑茶・塩水の
どれよりも効果が高いのです!

広告

紅茶の効果

インフルエンザや風邪が流行る時期、
どの様にうがいをされてますか?

ただの水で、もしくは塩水、
うがい薬などでされるかたは
多いと思います。

実は、紅茶がインフルエンザや風邪などを
予防するには一番いいのです。

紅茶でうがいをすることで
どんな効果が得られるかというと・・・

何と言っても、
強力な抗菌作用があります。

ボツリヌス菌に対する
紅茶の殺菌効果は
緑茶よりも強いのです。

紅茶テアフラビン
コレラ菌など一般的な食中毒菌も
殺菌する効果があります。

衛生状態の悪い国に行った際、
紅茶はどこでも大体売ってるので
安全の為に活用するのも手ですね。

最近では、紅茶に
インフルエンザウイルスの感染を
阻止する作用があると解明されました。

紅茶テアフラビン、緑茶カテキン
による殺菌効果で、

インフルエンザへの
感染力を失わせるようです。

昭和大学医学部細菌学の
島村忠勝氏の実験では、

紅茶でうがいをした人としなかった人を
二つのグループに分けたところ・・・

紅茶うがいをしたグループの方が

インフルエンザの感染率が低かった
という結果が出たそうです。

紅茶で1日2回うがいをすると、
インフルエンザの罹患率が低下したと
専門誌に報告されております。

広告

正しいうがいの方法

【 1.正しいうがいの方法 】

正しいうがいをされていますか?

ただ水を口に含んでガラガラペッだけでは
効果が薄いのです。

1
口に水を含み、
最初に口の中を強めにぐちゅぐちゅと
ゆすぎます。

この時、上を向いて行わないで下さい。

口内の菌が喉の方に行ってしまいます。

新たに口に水を含み上を向いて、
「あー」と声を出してうがいをします。
2
しっかり声を出すことです。

声を出すことで、
喉の細菌まで水が届きます。

これを10~15秒行います。

2~3回繰返します。

1日3~4回行うと良いでしょう。

【 2.紅茶うがい液の作り方 】

では、紅茶でうがいをしてみましょう!

★用意するもの
・紅茶の茶葉1g(スプーン約1/3程度)
・熱湯   100ml
・水    200ml

1
紅茶の茶葉に熱湯をかけて、
5分以上(可能なら20分位)抽出します。

茶漉しや
ティーサーバーなどを利用して下さい。

2
水で薄めて下さい。

熱くない程度に冷ましてから使って下さい。

衛生上、24時間以内に使い切って下さい。

喉が痛い時、ラクになるとの声もあります。

これで今シーズンはいつもより
インフルエンザに
かかりづらくなるかもしれません。