冷え性女子におすすめしたい温活のススメ

冷え性ではありませんか?

美肌になる為の理想の体温
36.5度以上あると良いようです。

女性は特に気を付けなければなりません。

低体温になってしまうと、
内臓の働きが鈍くなってしまうだけでなく、

新陳代謝が悪くなり、むくみ、便秘、
手足が冷える、生理痛、生理不順、不妊、

頭痛、めまい、腹痛、身体のだるさ、不眠
などといった症状が出てきます。

また、お肌にも良くないのです。

身体に毒素が溜まってしまい、
汗もかきづらくなり、

吹き出物・ニキビ、お肌のくすみ、シミなど
美容トラブルも出てしまうのです。

身体を温める温活をしましょう!

温活とは、
あらゆる方法で身体を温めて、
冷えからくる症状を改善させることです。

広告

冷え性の原因

【 1.筋肉量が少ない 】

筋肉量が少ないと、
筋肉がポンプのように収縮することで

血液を手足から心臓に戻す働きが
弱くなってしまうのです。

血流が悪くなってしまうと、
当然「冷え」を起こしてしまいます。

女性は男性より筋肉量が少ないので、
その為冷え性に陥りやすいのです。

【 2.食べ物によるもの 】

冷たい飲み物や食べ物、
夏が旬の食べ物や暑い地域の食べ物は
冷え性の原因になってしまいます。

そんなに寒くないからと
冷たいものばかり食べると
一気に内臓の温度も下がってしまいます。

【 3.自律神経の乱れ 】

ストレス、睡眠不足、女性ホルモンの乱れ、
疲れなどで自律神経が乱れると、

体温や血流をコントロールする自律神経が
上手く働かなくなってしまうのです。

【 4.血流を妨げる衣服 】

身体を締付ける下着や
ジーパンなども血流を妨げて
冷え性の原因になってしまいます。

広告

温活の方法

身体を冷やさないよう温活を始めましょう!

1.身体を温める食べ物を食べましょう

温かい食べ物や飲み物を摂り、
冷たい食べ物や飲み物は避けます。

冬が旬の食べ物、寒い地域の食べ物
意識的に摂取して冷えを防ぎましょう。

身体を温める食べ物・・・

生姜、にんにく、にら、ネギ、唐辛子、
根菜類、黒豆、小豆、ヒジキ、カボチャ、
そら豆、玉葱、シソ、肉類、アジ、サバ、
イワシ、エビ、フグ、鯛、ザクロ
クルミ、、黒砂糖、ココア、紅茶、
山椒、シナモン、もち米などです。

2.身体を動かしましょう

いきなり激しい運動などはせず、
まずは日頃の行動を意識してみましょう。

一駅分歩く、ちょっとした時間に体操、
エレベーターを使わず階段を使う
などから始めてみましょう。

筋肉を動かすことで、
ポンプの役目をするので、
血液が体中を巡るので
身体が温まります。

筋肉量が増えれば、
当然基礎代謝もアップします。

手足が特に冷える方は、
手足指を意識的に動かしましょう。

3.身体を冷やさない格好をしましょう

ミニスカートなどの脚が出る服、
肩やお腹が出る服は
寒さを感じなくても
身体の内部は冷えてしまっています。

マフラーやストール、膝掛け、腹巻、
レッグウォーマー、手袋、タイツ・靴下
などで身体の熱を
逃がさないようにしましょう。

4.使い捨てカイロを活用しましょう

最近は様々なカイロが売られております。
使いやすいカイロを見つけ活用しましょう。

ツボをお灸の代わりに
カイロで温めるのも効果的です。

5.身体を温めるツボを押してみる

①気海(きかい)

位置
おへそより指2本分下にあるツボです。

効果
全身の血行を促します。

②合谷(ごうこく)

位置
手の人差し指と親指の骨が合流する所から
やや人差し指よりの窪んだところです。

押すとジーンと痛いところです。

効果
手足の冷えや肩こり改善効果があります。

③大椎(だいつい)

位置
首の後ろの襟があたるところで、
骨が出ている部分のすぐ下にあるツボです。

効果
全身を温めて、首や肩こりを軽くします。

④三陰交(さんいんこう)

位置
足の内踝の指4本分上にある、
骨の際にあるツボです。

効果
むくみ、下半身の冷え、生理痛・更年期障害
に効果的です。

⑤気端(きたん)

位置
足の全5指の先端がこのツボになります。

効果
足先の冷えに効果的です。

⑥湧泉(ゆうせん)

位置
足裏の土踏まずのやや上の中央部、
足の指を
曲げた時に凹んだ場所にあるツボです。

効果
むくみ、下半身の冷え、疲労回復
に効果的です。

6.お風呂に浸かってしっかり温まる

夏はシャワーだけで済ませてませんか?

夏も湯船に入って温まりましょう。

10分以上温まると
体温が1度上がると言われます。

体温が1度上がると、
免疫力が30%もアップするのです。

7.白湯も効果的

白湯!?って思うかもしれません。

ミネラルウォーターを飲む習慣がある方は
白湯に変えてみて下さい。

そうでない方も是非試してみて下さい。

白湯は、水を沸騰させて、

体温より少し熱めに(40~50度)冷まして
飲むだけです。

コツは朝起き抜けに飲むことです。

朝、コップ1杯の水を飲む感覚ですね。

朝一番に飲むことで、
胃腸が温まって代謝が良くなります。

36.5度以上の体温をキープ出来るよう
身体を冷やさないように
気を付けましょう!

参考動画