気になるデコルテにきびの原因と治し方

若い10〜20代の頃はTゾーンに主に出ていたにきびが、年齢と共にデコルテや胸の間に出来やすくなってしまいます。胸元の開いた服を着た時に鏡を見てハッとすることはないですか?

デコルテゾーンは顔と同様に皮脂分泌が多い場所で、にきびも出来やすいのです。

広告

デコルテにきびの原因

1.皮脂や汗が付着したままの時間が長い

特に胸の間は胸の大きい方にとっては汗が溜まりやすいです。

皮脂腺も多いので毛穴が詰まりやすく、特に背中やデコルテはにきびが出来やすいです。

2.身体を洗う時にゴシゴシ洗っている

汚れをしっかり落としたいからと、ナイロンタオルでゴシゴシ洗っていませんか?これも皮膚には刺激となります。

3.シャンプー・リンスなどがデコルテについたまま残っている

最後に洗髪をしていませんか?もしくは、シャンプーしてトリートメントをしているうちに身体を洗って最後にトリートメントを流しているなどないでしょうか?

一見、髪の為にしっかりトリートメントをしているようでも、身体にそれらが付着してしまい、それが刺激になっているかもしれません。

4.髪の毛がデコルテについて刺激になっている

微量に髪に付着している油分、整髪料、髪の毛の毛先がチクチクあたる刺激が原因になっているかもしれません。髪の毛に付着している化学成分は、洗ったつもりでもなかなか落ちていないことが多いのです。

5.衣服が清潔でない、衣服の素材の刺激

下着・インナー・衣服などに汗皮脂や雑菌がついている状態も原因になっています。化繊や通気の悪い衣服、チクチクする衣服などの刺激も良くないです。

6.紫外線による日焼けでのダメージ

日焼してしまうことによって、にきびの赤みが増したり、回復が遅くなってしまいます。また紫外線に当たると、にきびの原因にもなる活性酸素の発生も起きます。

7.脂肪分や糖分の多い食事

乳製品、油脂、脂身の多い肉なども更に皮脂を増やしてしまいます。ハーバード大学で発表された研究結果で、乳製品とヨウ素の過剰摂取はにきびを誘発するとの報告があったそうです。

糖分を摂り過ぎることで、分解する際に体内でビタミンB群が必要になります。脂肪を分解する際にもビタミンB群が必要になります。

特にB2は皮脂分泌を抑えてくれる働きがあるので、失われてしまうと皮脂分泌が盛んになってしまう結果になってしまいます。

気になるデコルテにきびの原因と治し方

8.洗剤や柔軟剤などによって

何をしてもどういうわけか背中や胸のにきびや湿疹が治らない・・・という原因の一つに、洗濯しても残りやすい洗剤や柔軟剤が、合わずに原因になっていることもあります。

9.何気なく手で触っている

胸元の開いた服を着た際に、気になって何気なく触ってしまったり、人目につかないように手でさりげなく隠そうと触る癖があるとなかなかこれも回復しない原因になってしまいます。

10.ボディクリームなど

つい身体が乾燥するからと、皮脂分泌の多い箇所までボディクリームをつけていませんか?皮脂分泌が多い場所に、更に油分が原因でにきびが増えやすくなります。

広告

デコルテにきびの治し方 12選

1.清潔なデコルテをキープ

汗皮脂が溜まって毛穴が詰まるようでは、にきびが発生してなかなか治りません。場合によっては、朝晩入浴して清潔にしましょう。

2.髪の毛が当たらないように

髪が長いなら束ねるなどしてデコルテにかからないようにします。

3.ホルモンバランスを崩さないようにしましょう

食生活、睡眠不足、ストレスなどで自律神経が狂い、ホルモンバランスも悪くなります。生活習慣を整えましょう。

4.身体を洗う際には肌に優しいもので

ゴシゴシ刺激の強いナイロンタオルで洗わなくても汚れは十分落ちます。綿のタオルで洗っても大丈夫です。もしくは、デコルテだけ手で洗うのもいいでしょう。

5.化粧水で保湿

デコルテはボディクリームは控えて、化粧水などで保湿しましょう。

6.日焼しないようにしましょう

日焼け止めはデコルテにきびがある時は刺激となるので、デコルテに紫外線が当たらないように衣服でカバーしましょう。

7.肌触りや通気性の良い綿素材の衣服を

通気が悪いと蒸れやすくなります。チクチクする衣服は刺激になります。綿素材が一番肌には優しくてお勧めです。

8.甘い物、脂肪分の多い食事は控える

脂肪分の多い食事は皮脂分泌を過剰にさせてしまいます。

気になるデコルテにきびの原因と治し方

9.しっかり寝ましょう

寝ている間ににきびの回復修復をしてくれます。最低6時間は眠れるようにしましょう。

10.入浴時は一番最後に身体を洗いましょう

微量に付着する洗髪時のシャンプーやリンスなどが、最後に身体を洗うことによって落とせるからです。

11.清潔な衣服、肌に触れるものは清潔に

なるべく着たら洗濯する、タオル、シーツなども何回も使いまわさずこまめに洗濯して清潔を心がけましょう

12.専用クリームを使用する

ニキビクリームはいろんな種類がありますが、意外にも(?)富士フィルムのニキビケア品はとてもおすすめです。富士フィルムというと「写真の会社だよね?」と思うかと思いますが、写真の会社で培ったナノテクノロジーを化粧品に応用しているのです。

大手メーカーだからこそできる、肌の深部にまでニキビの有効成分を浸透させる独自成分。医薬部外品として効果も認定されているので、まずは1週間のお試しセットをご利用してみてください。

>>富士フィルムのニキビ専用クリーム「ルナメア」の詳細はこちら

ルナメア

おわりに

ついつい面倒で、分かってるけど出来てないこともあります。そして、上記に挙げたことはしっかりやっているけど、なかなか改善されない時もあると思います。結婚式、デート、合コン、同窓会、歓送迎会など様々な会で人に胸にきびを見られたくないこともあると思います。

頻繁にやっては肌の為に良くありませんが、どうしても治らないときは、コンシーラーを薄くチョンチョンとつけると即効でカバー出来ます。治らない治らないとストレスを溜めず、最悪カバーすればいいやくらいの気持ちでいると精神衛生上ラクかもしれませんね。

参考動画