二の腕を美しくするほっそりさせる筋トレの方法

二の腕をスリムにする方法として

「 ダンベルを使ったエクササイズ 」

はとってもポピュラーな方法です。

でも、ちょっと気になるのは
女性がダンベルを使って筋トレをすると

細くなるのを通り越して
ムキムキの二の腕になってしまわないか?

そんな心配です。

ムキムキになり過ぎず、
ほっそりとした二の腕になるための

ダンベルを使ったエクササイズを
ご紹介しましょう。

広告

ダンベルエクササイズ

女性は男性よりも筋肉がつきにくく
筋トレをしても簡単には効果が出ません。

もともとの筋肉の線維が細いので
男性よりも筋肉がつきにくいのです。

それに加えて女性ホルモンが
体脂肪を蓄える機能を活発にするので

女性の身体は脂肪がつきやすく、
柔らかさを維持できるのです。

でも脂肪でプヨプヨになった
二の腕を引き締めるためには
適度な筋肉は欠かせないのです。

ダンベルをつかった
エクササイズをすると

筋肉に負荷をかけるので
効率よく筋肉を鍛えられるわけです。

二の腕を美しくするほっそりさせる筋トレの方法

ダンベルエクササイズのやり方

ダンベルエクササイズのやり方は
ただダンベルを握って腕を上下させる
単純な動きだけではありません。

気になる部分へ効果的に
アプローチするためには

色んな角度から筋肉に負荷をかけるように
エクササイズを工夫しましょう。

シンプルなエクササイズでも
効果が得られるのが

ダンベルエクササイズの
メリットなので頑張ってみましょう。

まずは二の腕のタプタプを
解消するエクササイズです。

片腕ずつ交互にするエクササイズから
はじめてみましょう。

1.
肩幅に足を開いて立ち
ダンベルの端を握ります

2.
腕を上に真っすぐ上げます

3.
ゆっくり肘を曲げて
頭の後ろまで下ろします

4.
ゆっくりと肘を伸ばして上げる

この動作を15回行い、左も同様に
繰り返しましょう。

腕の裏側に負荷がかかっていることを
イメージしながら行います。

慣れてきたら左右の腕を
同時に行ってもいいですよ。

広告

ダンベルの選び方

ダンベルの重さは軽い物でも大丈夫です。

逆に重量の負荷をかけすぎると
筋肉を傷める危険もありますし、

無理して続けてムキムキになると
女性らしさが失われます。

適度な重量は1kg~2kg程度
までで十分です。

ペットボトルに水を入れて
ダンベルの代用にすると
好みの重さにできるので便利です。

水を入れるタイプのダンベルも
売っているので最初はそれで
試してみるといいかもしれませんね。

大きな負担にならないくらいのダンベルは
ウォーキングの時に持って歩くと

腕の振りによるカロリー消費を
アップさせてダイエット効果を高めます。

女性が持ちやすい小さいサイズのダンベルを
選んでみてはいかがでしょう。

参考動画