【ずっと仲良くしたい】夫婦のスキンシップの効果と6つの方法

夫婦のスキンシップ、とれていますか?夫婦生活が長くなれば長くなるほど、気付かないうちにスキンシップをとらなくなっている夫婦が多いのが現実です。結婚したころは、ずっと仲良くと思っていたはずなのに、子供ができると夫婦関係も微妙に変化します。

ですが、夫婦がずっと仲良くいるためには、スキンシップは必要不可欠ともいえます。夫婦のスキンシップにはどのような効果があるのか、その方法をご紹介いたします。また、スキンシップ以外にもやっておきたいことなども併せてご紹介いたします。

広告

夫婦のスキンシップが持つ効果

夫婦のスキンシップには、スゴイ効果があったのです。

愛情の確認

スキンシップをとることで、お互いの愛情を確認できるだけでなく、信頼する気持ちが大きくなります。パートナーの愛情を実感することで、自分の相手への愛情も大きくなり、夫婦の絆を深めることができます。

安心感を得られる

スキンシップをすると、オキトシンというホルモンが分泌されます、このホルモンが分泌されることで、夫婦感の愛情や信頼感が深まり、安心感を得ることができます。

事故やケガ予防

パートナーが出かける前に、玄関先でスキンシップをとることで、出先での事故やケガの予防になります。実は、これは医学的にも証明されていることなので、パートナーを守る為に、出かける前にはスキンシップを欠かさないようにしましょう。

ストレスを解消できる

好きな人とスキンシップをとると、なんだかとても安心感を得られますよね。スキンシップはストレスまでをも解消してくれる効果があります。

セックスレスを防止できる

最近は、夫婦間のセックスレスが離婚につながるケースも増えています。特に出産をすることでレスになる夫婦が多く、スキンシップさえも少なくなっていく傾向があります。日頃からスキンシップをとることで、お互いの愛情を確認でき、信頼度もアップします。つまり、セックスレスを防止する効果もあるのです。

【ずっと仲良くしたい】夫婦のスキンシップの効果と6つの方法

どんなスキンシップの方法がある?

実際にみなさんがされているスキンシップをいくつかご紹介いたします。

マッサージする

お互いにマッサージのしあいっこをするというものです。日頃の疲れをたまには癒しあいっこしてみませんか。他のスキンシップと違って、とても自然にできます。

手をつなぐ

小さいお子様がいるとなかなか難しいですが、外出した時でも、ほんの少しでも手をつないでみませんか。なんだか恥ずかしいという方には、お家でのんびり過ごしている時に、隣に座って、手を添えてみるのもいい方法です。

ハグする

ただいま、おかえりなさい、その度に軽くハグするというものです。その他の時でも、冗談っぽくハグしてみたりするのもいい方法です。

キスする

本格的なキスではなく、フレンチキスという軽いもののことです。朝出かける時、帰宅した時、寝る時、挨拶代わりにフレンチキスをするのはとてもいい方法です。外国ではキスは挨拶代わりです。そう思えば、恥ずかしいこともないのではないでしょうか。

一緒の布団で寝る

小さいお子様がいて、川の字になって寝ていたとしても、一緒の布団で寝るということ、寝室は一緒にするということはとても大切です。お子様をはさんで少し距離があるかもしれませんが、寝る前にギュッと手を握ったりするのも一つの方法です。

頭をなでる

これはとても癒されます。この方法は、男性から女性にする方法です。女性は頭をなでられると、とても心が癒されますし、なでられて不快に思う女性はあまりいないのではないでしょうか。さりげなく頭をなでながら「いつもありがとう」と言ってあげてください。それだけでも日頃の疲れやストレスが緩和されます。

広告

スキンシップ以外にもやりたいこと

お互いに感謝する

この気持ちはとても大切です。夫に対しては「いつもお仕事ありがとう」「家族の為にありがとう」という気持ちを。妻に対しては「いつも家事や育児ありがとう」「家族みんなを支えてくれてありがとう」という気持ちを持ちましょう。

何もなくても、お互い相手に対して「ありがとう」と言葉にしてきちんと感謝の気持ちを伝えるようにしましょう。

会話の時間を持ちましょう

夫婦仲良くいる為には、会話することがとても大切です。子供ができると子供の事ばかりになりがちですが、たまにはお互いの近況や、思いを話してみるのもいいのではないでしょうか。

喧嘩をする

喧嘩をしたくないから我慢する。言いたいことを言わない。そういうことを繰り返していると、いつの間にかすれ違ってしまい、ストレスもたまってしまいます。たまには言いたいことを言い合って喧嘩をするのもいいものです。お互いをなじりあったり傷つけるのはよくありません。

ですが、普段は言えないような気持ちをぶつけあうことで、お互いの事をもっと知ることができますし、良い夫婦関係を続けていく為に、自分が変わらないといけない所もみえてきます。

思いやりの気持ちをもつ

夫婦円満でいる為には、これは欠かせません。お互いを思いやる気持ちがなくなってしまうと、夫婦ではなく同居人のように感じてしまうことも。

二人でおでかけ

デートですね。お子様がいるとなかなか時間がとれませんが、たまには旦那様に仕事を休んでもらって、お子様が学校に行っている時間、デートしてみてましょう。夫婦という関係に変化したとしても、恋人のように過ごす時間があるだけでいい刺激になるでしょう。

【ずっと仲良くしたい】夫婦のスキンシップの効果と6つの方法

夫婦仲良くいるには努力が必要?

夫婦いつまでも仲良くいる為には、お互いが努力しないといけません。子供ができたらなおさら、努力が必要です。お互いを思いやり感謝する気持ちを忘れず、二人でいろんなことを会話する時間をとるようにしましょう。

「好きという気持ちだけで結婚生活は続かない」といわれていますが、相手に対する愛情がなければ、絶対に続きません。夫婦になっても親になっても、男と女であることを心にとどめておくようにしたいですね。