インフルエンザ予防に効果的な9つの栄養素と食べ物まとめ

冬に爆発的に流行するインフルエンザ。学校も学級閉鎖になったりと健康管理が大変な季節です。インフルエンザの症状には個人差が多少ありますが、38度を超える高熱や体の痛みなどが主な症状なので、かかると非常に辛いですし、ひどい場合重症化する可能性もあります。

インフルエンザを予防するには予防接種以外に効果的な栄養素を摂取する方法があるということをご存知ですか?そこで今回は冬の脅威インフルエンザ予防に効果的な栄養素や食べ物をご紹介しましょう。

広告

インフルエンザとは

インフルエンザはインフルエンザウイルスに感染すると引き起こされる病気で、風邪と症状が似ている部分もありますが、原因のウイルスが違います。

主な症状は、高熱、寒気、体の痛み、食欲不振などがあり、日常生活を送るのが困難になるほど体調が悪化します。場合によってはインフルエンザ脳炎など重症化することもあります。

インフルエンザにかかって病院へ行くと、タミフルやリレンザなどの薬を処方されるのが一般的です。しかしインフルエンザウイルスを退治できる薬はありません。辛い症状を緩和してくれる対処療法しかないため自分の免疫力で撃退するしかありません。

インフルエンザ予防に効果的な9つの栄養素と食べ物まとめ

食生活とインフルエンザの関係

毎年冬になると猛威を振るうのがインフルエンザですね。家族のうち誰か一人がかかってしまうと見る間に家族全員に感染するほど感染力が強いのが特徴です。

インフルエンザ予防には流行前にインフルエンザワクチンを打つのが効果的に言われていますが、食生活を見直すことも非常に大切であるということが分かっています。

毎年流行するインフルエンザウイルスにはいろいろな型があるのですが、ここ数年インフルエンザウイルスが強力になってきているので、かかった場合に使用する薬も強力なものを使わなければならなくなっています。

強力な薬を使わなくて良いようにするにはやはり、日ごろから免疫力を強くしておくことが大切ですね。

感染力が強いインフルエンザですが、免疫力がしっかりついていると実は感染しませんし、万が一感染した場合でも症状は軽く済みます。

家族全員がインフルエンザに感染したにも関わらず、一人だけ無事だったということもあります。これは理由はいくつかありますが、そのひとつに免疫力の高さがあげられます。

免疫力を高めるために食生活は外せません

広告

免疫力とは

免疫力とは体内に侵入したウイルスや細菌といった病原菌や異物から自分の体を守るために働く自己防衛機能のことです。免疫力が高いほど風邪やインフルエンザなどの病気になりにくいです。

免疫力が低下していることにはなかなか気づきにくいので、日ごろから免疫力を下げないための生活習慣を意識することが大切です。

免疫力の低下を招いてしまう生活習慣は「食生活の乱れ」「低体温」「ストレス」「運動不足」などです。栄養バランスのとれた食生活や適度な運動、上手なストレスの解消を心がけましょう。

また、体温は低くなるほど免疫力は下がってしまいます。平熱が36度以下の方は注意しましょう。体温が1度あがると、免疫力は5~6倍もアップするといわれています。

免疫力アップのカギを握っているのは「食生活」です。食生活は体を作る基本となりますから、免疫を高める栄養素などを意識しましょう。

インフルエンザ予防に効果的な9つの栄養素と食べ物まとめ

インフルエンザ予防に効果的な栄養素

免疫力を高めてくれる栄養素はビタミンC、ビタミンD、ビタミンA、ビタミンE、たんぱく質、亜鉛、硫化アリル、カテキン、β-グルカンが効果的です。

ビタミンC・D

ビタミンCやビタミンDはウイルスへの抵抗力をつけるために必要な栄養素のひとつです。免疫力を高め、体内に入り込んだウイルスなどを攻撃し体から追い出してくれます。

ビタミンA

ビタミンAは鼻やのどの粘膜を健康に保つ効果があります。インフルエンザなどのウイルスは鼻やのどの粘膜から侵入してきます。その侵入口である粘膜を強くすることはインフルエンザ予防に効果的といえます。

ビタミンE

ビタミンEは血管を丈夫にし血行を良くしてくれ、白血球やリンパ球の働きをアップさせて免疫力を高めてくれます。

たんぱく質

人間の体を構成する成分であるたんぱく質は、免疫細胞の材料になり免疫力を高め、病気への抵抗力を高める効果があります。

亜鉛

亜鉛は不足すると味覚障害を起こすことでも知られていますが、たんぱく質やDNAの合成にも必要な栄養素です。亜鉛が不足すると免疫力が下がってしまいます。

硫化アリル

あまり聞きなれない硫化アリルですが、体を温めたり強い抗菌作用や免疫力を高める効果があります。

カテキン

お茶に豊富に含まれているカテキン。ポリフェノールの一種で高い抗酸化作用があります。抗菌・抗ウイルス作用が強く、風邪やインフルエンザを予防するのに効果的です。

β-グルカン

β-グルカンとはキノコ類や酵母に含まれる多糖類で、免疫細胞を活性化する効果があります。

インフルエンザ予防に効果的な9つの栄養素と食べ物まとめ

インフルエンザ予防に効果的な食べ物

インフルエンザ予防に効果的な栄養素がわかれば、それらが含まれる食べ物を食べれば良いだけです。

・魚
・緑黄色野菜
・キノコ類
・ニンニク
・生姜
・ヨーグルト
・海藻類
・シジミ
・乳製品
・発酵食品
・チョコレート

これらを意識しながらバランスよく食べるようにしましょう。

チョコレートは最近の研究でインフルエンザウイルスに対する感染抑制効果があるとわかってきました。これはチョコレートの成分であるカカオポリフェノールの効果によるもので、チョコレートだけでなくココアでも同様の効果を得ることができます。

どのチョコレートでも良いというわけではなく、カカオ80%以上の甘みのあまりないチョコレートであることがポイントです。

バランスの良い食生活を送りインフルエンザをしっかりと予防しましょう。