自慢のくびれを作る「フラフープダイエット」の効果とやり方

キュッとくびれた美しいウエスト、憧れる女性も多いのではないでしょうか。くびれを作るにはウエスト部分を動かすことが大切です。おすすめはフラフープを使ったフラフープダイエット。短期間でキレイなウエストラインを作ると話題です。具体的な効果ややり方をご紹介していきます。

広告

「フラフープダイエット」とは?

最近話題になっているフラフープダイエット。
子供のころにフラフープで遊んだ思い出のある方も多いのではないでしょうか。

フラフープには健康効果が期待できるのは有名な話ですね。
健康に良いだけでなく、ウエストを引き締める効果もあります

フラフープは日本では子供の遊び道具のひとつといったイメージがありますが、フラフープ発祥のアメリカではエクササイズを目的に作られました。

確かにそういわれてみれば、フラフープは短時間でも全身が疲れます。
それもそのはず、フラフープダイエットの消費カロリーは10分間で約100kcalです。

そんなフラフープダイエットが今話題です。

自慢のくびれを作る「フラフープダイエット」の効果とやり方

フラフープダイエットの効果

フラフープダイエットには次のような効果が期待できます。

・脂肪燃焼
・代謝アップ
・骨盤矯正
・腹筋強化
・便秘解消
・ウエストのくびれを作る

といった女性に嬉しいものばかりです。

脂肪燃焼

フラフープダイエットは一見地味ではありますが、立派な有酸素運動です。
有酸素運動は脂肪を燃焼させるので、一定時間フラフープをすることで脂肪燃焼が始まります。

広い場所も、天候の心配もなく、またテレビを見ながらでも回せるので、隙間時間を有効活用できます。

代謝アップ

フラフープダイエットにはインナーマッスルを鍛える効果もあります。
インナーマッスルは外からは見えない筋肉ですが、鍛えれば代謝をアップさせられます

代謝がアップするということは、太りにくい体質へと変わるということなのでダイエットにもってこいです。

骨盤矯正

骨盤のゆがみは下半身太りの原因となるばかりでなく、さまざまな体調不良の原因になります。
フラフープダイエットで腰を回すことで、骨盤のゆがみを矯正する効果も期待できます。

骨盤矯正ができれば、下がった内臓も元の位置に戻るので、ポッコリお腹も解消されます

腹筋強化

腹筋を鍛えるには仰向けに寝て上半身を起こす腹筋運動だけだというイメージが強いですね。
腹筋はフラフープダイエットでも鍛えることができます。

腹筋だけでなく、腰回りの筋肉も同時に鍛えられます。

便秘解消

悩んでいる方も多い便秘。
ひどい方だと1週間以上も出ないことも珍しくありませんね。

フラフープダイエットで腰を回すと腸も刺激されます。
腸が刺激されるとたまっている便を外に出そうとするので、つらい便秘解消につながります。

ウエストのくびれを作る

フラフープダイエットでは腹斜筋を鍛えられます。
腹斜筋はわき腹を斜めに走っている筋肉なので、この部分が鍛えられると、ウエストにくびれがあらわれ、寸胴ボディから抜け出せます。

広告

フラフープの選び方

フラフープダイエットで必要なフラフープ。
初めて購入する方は、どんなものを選んだらいいのかわかりませんね。

フラフープを選ぶポイントは、身長と胴回りに合うものを選ぶことです。
ほとんどの方は直径90cm~95cmのものを選べば間違いありません

ただし、小柄な型や胴回りが大きい方は体型に合ったものを選んでください。

胴回りが大きい方は自分のウエストサイズ+10cm~20cmほどの直径のものを。身長が140cm以下の小柄な方は直径85cm以下のものが良いでしょう。

フラフープが苦手な方は、おもりが入った重さのあるものを選ぶと回しやすく、負荷がかかるので効果もアップします。

自慢のくびれを作る「フラフープダイエット」の効果とやり方

フラフープダイエットのやり方

では早速フラフープダイエットのやり方をご紹介しましょう。
フラフープダイエットは、フラフープが1本あればできます。

時間の目安は1日10分
右に4分間回し、2分間休憩を挟みます。
そして今度は左に4分間回します。

始めは4分も回し続けるのは難しいと感じる方も多いですが、落としては拾って回すを繰り返してください。
だんだん長い時間回し続けられるようになるので、焦らずに続けましょう。

また慣れるまでは毎日する必要はありません。
1週間に3日~4日、1日おきのペースでゆっくり始めていってください

だんだん慣れてくれば日数を増やしたり、時間を増やしていくようにしましょう。

自慢のくびれを作る「フラフープダイエット」の効果とやり方

フラフープダイエットの注意点

ウエストのくびれを作るのに効果的なフラフープダイエットを行う上での注意点があります。

腰を回し続けるフラフープダイエットは、まれに腰に痛みが出る場合があります。
そういった場合は無理に続けず、中止してください。

もともと腰痛のある方や腰を傷めているときなども、悪化させる危険性がありますから行わないでください。

腰を痛めないために、フラフープダイエットの前後はしっかりストレッチをしてケガを予防してください

フラフープダイエットは単純なエクササイズでありながら、隙間時間を活かして効率的にダイエットやくびれを作る効果が期待できるダイエット方法です。

好きなDVDを見ながら、好きな曲を聞きながら楽しんでくびれを作っていきましょう。