風邪やインフルエンザ予防には緑茶うがいをしよう

風邪やインフルエンザの予防には、
手洗いうがいとよく言われます。

うがいしたって、
風邪ひく時はひくし・・・

意味あるのかなあと思っていませんか?

実は効果的なうがいがあるのです!
それは緑茶でうがいをすること。

絶対に風邪をひかない保証はないですが、
やるとやらないでは効果が違うので、

風邪やインフルエンザシーズンには
お勧めの方法です。

広告

緑茶うがいの効果

まず、うがいの効果ですが・・・

水でうがいした人はしない人に比べ、
40%風邪が防げるそうです。

また、発熱の頻度は68%に抑えられたと
研究結果が出ています。

アメリカの栄養学専門誌
「THE JOURNAL OF NUTRITION」
の記事によると、

2000人近くの児童を対象に、
1日1~2杯の緑茶を飲むことによって

インフルエンザの発症が38%、
1日3~5杯の緑茶を飲むことによって
46%も減るとの研究結果が出ました。

また浜松医科大では、
緑茶でうがいすることで70%、

アルカリイオン水などで54%、
食塩水では50%、

水道水では30%減らす効果があるとの
研究結果が出ています。

緑茶に含まれるカテキンと
テアニンにインフルエンザを
予防する効果があるようです。

風邪やインフルエンザ予防には緑茶うがいをしよう

このカテキンはウイルスが
細胞に吸着したり、

増殖するのを防ぐ効果が
あるとのことです。

テアニンには、
免疫力を高める働きがあるのです。

カテキンは発酵によって
減ってしまいます。

つまり・・・
紅茶やウーロン茶よりも

緑茶にカテキンが多く
含まれているのです。

風邪やインフルエンザに有効な理由が
分かったかと思います。

カテキンには殺菌作用もあるので、
ウイルスや細菌を体内に
侵入しづらくらせる効果があります。

広告

緑茶うがいのやり方

うがい薬は薬局や薬を
処方された時でないと手に入りづらいですが、

緑茶なら比較的どの家庭でも
すぐに準備できます。

やり方は簡単です。

70度以上のお湯でお茶を入れることで、
カテキンが多く摂取出来ます。

あとは、冷ましてうがいするだけです。

せっかくなので、
正しいうがいの仕方をして

風邪やインフルエンザの予防をしましょう。

意外に忘れがちなのが、
最初に口を軽くゆすぐことです。

こうすることで、
口内の雑菌を喉まで
届かせないようにします。

そして、冷ました緑茶を口に含み、
「オー」と口を開けて発声する感じで
10秒を2~3回行います。

どうしても風邪やインフルエンザに
かかるわけにはいかないという時って
ありますよね。

緑茶うがいをすることで、
少しでもリスクが減らせるなら

これからの風邪や
インフルエンザシーズンには
是非習慣にしてみたい方法ですね。