もち麦ダイエットで太るって本当?失敗してしまう3つの理由について

テレビなどで話題のもち麦ダイエットを知っていますか?成功したという話も多く聞かれる半面、失敗して太ったという声もあるため、本当に効果があるのか疑問だという方も多いかもしれません。
もち麦ダイエットは本当に効果があるのか、また失敗する原因についてご紹介します。

広告

もち麦ダイエットとは?

もち麦ダイエットとは、大麦の一種であるもち麦を食事に取り入れるダイエット方法です。1日2回の食事に、白米代わりとしてもち麦を食べるという簡単なダイエット方法で、注目を集めているのです。

しかし、もち麦と聞いてもなじみがない人の方が多いのではないでしょうか。もち麦はビールや麦茶の材料として使われている大麦の一種で、イタリアンやフレンチ、また韓国料理で多く使われている食材です。
粒の中央に黒い線が入っている見た目が特徴です。また通常の麦より粘りがあり、噛んだときにプチプチとした食感を感じます。

低カロリー&栄養豊富なもち麦

白米や玄米よりも低カロリーなもち麦は、100g約12.9gと、豊富な食物繊維を含んでいるのです。さらにもち麦の食物繊維には、βグルカンという多糖類が含まれています。
βグルカンはキノコ類や大麦に多く含まれ免疫力を高める効果があり、外部からのウイルスを撃退します。

さらにβグルカンは消化が遅く、腸にそのまま届きます。そして腸内に溜まった必要ないコレステロールを体外に排出する働きがあるのです。これによって便秘の解消が期待でき、内臓脂肪やコレステロールを減少させることから高いダイエット効果があるとされています。
また簡単に実行できることから、注目を集めているダイエット方法なのです。
もち麦は腹持ちが良いため、他のダイエットのように食事制限が厳しくなくても大丈夫という点でも、おすすめのダイエット方法です。

もち麦ダイエットで太るって本当?失敗してしまう3つの理由について

もち麦ダイエットに失敗する理由

このように高いダイエット効果があるとされるもち麦ダイエットですが、一方で失敗して太ったという声も少なくありません。

もち麦ダイエットの失敗の理由としては、
摂取カロリーがオーバー
○もち麦の食物繊維だけを摂取して、他の食物繊維を摂取していない
○腸内細菌の反応が鈍いタイプである
の3点が上げられます。

もち麦は味にくせがなく、またモチモチとした食感で食べやすいため、つい食べ過ぎてしまうのがダイエットに失敗する大きな理由の一つです。
カロリーが少ないとはいえ、たくさん食べれば効果があるというわけではありません。むしろ食べ過ぎることによる過剰なカロリーの方が問題です。
もち麦を食事に取り入れる際には、少量でもよく噛むことで満腹感が得られますので、普段よりも少なめの量で十分といえます。

もち麦に慣れるまでは、白米と混ぜて食べるのがおすすめですが、混ぜると食べ過ぎてしまうことも多いので量を調整するなど注意が必要です。

またもち麦は食物繊維が豊富ですが、そればかりに偏ると胃腸が慣れてしまいダイエット効果が出なくなることがあります。そのため、水溶性食物繊維を積極的に摂るようにしましょう。果物に含まれるペクチン、こんにゃくなどに含まれるグルコマンナン、ごぼうなどに含まれるイヌリンなどがおすすめです。

広告

もち麦ダイエットの注意点

もち麦ダイエットを始めるなら、次のことに注意して始めましょう。
○効果が出るのは早くても2週間はかかるので、継続することが大切
○1日2膳、朝食と昼食に食べるのがおすすめ、難しい場合は朝食だけでも
○βグルカンが効率よく吸収されるのは空腹時なので、間食は控える

またもち麦は食物繊維が多いため、これだけを食べているとお腹が緩くなることがあります。
慣れるまでは大麦と白米を混ぜて食べるといいでしょう。慣れてきたらもち麦の量を増やします。

米が1合に対して水は1合ですが、もち麦は1合に対し水は2合となります。
またもち麦もメーカーによって水加減が違いますので、表示をよく見て水加減を調整しましょう。
難しい場合は別々に炊き、あとで混ぜてもかまいません。

もち麦ダイエットで太るって本当?失敗してしまう3つの理由について

これなら続けられる!もち麦レシピをご紹介

毎日のご飯をもち麦に変えるだけの簡単なもち麦ダイエットですが、様々なレシピを試してみるのもおすすめです。
基本的には、普段の食事と同じように白米をもち麦に変えるだけで問題ありませんが、せっかくのもち麦ならではの食感を生かしたレシピをご紹介します。

○納豆や豆と一緒にもち麦ごはん
豆類にも多くの食物繊維が含まれているので、相乗効果が期待できます。

○もち麦チャーハン
もち麦を入れることでご飯がくっつかず、お店で食べるようなパラリとした食感が楽しめます。
もち麦と白米に、野菜と卵を使います。

○もち麦スープ
炊かずにそのまま野菜と一緒に煮込み、固形ブイヨンで味付けするだけでできる簡単スープです。
野菜ともち麦を強火で煮て、もち麦に芯がなくなったら味付けし、弱火で煮込みます。

○もち麦ヨーグルト
炊いたもち麦を少量、ヨーグルトと果物と一緒に混ぜます。もち米の食感がプチプチと美味しいデザートです。
ミキサーでスムージーにして、朝食に飲むのもおすすめです。

もち麦の目先を変えた調理法などで、色々楽しみながらダイエットを成功させたいですね。