毎月襲うツライ生理痛!痛みがひどい原因や改善法をご紹介

 

毎月ブルーデーが近づくと憂鬱になる方も多いのではないでしょうか。生理痛の痛みや程度によっては家事やお仕事にも支障をきたすほど辛いものです。

今回はそんな痛みがひどい生理痛の原因と改善方法をご紹介します。

広告

 

生理痛のメカニズム

まず生理痛が起こるメカニズムについて確認していきましょう。

1.エストロゲンの過剰分泌

卵胞ホルモンであるエストロゲンが過剰に分泌されてしまうことで、排出すべき子宮内膜が外に出ていきにくくなってしまいます。それによって、黄体ホルモンであるプロゲステロンも分泌が増えてしまい、痛みを感じてしまうのです。

2.プロスタグランジンの過剰分泌

子宮を収縮させることで不要になった子宮内膜をはがして体外に排出する働きを持っているプロスタグランジンが過剰に分泌されると生理痛がひどくなります。

これはプロスタグランジンが、血管を収縮させる作用や痛みを強める働きを持っているためです。その為、プロスタグランジンが増えると冷えやだるさ、吐き気、頭痛、肩こり、腰痛といった生理時特有の不快感も起こります。

3.冷え症による血行不良

女性に多い冷え症も生理痛を引き起こす要因となります。冷房や身体を冷やす食べ物・飲み物などによる冷えだけでなく、身体を締め付ける肌着なども血流を阻害してしまいます。

同時に喫煙も血管を収縮させてしまうので、血流不足を引き起こしその結果、生理痛を誘発することがあります。

4.骨盤の歪み

足を組むなど左右非対称な姿勢をすることにより骨盤がゆがんでしまうことも生理痛の原因となります。子宮自体にねじれが起きたり、本来の位置にないことで機能低下を引き起こしてしまうのです。

5.ストレス

ストレスは自律神経のバランスを狂わせてしまい、生理痛の症状を強めてしまいます。

毎月襲うツライ生理痛!痛みがひどい原因や改善法をご紹介

 

痛みがひどい原因は?

生理痛が我慢できないほどひどい場合、また日常生活にまで支障をきたす場合は、月経困難症の可能性もあります。PMS症候群と間違われやすいのですが、PMS症候群は生理前に起こるの不快な症状なので月経困難症とは異なります。生理中には症状が出ないのです。

月経困難症は、2つのパターンがあり1つは子宮や卵巣などに異常がないにもかかわらず生理痛がきついケースのことで、先ほどご紹介した原因によるものです。

もう1つのパターンは、女性特有の子宮内膜症及び子宮筋腫などによるものです。これらの病気があると、生理痛もひどくなる傾向にあります。

またこれらの子宮系の病気の場合は生理痛だと勘違いしていると不妊を引き起こすこともあるので注意が必要ですよ。生理痛とともにレバー状の血液がでるなど気になる点があれば一度診てもらうといいでしょう。

広告

 

痛みを少しでも改善する方法

では、子宮などに異常がない場合に生理痛を改善させる方法をご紹介していきましょう。

1.下腹部、仙骨部を温める

特に子宮周辺の血流をあげてあげることが有効です。お腹よりも、お尻の割れ目の少し上あたりにある仙骨部を温めてあげるのが効果的です。同時におへその下あたりの下腹部などを湯たんぽなどでじんわり温めてください。

2.軽く身体を動かす

血流をあげる働きもあるのでストレッチをしたりウオーキングなどの軽めの運動を行うといいでしょう。また無理のない程度に骨盤を回すなどの体操も取り入れていくといいですよ。

3.布ナプキンを使う

市販のナプキンではなく、布ナプキンを使うこともお尻を冷やさず温めるので有効です。ついつい冷やしてしまいがちなお尻の血流を改善させることは生理痛の緩和におすすめです。

またかぶれや肌荒れなども起こりにくくなるというメリットもありますよ。

4.ツボを取り入れよう

生理痛改善に効く2つのツボを刺激する方法も効果的です。

1つ目は「血海」と呼ばれるツボで、血に関する不調を整えてくれます。場所は膝のお皿から横に指3本分上に位置する部位です。指でグーッと押圧を加えて刺激してくださいね。

2つ目は「三陰交」です。婦人系疾患に効果を表すツボです。足首の内側にあるくるぶしの骨から横に指3本上に移動させた場所です。ここも指でじんわり圧を加えてください。

一気に体重落としてキープ!土屋太鳳さん流ダイエットのやり方とは

 

食べ物で改善する方法

最後に生理痛に良いとされる食べ物をご紹介していきましょう。

鉄分を多く含むものがおすすめなので、プルーンなどがいいしょう。また発酵食品は身体を温める働きがあるので、納豆や豆腐、ヨーグルトなどがお勧めです。また血液をサラサラにする効果をもたらすクエン酸を多く含む梅やお酢の物も有効ですよ。

飲み物でいえば、身体を温める生姜ドリンクや冷えを持続して抑制するココアなども取りれたい飲み物です。発酵飲料である豆乳ももちろん生理痛に最適です。

逆に身体を冷やしてしまう可能性がある食べ物や飲み物などは避けるようにしましょう。

毎月やってくる生理の時は出来るだけ痛みや不快感がない状態で過ごしたいものですね。そこで、生理痛を促進させてしまう身体を冷やす行為などは排除し、出来るだけ身体を温められるように食べ物も生活も工夫しましょう。