危険な動脈硬化を阻止!血液サラサラ効果のある食べ物リスト

人間の血液はドロドロの状態とサラサラの状態ではどちらが健康でしょうか?もちろん血液サラサラの方が健康であり、ドロドロの方は良い状態ではないですよね。血液がドロドロ状態になる原因は、食生活の乱れなどの生活習慣です。

血液がドロドロになると血行が悪くなり血液を全身に行く渡らせることができなくなり、様々な病気にかかりやすくなります。特に動脈硬化に繋がりやすくなります。そこで今回は、血液をサラサラにすることにより健康になる方法をご紹介いたします。

広告

「血液ドロドロ」ってどんな状態?原因は?

元々、血液はある程度の粘性があります。血液の流れが正常の場合、たとえ粘性のある血液でもスムーズに体内を循環します。しかし、血液の流れが悪い状態で粘性が高くなると、血液はドロドロになってしまいます。

この血液がドロドロになる原因で考えられることは、以下のような生活をしている場合に起こることが考えられます。

・お肉や揚げ物を多く食べる
・外食が多く、塩分を摂りすぎている
・野菜を摂らない
・糖分の摂りすぎ
たばこを1日に10本以上喫煙する
・毎日のアルコールを摂る量が多い
生活が不規則
・夜遅くまで起きている

以上の様な生活をしていると、血液がドロドロになるばかりでなく、健康状態を維持することが難しくなります。

危険な動脈硬化を阻止!血液サラサラ効果のある食べ物リスト

血液サラサラ効果のある栄養素はコレ!

では、このドロドロの血液をサラサラにする効果のある栄養素とはどのようなものがあるでしょうか?主なものをご紹介しましょう。

1.DHA・EPA

魚類に含まれている不飽和脂肪酸にはDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)には中性脂肪を低下させる作用があります。DHAは血管と血液をしなやかに、悪玉コレステロールと中性脂肪を減少させます。

また、EPAは血液中の総コレステロールや中性脂肪を減らします。血小板の固まりを抑制し、血栓を作りにくくします。もちろん血液をサラサラにして動脈硬化を防ぎます。

2.硫黄化合物

抗血栓作用・コレステロール抑制作用・抗酸化作用で血液をサラサラにする効能があり、血栓や動脈硬化の予防を行います。

3.ナットウキナーゼ

このナットウキナーゼと言う栄養素は、名前通り納豆が持つ栄養素で、ナットウキナーゼ自身が血液中に吸収されることで血栓を溶かす働きをし、血液をサラサラにします。

4.食物繊維

食物繊維を食べることにより、腸内環境を良くすることは多く知られていますが、腸内の悪玉菌を排出させる効果により血液中に吸収されるコレステロールを抑制して血液をサラサラにします。

5.必須アミノ酸

赤血球の膜をやわらかくする効果があり、これを赤血球変形能改善作用と言います。この作用で血液がサラサラになり、血液が手足の末端まで行き渡りやすくする効果があります。また抗血栓作用で、血栓を作りにくくして
血液がサラサラになる手助けもしてくれます。

6.ポリフェノール

活性酸素を取り除き、コレステロールや中性脂肪と結びつきます。それにより血液をドロドロにしたり動脈硬化の原因となる過酸化脂質になるのを防ぐ作用をします。

7.クエン酸・酢酸

赤血球をやわらかくする効果や、血小板の凝集を防止する効果があります。これらの作用により細い血管の中でも赤血球が柔軟に形を変えることができるので、血液がスムーズに流れてサラサラになります。

広告

血液サラサラ効果のある食べ物リスト

血液をサラサラにするにする効果の有る栄養素を含んだ食べ物を、意識的に食べるようにすることで、動脈硬化を阻止することができます。毎日の食べ物に取入れると良い食べ物をご紹介します。

1サンマやサバ、イワシなどの青魚.

DHA・EPAは体内で合成することができませんので、多く含む青魚など食べ物から摂取しなければなりません。

2.たまねぎ・にんにく

たまねぎやにんにくが持つ硫黄化合物と言う栄養素は、血液をサラサラにする効果が高いのですが、にんにくなどはニオイが強いので食べることを避ける人もいますね。ニオイが気になるような人には、ニオイ対策のしてあるサプリメントで摂取する方法もあります。

3.納豆

納豆には色々な薬効がありますが、特にナットウキナーゼによる血液サラサラ成分は大変強力な栄養素です。

4.食物繊維

食物繊維を多く含んでいる食べ物は、野菜・くだもの・きのこ・海草類・豆類など多くの種類があります。野菜不足の人も多いですが、食物繊維には、健康維持する腸内環境を良くする効果があります。意識して多く摂るようにしたいものです。

5.黒酢・もろみ

必須アミノ酸を多く含む食べ物として、黒酢やもろみなどがあげられます。体内で悪い働きをする悪玉コレステロールノミを減らし、血管内のコレステロールを少なくする効果があります。

6.赤ワイン・ブドウ・黒豆

赤ワインにポリフェノールが多く含まれているのは知られていますが、他にもチョコレートにも含まれています。チョコレートの食べ過ぎは体重増加の心配がありますが、ポリフェノールを多く含む食べ物は、血液サラサラ作用だけではなく女性ホルモンへの効能もあり多く摂りたい食べ物です。

7.梅干し・酢・レモン

酸っぱい食べ物に多く含まれているクエン酸や酢酸は、体に吸収されにくいとされている鉄やカルシウムなどの吸収率を上げる効果もあり、特に夏場に多く摂りたい食べ物です。

血液をサラサラにしてくれる栄養素を多く含む食べ物を、毎日の食事で多く摂りたいものですが、継続して摂り続けることは中々難しいことですね。手間が掛からないサプリメントなどを活用するのも良い方法です。

また、水分を十分に摂ることも血液をサラサラに保つには必要なことです。小まめな水分補給を忘れないようにしましょう。

危険な動脈硬化を阻止!血液サラサラ効果のある食べ物リスト

血液サラサラの効能とは

血液サラサラにしてくれる食べ物を摂ることで、体にどのような良い効果があるのでしょうか?もちろん血栓や動脈硬化予防に繋がりますが、他にも色々な症状を改善することで健康により良い影響を与えることができます。

たとえば、血液サラサラで血行が良くなり肩こりや冷えが改善されますし、老廃物を処理する機能がスムーズに働き疲れが貯まらなくなる、脳に血液が回るようになるので仕事や勉強が捗るようになるなどが挙げられます。

普段から、血液をサラサラにする食べ物を多く摂り、適度な運動を行うなどを意識的に行うようにしましょう。