少しの手間でできる小鼻の黒ずみをとって美肌美人に!

小鼻のお手入れは、
顔の他の皮膚に比べて手がかかります。

毛穴の目立ちや皮脂のてかり、
そしてぼつぼつとした黒ずみ。

お化粧もなんだか映えないみたい。
そんな小鼻の黒ずみについて原因を知り、

こまめなお手入れを取り入れて、
黒ずみの解消をしましょう。

広告

小鼻が黒ずむ原因

顔の他の皮膚に比べて小鼻が黒ずむのは
皮脂の汚れが「貯まりやすい」ためです。

1.メイクや角質が貯まる

鼻の皮脂腺はとくに活発なので、
汚れやほこり、メイクによる酸化によって
いらないモノが貯まりやい場所です。

また皮膚のターンオーバーによって
角質は定期的に再生されていきますが、

いらなくなった角質を
落としきれないこともあります。

2.汚れが詰まる

落としきれていない汚れは、
どんどんと毛穴に詰まっていきます。

その結果として毛穴が大きく開きだし、
中に貯まった汚れが皮膚を刺激して
メラニンを生成し始めます。

メラニンは皮膚をダメージから守りますが、
皮膚を黒くする作用ももっています。

これらの繰り返しで、
小鼻はますます黒っぽくなっていきます。

3.洗顔がうまく出来ていない

表面の汚れと、毛穴に詰まった古い汚れ。

小鼻のまわりは

「 2重の汚れ 」

になりやすく、洗顔が重要になります。

表面の汚れだけを取り除く洗顔方法だと、
毛穴の奥の古い汚れを除去できません。

正しい洗顔方法を取り入れないと、
黒ずみはガンゴに蓄積されてしまいます。

古い汚れも落とす洗顔方法が
黒ずみ対策には必要です。

少しの手間でできる小鼻の黒ずみをとって美肌美人に!

正しい洗顔方法とは

表面の新しい汚れを落とす方法と、
古い汚れを落とす方法を紹介します。

1.表面の汚れを落とす

小鼻の表面は皮脂がよく浮き出てきます。
ファンデーションが酸化しやすく、
皮脂の汚れと一緒になります。

クレンジングオイルを手のひらにとり、
少し時間をおいてオイルを温めます。

人肌に温まったオイルを指にとり、
小鼻のキワからくるくる回します。

ちょっと変な顔になってしまいますが、
ぐっと下にむけて鼻の皮膚を伸ばして
皮膚の面積を大きくしましょう。

右側の鼻のキワをくるくるする指は、
反対側の左手で行います。

左右逆の指を使ってくるくるすると、
鼻のカーブによく沿うようになります。

オイルはしっかりと洗い落とします。

オイルが残ってしまうと
せっかくの洗顔効果が薄くなります。

2.毛穴奥の汚れを落とす

まず毛穴を大きく開くことが大切です。

シャワーで済ませている人なら
ぜひ湯船につかる習慣をつけましょう。

湯船につかって5分ほどすると
汗をかいて代謝も活発になります。

顔にも汗が流れるので
皮膚全体の毛穴もゆるくなり、
洗顔の絶好のチャンスです。

洗顔料はよく泡立てます。

もこもこに盛り上がった泡を
顔全体に「置く」ようにしましょう。

泡をつぶさないように意識しながら、
泡の表面で洗顔をしてみてください。

力をかけないことがポイントです。

鼻のまわりはくるくると泡で回します。
毛穴に泡が入っていくイメージです。

力をかけすぎると皮膚を傷めますので、
洗顔は優しく行ってください。

広告

蒸しタオルで毛穴をひらく

湯船につかる時間を取れない方なら、
蒸しタオルを使って毛穴を開きます。

適温のお湯を用意します。
タオルは絞りやすい薄めの物にしましょう。

お湯にくぐらせたタオルを絞り、
鼻のあたまに乗せて30秒。

鼻の皮膚がゆるむまで、
2~3回、繰り返して蒸してあげます。

毛穴が開いた状態になってから
洗顔を行ってみてください。

ちょっとの一手間で、
毛穴奥の汚れをよく落とせるようになります。

黒ずみケアについて

少しの手間でできる小鼻の黒ずみをとって美肌美人に!

洗顔をうまく行った後は
黒ずみケアを取り入れてみましょう。

1.オリーブオイルでピーリング

ピーリングは角質を落とすケア方法です。
週に1回が目安です。

バージンオリーブオイルが最適です。
手の平に適量のオイルをたらして、
人肌になるまで温めてあげます。

指先でオイルをとり、小鼻をくるくる。
力をかけずに、優しく行います。

オイルがすっかり馴染んだら、
最後に蒸しタオルで毛穴を開きます。

開いた毛穴から汚れも流れてきますので、
角質ケアと一石二鳥です。

2.専用のブラシでマッサージ

小鼻ケア専用のブラシも売られています。
細かい動きができる小さいなモノで、
ブラシ毛は柔らかいモノを選びましょう。

洗顔料を良く泡立てて、
肌を傷つけない程度の力で
小鼻のまわりをマッサージしましょう。

ただ、このような小鼻用ブラシは
清潔さを保つことが重要です。

洗顔後はブラシをよく洗い、乾燥させます。

ブラシ自体のお手入れを行わないと、
ブラシに雑菌が繁殖してしまいます。

ブラシに汚れが皮膚の炎症を引き起こすと、
せっかくのケアも台なしです。

専用のお道具は
こまめなケアも忘れずに行ってください。

3.エステで治療する

美容外科を利用する方法もあります。

(1)ケミカルピーリング

ケミカルピーリングでは
皮膚の表面を薄くはがして行われます。

古くなった皮膚をはがし、
肌のターンオーバーを促します。

その後はたっぷりとした保湿ケアで、
肌をしっかりと保護してあげましょう。

(2)レーザー治療

黒ずみの原因となるメラニンに
レーザーを当ててメラニンを破壊します。

皮膚の代謝もアップします。

人によってはレーザーに反応して、
ますますメラニンが生成される人もいます。

自分に合ってる治療法かどうか、
クリニックとよく相談するようにしましょう。