冷え性おデブの方はすぐ実践すべし。温活であったかダイエット

就活、婚活、妊活など
様々な活動がある中、

 「 温活 」

という言葉をご存知でしょうか?

読んで字のごとく、
身体を冷やさないように
温める活動です。

昔から

「 冷えは万病の元 」

と言われます。

この温活は冷え性予防改善はもちろん、

ダイエット、免疫力アップ、
血行促進など、様々な効果があります。

温活とは

身体を温めて体温を上昇させ、
身体機能を高めて

健康や美容の維持や増進を目的
とした活動のことです。

広告

温活の効果

(1)代謝アップ

身体が冷えてしまうと
身体の末端にいくほど
血液が届きづらくなり、

基礎代謝や脂肪燃焼効果が
弱くなるのでダイエット効果が
出にくくなってしまいます。

身体が冷えることで
むくみも出やすくなります。

そこで体温を上げて
代謝が良くなることで、
ダイエット効果が出やすくなります。

(2)血行が促進される

血行が促進されることで
肌に栄養や酸素が行き渡り

美肌効果が期待出来るのと、
肩こりや腰痛などが緩和されます。

(3)免疫力アップ

基礎体温が1℃上がることで、
免疫力が上がり、
様々な病気にかかりにくくなります。

こんな方は要注意!

・脚のむくみをよく実感する
・首、肩などがよく凝る
・手や足先が冷たいとよく感じる
・お腹、お尻、太ももが触ると冷たい
・目の下にクマが出来やすい
・鼻の頭が赤い
・顔がほてりやすい
・お風呂で温まってもすぐ手足が冷たくなる
・いつも寒さを感じる環境にいる
・温めると凝っている部分ラクになる
・季節の変わり目は何となく身体が辛い

ほとんど当てはまるという方は
要注意です!

広告

温活ダイエットのやり方

身体を温めて
冷やさないようにすることで、
ダイエット効果を更に上げましょう。

以下の事を意識して守ってみて下さい。

1.冷たい飲み物は極力控える

冬は温かい飲み物を
飲むことは多くなりますが、

夏や暑い地域ではつい冷たい飲み物を
飲みたくなりますよね。

あまり冷えるという自覚がないので、
つい夏場は冷たいものを
飲んでしまいますよね。

冬は温かい飲み物、
夏場も温かい飲み物がベターですが、

せめて常温程度にして
冷たい飲み物は控えましょう。

2.身体を温める飲み物や食べ物を

夏に旬の野菜や果物は、
夏の暑い時期のほてった身体を

冷やす働きのある
野菜や果物が多いです。

トマト、キュウリ、ゴーヤ、
スイカなどの夏の野菜や果物の
食べ過ぎは気を付けましょう。

冬に旬の野菜や果物は、
寒い冬の時期の冷えた身体を

温める働きがある
野菜や果物が多いです。

白菜、ネギ、人参、生姜、
ニンニク、山椒、リンゴ、ミカンなどの

冬に旬の野菜果物を
しっかり摂りましょう。

また飲み物では、
ココア、紅茶、赤ワイン、

日本酒などが冷えた身体を
温めて代謝を促してくれます。

また、お料理や飲み物に
生姜を加えるととても身体が温まります。

3.お風呂で温まる

入浴時シャワーだけで
済ませていませんか?

39℃前後のぬるめのお湯に
20~30分程半身浴をします。

少し長めに入ることを
心がけてみて下さい。

また湯船から出たら、

膝下に冷水をかける、
また湯船に入る、
冷水をかけるを繰り返す、

という温冷方法を試してみて下さい。

足先がとてもポカポカ温まります。
冬場はこれをやるだけでポカポカが
長い間持続します。

4.靴下を履いて末端を冷やさないように

家で素足でいたくなりますが、
足が蒸れて不快にならない程度に
出来るだけ靴下を履きましょう。

冷え性おデブの方はすぐ実践すべし。温活であったかダイエット

5.お灸

鍼灸院に行くのもお勧めですが、
市販の貼るお灸を
買って行ってみるのも手です。

自律神経を整えてくれるツボに
お灸をすることで、
冷えにくい身体になってきます。

(1)合谷

手の親指と
人差し指の間の角の所にあるツボです。

(2)外関

手の甲から
手首より少し下がった位置にあるツボです。

(3)三陰交

内踝の少し上にあるツボです。

(4)太衝

足の親指と人差し指の間にあるツボです。

6.適度な運動

身体を動かすと温まるのは
誰もが経験していることですよね。

寒い、寒いと縮こまっていては
身体が温まりません。

外に出られるなら、
軽く準備運動をしてジョギングをする

もしくはスロージョギングといって
ジョギングまではいかない

ゆっくりしたスピードで
走ってみるのもお勧めです。

身体を温めて体温を上げるだけで、
様々な病気にかかりにくくなりますし

今までなかなかダイエット効果が
上がらなかった方も
効果が出やすくなります。

不妊症の方も妊娠しやすい
体をつくる為に

温活している方も多いくらい、
身体を温めることは重要なのです。

日々の生活で、まずは身体を
冷やさないようにする努力を
始めてみましょう!