Aカップからバストアップする7の方法

バストが小さいと悩んでいる女性は多いですね。実は遺伝とあきらめていた小胸もバストアップさせる方法があります。そこで今回は小さなAカップをバストアップする方法をご紹介いたします。

貧乳になるのはなぜ?

バストに自信のない女性は貧乳という言葉を聞くとドキッとしませんか?母親のバストが小さいから遺伝で・・・という方も多いと思いますが、昔は大きかったのにいつの間にか小さくなっていたという方もいますね。貧乳の理由を見ていきましょう。

女性ホルモンの分泌が妨げられた

バストは思春期、第二次成長期に大きくなります。これは女性ホルモンの影響によるもので、しっかり女性ホルモンが分泌されていればバストは大きく成長します。

ところがこの分泌がさまたげられると、バストは大きくなりません。その要因とは、部活動での激しい運動、学校でのストレス、勉強に対するプレッシャー、家庭環境の影響などがあります。

思春期には女性ホルモンの分泌を妨げる、ストレスなどがたくさんあります。

生活要素

母親のバストのサイズが子供に影響を与えるイメージは大きいですが、実は遺伝要素は30%ほどといわれています。つまりほとんどは生活要素によるものです。

ストレスと上手に付き合って、規則正しい生活を送っているかが重要です。

痩せすぎている

バストは90%が脂肪です。そのため、痩せすぎて脂肪がないとバストになる材料がありません。過度なダイエットをすると、脂肪のあるバストから痩せていき、そのまま戻らなくなります。

栄養バランスのとれた食生活や運動を意識し、過度なダイエットは控えましょう。

Aカップからバストアップする7の方法

バストアップの仕組み

大人になってもバストアップは可能です。

バストは90%の脂肪と、クーパー靭帯、乳腺からできています。バストアップには脂肪を付ければ良いのでは?と思うかもしれませんが、それは間違いです。太って脂肪を付けたとしても、その脂肪が都合よくバストだけに付くかはわかりません。

バストの脂肪の量を決定しているのは乳腺です。

乳腺は母乳を作る分泌組織で、女性ホルモンのエストロゲンによって増殖し、プロゲステロンによって発達します。乳腺には女性ホルモンは欠かせない存在なのです。

乳腺が増えると脂肪も増えます。その割合は乳腺1に対し脂肪が9。つまり女性ホルモンを効果的に増やすことで、脂肪も増え、バストアップができるのです。

バストアップする方法

貧乳だからといってあきらめていては、いつまでもバストに自信がないままです。積極的にバストアップしていきましょう。

大豆製品を摂取する

豆腐や納豆などの大豆製品には、女性ホルモンと同様の働きをする大豆イソフラボンが豊富に含まれています。積極的に大豆製品を摂取することで、女性ホルモンを補うことができます。

豆腐や納豆、油揚げ、味噌、大豆、しょう油などの大豆製品を摂り入れていきましょう。

バストアップサプリを利用する

プエラリアが配合されたバストアップサプリを利用するのも効果的な方法です。たくさんのバストアップサプリがありますが、品質の良いものを選ぶことが大切です。

効果・金額の面からおすすめのものをいくつかご紹介します。

【1位】LUNA(ルーナ)
料金 特別価格500円/通常価格8,980円
返金 全額返金保証可

女性の月のリズムによって2種類のサプリを飲み分けます。女性の身体について徹底的に考え抜かれているのが特徴です。90日間の全額返金保証制度もあり、モンドセレクション金賞も受賞している、コストパフォーマンスが非常に良いサプリです。
【2位】ベルタプエラリア
料金 特別価格6,980円/通常価格14,960円
返金保証 なし

楽天市場、Steadyで1位を獲得し、モンドセレクションでも3年連続金賞を受賞したサプリ。タイ国からAAAランク(最高値)を認定された、純正100%のプエラリアを使用しているのが特徴です。またマッサージ用ジェルもセットになっているため、身体の内外からサポートをしてくれます。
【3位】グラマラスリム
料金 特別価格1,843円/通常価格6,296円
返金 全額返金保証可

価格重視の方におすすめしたい一品。ただ、リピート率が90%もあり、返金保証にも対応していることから、製品としての質はとても高いと言えます。スタイルアップしながらダイエット効果も期待できます。

正しい下着を選ぶ

下着のサイズ選びが間違っているとバストが崩れる原因になるのと同じように、正しいサイズの下着と正しい付け方をすることでバストアップ効果が期待できます。

ネットなどで購入するよりも、店員さんにサイズをきちんと毎回測ってもらって購入するのがベストです。

バストマッサージをする

バストマッサージはバストだけでなくバスト周辺のリンパもマッサージしますから、血行が良くなって老廃物が排出されます。血行不良や老廃物がたまっていると、バストに必要な栄養や酸素が行き届きません。

バストマッサージの方法が間違っていると、逆に貧乳を助長させることになるので、正しい方法でマッサージをしましょう。

睡眠をしっかりとる

女性ホルモンの分泌には、良質な睡眠は欠かせません。分泌が活発になるのは、夜10時から2時のゴールデンタイムです。この4時間に熟睡していることが大切です。

良質な睡眠は、バストアップだけではなく美肌や美髪のためにも大切です。

大胸筋を鍛える

大胸筋はバストを支えている筋肉です。大胸筋を鍛えることでハリを失ったバストを持ち上げる効果が期待できます。バストのボリューム自体が変わるわけではありませんが、バストの位置が上がったり、胸に厚みがでることで大きく見せることができます。

栄養バランスの良い食事をとる

忙しいと食事の内容はいい加減になりがちです。空腹を満たすことについ意識が行きがちで、その内容は二の次になってしまいますね。バストアップには大豆製品だけでなく、タンパク質や炭水化物など、栄養バランスのとれた食事をすることも大切です。

Aカップからバストアップする7の方法

バストアップは継続することが大事!

どんなバストアップ方法でも、1日や2日でバストアップさせることはできません。毎日実践しつづけることで、徐々に大きくなってくるので、諦めずに続けていきましょう。

バストアップを意識した生活をしていると、バストを大きくするだけでなく、加齢による下垂を予防する効果もあります。美しいバストでい続けるためにも続けることが大切ですよ。