二重マッサージで、ぱっちりお目々になる7つの方法

一重のスッキリ切れ長な目も素敵ですが
重く見えてしまう、目力がいまいち出ない
などでお悩みではありませんか?

二重のパッチリした大きな目に憧れて、
メイクを一生懸命頑張ったり、アイプチやテープ、
最終的には整形する方もいらっしゃると思います。

メイクに時間や手間はかけられない、
かと言って整形はもっと抵抗がある・・・という方に
自力で二重に近づけたらいいですよね。

今回は、これを行ったら二重になれたと話題の
二重マッサージなどについてご紹介したいと思います。
一重の方、奥二重の方にも効果的です。

このマッサージで二重に近づけたら、
毎日のメイクの短縮や目元のメイクが楽しくなり、
目力も出るので目元に自信が持てそうですね!

広告

二重マッサージをやる前に・・・

一重の方が、二重に近づくには・・・

・まぶたの上の脂肪を取ること
・二重のラインのクセ付け
・二重のラインの定着

などが重要になってきます。

上まぶたの脂肪を流すイメージで行います。

これらを踏まえたマッサージ法と対処法をお伝え致します。

入浴中や入浴後の身体が温まっている時に、
行うと効果が高まるでしょう

マッサージ方法

1. ぱっちりお目目マッサージ

1.
両手を眉毛に当てます

2.
眉毛を動かさないように、目を見開いて5秒キープします

3.
眉毛を動かさないように、目を閉じて5秒キープします

4.
眉毛を動かさないように、目を強く閉じて5秒キープします
これを5セット行ってください。

 

2. 二重マッサージ

1.
眉下の骨を顔の内側から外側に向かって
3秒ずつ押します
これを5回繰り返します

2.
両手の中指を使って、
目の下の骨を顔の内側から外側に向かって
3秒ずつ押します
これを5回繰り返します

3.
こめかみを人差し指と中指で5秒押して、
鎖骨までさすります
これを5回繰り返します

3. 眉毛を指で挟むマッサージ

眉頭を親指と人差し指でつまむように
眉頭の肉をつまみます。

ギュッと圧をかけます。
眉尻に向かって横にずれていきます。

眉毛をつまんで圧をかけるを繰り返します。
反対側も行って下さい。

次に、人差し指で、目頭から目尻まで、
まぶたの上を眼球に沿って、スーッとなぞりながら
目尻に向かって引っ張ります。

この時、目尻に向かって引っ張りながら
二重の線が出来るように意識して下さい。

二重の線が出来たら、目尻で指を止めます。

そのまま固定して、
癖付けするような感じで数秒時間指を止めます。

4. 目の周りのマッサージ

両中指で両目の周りの骨に
圧をかけて押します。

1.
目尻から下まぶた、
目頭まで押しながら進んでいきます。

2.
眉毛の下の骨へ更に進みます。

3.
耳下腺リンパ節(耳後ろ)へ流します。

4.
目頭から下まぶたの骨に進みます。

5.
耳下腺リンパ節へ流します。

 

5. シャワーを使う方法

1.
目を閉じて、まぶたにシャワーを当てます。

2.
5秒離します。

3.
またシャワーを当てます。

これを繰り返します。

 

6. 温冷タオルを使う方法

1.
38〜41度位のお湯で温めたタオル
目の周りに約5分当てます。

2.
冷たいタオルを約1分当てます。

2〜3回繰り返します。

目の周りを温めて、
血行循環もよくなるのはもちろん
脂肪燃焼効果も期待できます。
目の周りが
スッキリしてきたのではないでしょうか。

継続すると、やがて二重になれたり、
目元がすっきりしてきたり、
今まで出来なかった二重の線が薄く出たり
何かしら変化を感じてくると思います。

 

7.二重まぶた美容液を使う

二重まぶた専用美容液「ドリーミンアイリッチ」は、
寝ている間に、二重を仕込むことができる美容液です。

朝起きて優しく落としてから、後はそのままメイクをするだけで
1日中、二重がキープされます。

寝ている間にあっという間に二重になることから、
お客様満足度は95%!

初回限定の全額返金保証制度もあるので、
まずはお気軽に試してみるのも良いと思います。

>>ドリーミンアイリッチの詳細を見る

 

二重マッサージで、ぱっちりお目々になる7つの方法

最後に、注意事項として

・まず、目の周りの皮膚はとても薄く、
目の周りの筋肉も細いので、
二重になりたいあまりに強すぎる力を加えないように行って下さい。

・マッサージクリームや化粧品を使いながら
マッサージする際は、
目に入らないよう気を付けて行って下さい。

・気持ちいい程度の強さで行って下さい。

・回数はあまりやり過ぎない程度に行って下さい。

・眼球に力を加えないように注意して下さい。

・蒸しタオルを使う際は、やけどには気をつけて下さい。

・右側なら右指、左側なら左指で行います。