またずれでできた黒ずみをきれいにケアするためには?

普段意識しないとなかなか見ない股の黒ずみ。

ふとした時に見てみたら、
黒ずんでいた・・・なんてことも。

これ、またずれで出来るものがほとんどなのです。

水着になった時に恥ずかしい!
人にでも見られたらこれはみっともない!

原因と対策はあるのでしょうか?

広告

そもそもまたずれが起こる原因は?

股の黒ずみの原因であるまたずれ、
なぜ起きてしまうのでしょうか?

洋服のズボンの股付近を見てみて下さい。
内側が擦れて布が薄くなっていませんか?

それがまたずれしている証拠です。

黒ずむ原因として他には、
下着の擦れ、女性なら生理ナプキンの
摩擦などが考えられます。

ゆったりしたボトムよりは、
ピッタリしたパンツスタイルのほうが
発生しやすくなります。

歩いたり、走ったり、自転車を漕ぐことで
股がすれてきて、またずれが発生します。

太っている人も摩擦が出やすくなるので、
要注意です。

またずれで黒ずみができるメカニズム

先程のまたずれが頻繁に起きると、
皮膚が擦れて色素沈着を起こします。

摩擦黒皮症という色素沈着が起こります。

特に、汗をかいて皮膚が湿っていると、
摩擦が強くなります。

なぜ色素沈着が起きてしまうかというと、
肌の内部にはメラノサイトという物質があり、

皮膚が擦れることで皮膚を守ろうと、
メラノサイトが活発に働いて
メラニン色素をたくさん作り出してしまうのです。

通常なら、肌のターンオーバーによって
垢となってこの黒ずみも落ちていくのですが、
メラノサイトの働きの方が
活発で追いつかず黒ずみやすくなります。

また、女性の場合は
妊娠出産でホルモンの影響で
色素沈着が起きやすくなります。

紫外線、ストレス、生活習慣の乱れ、
ホルモンバランスの乱れ、加齢などで
起きやすくもなります。

またずれ予防

またずれでできた黒ずみをきれいにケアするためには?

普段またずれさせないようにすることで、
皮膚が黒ずむ色素沈着を防ぎます。

1.滑る素材のインナーを穿く

スポーツ選手が穿くような
ツルツル滑る素材のインナーがあります。
それを穿くと直接皮膚を擦らないので
またずれによる色素沈着の予防になります。

2.皮膚をサラッと保つ

汗をかいて皮膚が湿った状態で摩擦が起きると、
摩擦が強く起きやすくなるので、

ベビーパウダーなどのパウダーを
部分的にはたいて皮膚をサラッと
保つと良いでしょう。

3.太らない

太ってふとももが擦れるようになると、
摩擦が起きやすくなるので、
内太ももがこすれないくらいに
太もももスッキリしているのがベストです。

4.保湿クリームを塗る

肌の滑りを良くし、
摩擦が起きにくくなるように
ワセリンなどの保湿クリームを
またずれしやすいところに塗ります。

馬油もお勧めです。

馬油はターンオーバーを
正常にしてくれる効果があるので、
色素沈着した黒ずんだ皮膚を
肌表面に押し出して排出させやすくしてくれます。

広告

またずれによる黒ずみの改善法

1.黒ずみケアクリームを使う

デリケートゾーン専用「ハーバルラビット」を使うと良いでしょう。

ハーバルラビットは
黒ずみ専用の美白クリームとして4冠を達成していて
タレントやモデルさんにも人気の実力派クリームです。

プラセンタエキス成分が配合されており、
黒ずみの原因であるメラニンの生成を抑制し、
新陳代謝を促すことでキレイな肌を再生します。

デリケートな部分に使用をするので
お肌に合うのか心配な方も多いと思いますが、
60日間の返金保証制度があるので使ってみて合わないと思った時は
返金対応をしてくれます。

緑
>>「ハーバルラビット」の詳細はこちら

2.美容皮膚科などで治療

(1)レーザーを用いた治療

股の黒ずみに有効な治療法の一つに、
メラニン除去効果のあるレーザーを使うことで、
黒ずみが改善されていきます。

(2)薬剤による治療
塗り薬によるもので、
自宅でこれは指示された通り塗る方法です。

よく使われるのが、
トレチノインとハイドロキノンです。

トレチノインはビタミンA誘導体の一種で、
肌のターンオーバーを促して
シミを排出させやすくしてくれる効果があります。

ハイドロキノンはシミを作り出す酵素を抑え、
シミを作らないようにしてくれます。

今あるシミを排出し、
シミを予防する効果があります。

この2つの薬を併用すると効果が高まります。

もしどちらかというなら、
ハイドロキノンがおすすめです。

トレチノイン単体使用はお勧めできません。
医師から処方されたものを使いましょう。

個人輸入のものも売っていますが、
自己判断で行うのは、
使い方を間違えたら
逆効果になることもあります。

またずれでできた黒ずみをきれいにケアするためには?

3.ビタミンCの摂取を

出来てしまった黒ずみには、
メラニン色素を抑制する効果のある
ビタミンCの摂取をお勧めします。

野菜や果物をしっかり摂ったり、
スムージーにして摂るのも良いでしょう。

出来るだけ生で摂ることで、
酵素も一緒に摂ることで
ターンオーバーを活発にしてくれます。

4.デリケートゾーンの脱毛をしてみる

これはサロンによりけりかもしれませんが、
エステで光脱毛をすることで、
色素沈着が徐々に薄くなっていきます。

脱毛と黒ずみ改善のW効果なら嬉しいですよね。

黒ずみがあると、光脱毛出来ないのでは?
と思うかもしれません。

一般的な黒ずみ程度ならOKのところも多いようです。

またずれの黒ずみ、
人に見られたくないですよね。

黒ずんでいると、
不潔っぽく遊んでいそうと思われると損ですよね。

そんなに人に見られる場所ではないので、
結構自己満足が強く出る場所のようです。

でもやはり黒ずんでいるよりは
肌色の方が断然いいですよね。

改善は出来るので、
気になる方はぜひ試してみて下さい。