原因は4つ!お尻の黒ずみをキレイに解消するコツはこちらです

鏡の前に立ち、自分の体をチェックした時に、お尻に黒ずみを見つけてしまったらショックですね。お尻は日常的にチェックしたりしないので、気づいたら黒ずみが出来ていたという人も多いのではないでしょうか。

お尻の悩みは他の人に相談し辛いですし、かといってこのまま放っておいても綺麗なお尻には戻りませんよ。

今日はお尻の黒ずみの原因と対処法についてご紹介します。

広告

4つの黒ずみの原因

長時間座っていることによる圧力の影響

お尻には座骨という骨があります。この骨は座った体勢をとると丁度、座面とぶつかる位置にあります。ですから、長時間座り続けるとお尻が座骨と座面に挟まれた結果、圧迫され血流が悪くなるのです。血流が悪くなると、お肌のターンオーバーが乱れ、お尻の黒ずみの原因となります。

特に、座ってみて座面に当たる位置とお尻の黒ずみの場所が一致している場合には、これが原因と考えられるでしょう。

下着による締め付けや摩擦

お尻と太ももの境目やパンティーラインの黒ずみが気になる場合に考えられる原因はサイズが合わない下着の着用です。サイズの合わない下着を身に着けていると、下着による締め付けや、皮膚への摩擦が日常的に置き、色素沈着を発生させるのです。

サイズの合わない下着だけでなく、化学繊維製の下着も皮膚に摩擦ストレスを起こしやすいので注意が必要です。

ニキビなどの肌荒れや炎症

顔にニキビがプツンと出来た後、治った後もニキビ跡が残ってしまったなんていう経験はありませんか。そのニキビ跡が肌荒れによる色素沈着です。

通気性の悪い下着を身に着けていたことにより蒸れが発生しかぶれてしまったり、合わない石鹸やボディーソープを使用することにより肌荒れやニキビなどがお尻に発生するとそこから炎症を起こし、お尻に黒ずみとして残ってしまうのです。

皮膚の乾燥

洗顔後、お肌を保湿しないと、乾燥してしまい、お肌がゴワゴワしたりしますよね。それはお尻も同じです。皮膚内部の水分量が低下すると肌のバリア機能が低下し、ターンオーバーが乱れ、肌荒れや黒ずみの原因になるのです。

原因は4つ!お尻の黒ずみをキレイに解消するコツはこちらです

黒ずみの原因に合わせた解消法

クッションでお尻への負担を緩和

長時間座っていることによって発生する黒ずみにはクッションの使用がお勧めです。長時間座り続けることはお尻の黒ずみに良くないと言われても、仕事は毎日ですから避けることが出来ません。そんなときに役に立つのがクッションです。座骨と座面の間にワンクッション置くことにより、座骨による圧迫を和らげることが出来ます。

特に、痩せている人は座っているときに座骨の圧力の影響を受けやすいですので、是非クッションで緩和してあげましょう。

下着は天然素材の物を

ナイロン製やポリエステル製などの下着はデザイン的にも可愛らしいものが多いですが、お肌のことを考えるとお勧めはできません。肌荒れや蒸れをを防ぐ為にはコットン100%などの天然素材で出来た下着の方が汗を吸収し、肌の表面を快適に保ってくれます。

また、下着はサイズの合った物を身に着けるようにしましょう。動いたときに、足の付け根と下着が擦れるような感じがするのであれば、下着のサイズが小さい証拠ですので、ワンサイズ大きな物に変えましょう。

お尻はゴシゴシ洗わず、天然素材の洗浄剤で優しくケア

ニキビが出来るとまず患部を洗って、清潔にしてと考えますが、早く治したいからとゴシゴシ強くこするのは逆効果です。ゴシゴシ強くこすることにより肌のバリア機能を壊してしまうからです。

また、殺菌作用の強い石鹸は肌の乾燥を引き起こす原因になりますので、天然素材の洗浄剤を使用し、手のひらで泡立てた泡で優しく包み込むように洗いましょう。この際、すすぎ残しもニキビの原因となりますので、きちんと洗い流すよう心がけましょう。

お風呂上りは必ず保湿

保湿は肌荒れを防ぐだけでなく、ニキビ防止にも繋がります。また、乾燥している肌は肌本来のバリア機能が失われ様々な肌トラブルの原因になるのです。

お風呂上りにはお尻も忘れずに保湿するようにしましょう。

広告

黒ずみを予防するためには

お尻の黒ずみを予防するためには、お尻のストレスフリーを想像すると分かりやすいでしょう。

長時間同じ姿勢で座り続けることや、通気性の悪い下着を身に着けること、サイズの合わない下着で締め付けること、力任せにゴシゴシ洗浄したりすることは全てお尻にとってストレスのかかる行為ですよね。ですから、お尻にかかるストレスを軽減してあげるよう努力しましょう。

また、黒ずみ対策用のクリームを利用されると、さらに良いでしょう。中でもオススメなのは、美白クリーム「ピーチローズ」です。モンドセレクションを受賞していて、60日間の返金保証もついているのでとても安心です。

>>お尻の黒ずみ専用クリーム「ピーチローズ」の詳細はこちら

原因は4つ!お尻の黒ずみをキレイに解消するコツはこちらです

短期間で黒ずみを解消したい場合は

自分でケアしながらお尻の黒ずみを解消するには、根気よく長い期間ケアを続ける必要があります。ですから、どうしても短期間でお尻の黒ずみを解消したい場合や、黒ずみの色素沈着期間が長期間に渡っている場合などには病院で治療することも視野に入れると良いかもしれません。受診科は美容皮膚科または皮膚科が良いでしょう。外用薬の他に内服薬やレーザー治療など、様々な面から黒ずみに対するアプローチをしてもらえます。

ただし、お尻の黒ずみを病院で診てもらう場合には、保険の適用外とされる場合が多く、その場合には治療費が高額になりますので、心配であれば病院のHPで確認したり事前に問い合わせた方が安心ですよ。