妊娠中のインフルエンザ感染、赤ちゃんに悪影響はあるの?

妊娠中は通常よりも免疫力が低下しているため、風邪やインフルエンザにかかりやすいです。万が一、感染してしまったらお腹の赤ちゃんにはどのような影響があるのでしょうか?

今回は、妊娠中のインフルエンザ感染での赤ちゃんへの影響や予防法をご紹介していきます。感染に対する知識を高めて、慌てないようにしましょう。

広告

妊娠中はインフルエンザにかかりやすい

妊娠中はお腹の赤ちゃんの成長のために酸素や栄養分が胎盤を通して送られるため、栄養が偏りやすく免疫力が低下しやすくなります。そのため妊娠前よりも、風邪やインフルエンザに感染しやすくなります。

また、妊娠中はお腹の赤ちゃんに多くの酸素を送るため、自身の心肺機能にも余裕がなくなるためインフルエンザに感染すると治るまでに時間がかかり、重症化しやすくなると言われています。

実際に妊娠中の女性は妊娠していない女性よりも、インフエンザに感染し重症化した場合、集中治療室に入る確率が10倍も高くなるという統計が出ているため注意が必要です

妊娠中のインフルエンザ感染、赤ちゃんに悪影響はあるの?

妊娠中のインフルエンザ感染による赤ちゃんへの影響

咳による影響

万が一妊娠中にインフルエンザに感染しても、ウイルス自体は基本的にはお腹の赤ちゃんに影響しないと言われています。しかし、インフルエンザに感染して激しい咳が出る場合は、注意が必要です。

咳が出るとどうしてもお腹に力が入り、お腹が張りやすくなります。咳が続くとお腹が張りやすい状態も続くため、切迫早産のリスクが高くなる可能性があります

発熱による影響

インフルエンザの感染で高熱を出すと、当然羊水の温度も上昇します。発熱期間が短期間であればそれほど問題はありませんが、羊水の温度が上昇することで赤ちゃんの体内に熱が蓄積されやすくなるため、高熱が数日間続く場合何らかの影響が出る可能性があると言われています

広告

インフルエンザを予防する方法

1,予防接種を受ける

妊娠中のインフルエンザ感染を予防するためにも、予防接種がおすすめです。妊娠中予防接種をすることに不安を抱く方もいますが、ワクチンは副作用は起こりにくい不活ワクチンなので安心です。

予防接種を受けておくことで万が一、インフルエンザに感染しても重症化を避けることができるため、早産などのリスクを回避することができます。

また、妊娠中にワクチンを摂取することで胎盤を通して、お腹の赤ちゃんにも免疫力がつくと言われています。

一般的に、赤ちゃんがインフルエンザの予防接種が可能になるのが、生後6ヶ月以降と言われています。インフルエンザが流行しやすい時期に赤ちゃんが生まれる場合は、赤ちゃんの免疫をつけるという意味で予防接種を受けるのもおすすめですよ

2,人混みを避ける

人混みにいる時間が長くなるほど、インフルエンザに感染する確率は高くなります。インフルエンザが流行する時期は急用でない限りは、極力人混みを避けるようにしましょう。

外出するときはマスクをするのも忘れないようしましょうね。

3,徹底的なうがい・手洗いを

外出から帰ってきたらすぐにうがい・手洗いを心がけましょう。手洗いは指や爪の間もしっかり洗うようにし、洗った後はしっかりと水分を拭き取ります。

うがい・手洗いを徹底して行なうことでインフルエンザの発症率が大幅に低下すると言われています。妊娠中だけでなく、外出から帰ったときの日課にしましょうね。

妊娠中のインフルエンザ感染、赤ちゃんに悪影響はあるの?

妊娠中にインフルエンザになった場合の対処法

1,早めに医療機関を受診

十分注意していても、インフルエンザに感染してしまうことがあります。インフルエンザは発症から48時間以内に薬を服用することで重症化を防ぐことが出来ると言われています。異変を感じたらすぐに医療機関を受診するようにしましょう。

上のお子さんがインフルエンザに感染した場合は、妊娠中の感染を予防するためにも薬を予防内服すると良いとも言われています。お子さんの受診時に、合わせて聞いてみると良いでしょう。

2,湿度を調整する

少しでも早く回復できるように室内の湿度や温度を調整することも大切です。ウイルスは低温と乾燥した空気を好みます。室温は20度前後、湿度は40~70%を目安に加湿器などを利用して環境を整えましょう

3,水分と栄養補給

インフルエンザに感染してしまうと、食事を取る気力もなくなるかもしれませんが、早めに回復するためにもおかゆなど食べやすいものを口に入れましょう。

妊娠中であればカフェインの摂取を制限していると思いますが、インフルエンザに感染しているときは特にカフェインの摂取は控えましょう。カフェインには水分を分解する作用があります。脱水症状を防ぐためにもカフェイン以外の水分を積極的にとるように心がけましょう。

4,手洗い・うがいで重症化を避ける

起床時・食事の前後などうがい・手洗いを行ないましょう。感染しているから意味がないと思わずに重症化を防ぐためにも、こまめに行なうことが大切ですよ。

妊娠中のインフルエンザ感染は免疫力が低下しているため、通常よりも重症化する可能性があります。

予防接種を受けたり、徹底したうがい・手洗いなどを行いしっかりと予防しましょう。万が一感染してしまった場合も、慌てずに早めに医療機関を受診することが大切ですよ。