牛乳は本当に健康に悪い?それとも良い?

牛乳は本当に健康に悪い?それとも良い?

私たちが小さい頃は、
牛乳は健康に良いという風潮が
強かったと思います。

学校給食でも、
牛乳は必ず出てきていましたしね。

ただ、近年では、
牛乳は健康に悪いから飲まないと
おっしゃっている人がとても増えてきました。

・・・ですが、
本当に牛乳は健康に悪いのでしょうか?

牛乳が健康に悪いという風潮になったのは、
2005年に発売の
病気にならない生き方(著書:新谷弘実)
という本だと言われています。

広告


 

大腸がんの世界的な権威である新谷先生の本であり、
テレビ番組「世界一受けたい授業」などへの出演もあり、
200万部を超える大ヒットとなりました。

新谷先生の本で、
牛乳は健康に悪いというのが主張されております。

なぜ牛乳が体に悪いかを
事細かくここで書く事は割愛をさせていただきます。

ですが、
実は牛乳の不健康説を裏付ける研究は
未だに少ないということをご存知でしたでしょうか?

たとえば、牛乳と骨の関係性で言えば、
85%もの論文が「骨量の増加に良い」と報告しており、
マイナスの報告は1.4%ほどだそうです。

 

現状としては、
牛乳が優れた栄養食品であるという
資料やデータが大半を占めているというのが
事実なのです。

結論を言えば、
牛乳が健康になるから飲むとか
牛乳が不健康になるから飲まないというよりは、

好きなら飲む!
嫌いなら飲まない!

でいいのではないでしょうか?

一番良くないのは、
データが乏しい状態で、
あたかも正論のように振る舞うってことだと思います。

広告




広告


デイリー人気記事ランキング



広告

このページの先頭へ