【化粧崩れ撃退】ファンデーションが浮く5つの原因と予防法

化粧のノリがイマイチ、朝は完璧だったのにお昼や夕方にはファンデーションが浮いてしまう、そんな悩みはありませんか?

なぜファンデーションは浮いてしまうのか、その原因と共に解決法についてご紹介します。

広告

ファンデーションが浮く原因は?

ファンデーションが浮く原因の一番大きなものは「皮脂」です。

ファンデーションは肌に塗り密着させるものですが、時間が経つと肌とファンデーションのすき間に皮脂が入り、ファンデーションが浮いた状態になるのです。こうなるとファンデーションは肌に乗らず、流れてしまいます。

健康な人であれば、誰でも皮脂は出ますので、ファンデーション浮きは誰にでも起こりえます。そのため完璧に浮かないようにするのは難しいでしょう。しかし皮脂が出やすい油性肌というだけではなく、ファンデーションが浮いてしまう原因は他にもあるのです。

【化粧崩れ撃退】ファンデーションが浮く5つの原因と予防法

皮脂以外にも?ファンデーションが浮く原因

皮脂の分泌が多い油性肌でもないのに、ファンデーションが浮くという悩みを持っている人も多いはず。皮脂以外にも、ファンデーションが浮く原因はあります。

○肌のきめが悪い

肌のきめが粗い、またきめがない場合にもファンデーション浮きが起こります。肌が不安定な状態なので、ファンデーションの重ね塗りなどをすると、さらに肌が悪化する原因となります。

○乾燥肌である

肌が乾燥していると、逆に皮脂の分泌が多くなるため、ファンデーション浮きの原因になるのです。乾燥肌は、肌のきめが粗くなったり肌荒れしやすいため、そもそもファンデーション自体が上手く乗らないことが多いです。

○基礎化粧品の塗りすぎ

保湿ケアや日焼け止めのクリームが、逆にファンデーションのノリを悪くしていることがあります。さらにファンデーションと乳液やクリームとの相性がよくない場合もありますので、化粧品を見直すことも必要です。

○ファンデーションが肌に合っていない

「私は油性肌だから…」と思っていたけど、実は乾燥肌だった、ということもあります。年齢や生活する環境でも、肌の状態は変化します。自分で思い込んでいることもあるので、化粧品コーナーなどで肌チェックをしてもらうのもおすすめです。

広告

ファンデ浮きの予防法~スキンケア・生活習慣~

ファンデーションを浮かせないために大切なのは、肌の状態が健康であることです。

皮脂が通常の分泌より多くなっている原因としては、乾燥肌による皮脂の過剰分泌、ストレスや不摂生から皮脂の分泌が多くなっている可能性も考えられます。

まずは肌のターンオーバーを正常に戻すことから始めましょう。

肌についた皮脂や汚れを、毎日の洗顔でしっかり落とします。熱いお湯は肌に必要な皮脂も洗い流してしまうので、ぬるま湯で優しく洗います。

その後冷やして毛穴を引き締め、化粧水や乳液でしっかり保湿しましょう。

週に1度はピーリングなどで角質ケアを行い、うぶ毛の処理もします。こちらも処理をした後はしっかり保湿します。

肌のターンオーバーを正常に戻すためには、肌ケア以外にも毎日の生活の改善も大切なことです。

不規則な生活を改め、しっかり睡眠を取りましょう。また栄養バランスの取れた食事をきちんと3食取る、お酒やタバコを控える、入浴はシャワーなどで済ませず、しっかり湯船に浸かってぬくもるようにします。間食もスナック菓子などは皮脂の分泌を促進してしまいますので、注意が必要です。

毎日軽い運動をして、体全体の血流をよくすることも、肌によい刺激となります。

【化粧崩れ撃退】ファンデーションが浮く5つの原因と予防法

ファンデ浮きの予防法~メイク~

肌の改善と共に、メイクの時にも一工夫することで皮脂浮きが防止できます。

○化粧下地をしっかり塗る

下地をしっかり作らずにファンデーションを塗ると、ファンデーション浮きの原因となります。塗りすぎないよう薄くのばしましょう。

○メイクの前に肌のべたつきや濡れを抑える

ファンデーションを塗る前に、ティッシュで顔全体をおさえます。こうすることで余分な皮脂や水分を取り除くことができます。

○ファンデーションは薄く塗る

ファンデーションを塗る時は、顔の中央から外側に向かってなじませます。こうすると顔のリンパの流れに沿い、なじみがよくなります。大量のファンデーションはよれの原因にもなります。面積の広い額、頬、あごを先に塗り、細かい部分を塗っていきましょう。

○ハンドプレスで肌にファンデーションをなじませる

手の平で顔全体を包み込みます。手の平のあたたかさで肌をおさえることで、ファンデーションが肌にしっかりつきます。

○フェイスパウダーを仕上げに使う

仕上げにフェイスパウダーを使うと、余分な皮脂や汗を吸着し、メイクの持ちがよくなります。

季節に合わせて変える!ファンデ浮きの予防法

油性肌や乾燥肌の人でも、季節によっては皮脂や汗が大量に出ることがあったり、乾燥したりと肌の状態は変わります。そのため、一年中同じファンデーションを使うことは、おすすめできません。

季節によって、ファンデーションもパウダーファンデーション、リキッドファンデーションを使い分けることも試してみましょう。

化粧品は季節に合わせたものが出ていますので、自分の肌と季節にあったものを選ぶようにしたいですね。