これは効果抜群!シミを消して美肌になれる食べ物

シミが出来るとショックですよね。

化粧できれいに隠せればいいですが、隠すのが難しいシミになると、老けて見えたり汚らしい感じがしてしまいます。出来るなら消したいものです。

シミは完全に消すのは難しいです。ですが、これ以上増やしたくない、出来てしまったシミを少しでも薄くしたいと多くの方は思います。

今回は、これ以上シミを増やさせない、出来てしまったシミを少しでも薄くする為に効果的な食べ物をご紹介したいと思います。

広告

シミの種類

シミにはいくつかの種類があります。

1.老人性色素斑

紫外線による影響で出来るシミで、シミの中で一番多いタイプです。頬やこめかみなどの位置に出来やすいシミです。大きさは数mm~数10mmとまばらで、平たく凹凸がない丸い色素斑です。

出始めの頃はまだとても薄いのですが、年数が経つにつれて濃くなったり範囲が大きくなったりします。

2.肝斑

30~40代の女性に多く、閉経すると消えることから、女性ホルモンの影響で出ることが多いです。頬骨近辺、目尻の下、鼻の下、額などに左右対称に出ます。比較的濃淡が均一なシミです。老人性色素斑とよく似ています。

妊娠中、ピル服用中、生理不順などの時に出やすくなります。

3.雀卵斑(ソバカス)

小さな斑点状のシミが鼻を中心に顔全体に出ます。特に頬の所に出るのが印象がありますが、手の背側、背中、上腕にも出ます。大きさは小さなものから米粒位のものまであり、色は淡褐色です。

幼い頃に出来るのは遺伝的なものが多く、大人になってから出ることもあります。大人になってから出る場合は紫外線の影響が大きいです。

4.遅発性両側性太田母斑

額、頬、目の周りなどに元から生まれつき出来ていた茶褐色もしくは青色のあざです。通常は顔の片側に出来ることが多いです。両側に出来た場合は「遅発性両側性太田母斑」といいます。日本人に多く、多くは生後1年以内に出来、20歳過ぎてから出来ることもあります。

幼い頃から出た場合は、10代以降になって範囲が広くなったり、色が濃くなることもあります。

原因は、元からその場所に色素を作る細胞が集中していると発生します。加齢、ホルモンバランスの乱れ、紫外線の影響、合わないスキンケア、遺伝などが原因のこともあります。

5.脂漏性角化症

シミの角化進んでイボ状に盛り上がった状態のシミです。「年寄りイボ」とも呼ばれます。手の甲にも出ることがよくあります。手の平や足裏以外の場所に出来、顔面、頭部、胸、背中によく出来ます。色は薄い褐色から黒っぽいものまで様々で、大きさは数mm~2、3cm位で、表面がザラザラしていてます。

中高年以降に多く出来、老化現象の一つです。20代前半にその前兆のような小さく薄いものが出ることもあります。遺伝、紫外線の影響が原因でもあります。

6.炎症性色素沈着

ニキビ、虫刺され、傷などで肌が炎症を起こし、その後のその出来た場所が一時的に濃くなって出来るシミです。

そのままにしても自然と消えることも多いですが、早くて数か月~長いと3年程消えるまでかかることもあります。

7.花弁状色素斑

海やプールなどで肩から背中に紫外線を強く浴びた際に、広い範囲で点状のシミです。

広告

シミができる原因

1.紫外線の影響

紫外線を浴びることで、体内を紫外線から守ろうと、メラノサイトでメラニン色素を作り出します。それがやがて皮膚表面に浮き出てシミとなるのです。

通常であれば、メラニン色素を含んだ古い角質は新陳代謝(ターンオーバー)が働いて剥がれていくのですが、この代謝がうまくいかないと、いつまでも皮膚内に留まったままになってしまいます。

2.ニキビによるもの

ニキビで炎症が出来ると、それが後になって色素沈着を起こして黒ずんでいきます。これに紫外線が加わると、さらに濃くなっていきます。

3.間違った方法でスキンケアすること

化粧水をつける際に、コットンに化粧水などを含ませて擦るようにつけたり、思いっきり強くパッティングしたりしていませんか?これらは肌の角質層を傷つけてしまいます。肌を傷つけることで皮膚内部で皮膚を守ろうと、色素沈着が起きやすくなってしまいます。

4.肌の乾燥によって

肌の乾燥が進むと、角質層が厚く硬くなって、メラニン色素を含む古い角質がなかなか排出されないままになってしまいます。

肌が潤っていると、メラニン色素を含む古い角質が順調に排出されやすくなります。

5.食生活が悪いことによって

ジャンクフードばかり、野菜不足などになっていませんか?食生活が極端に悪いと、血行や新陳代謝が悪くなってしまいます。

また、シミに有効な栄養が摂取されないと、なかなかシミが改善されず増えていく結果になってしまいます。

6.ストレスによるもの

ストレスを受けると、ホルモンバランスが崩れます。そして、色素細胞の働きが活発化しシミが増えやすくなります。

また、ストレスは体内の活性酸素も増やしてしまいます。この活性酸素がメラノサイトを刺激し、シミの原因となってしまいます。

7.睡眠不足によるもの

睡眠不足や就寝時間によっては、新陳代謝が順調に行われず古い角質が留まったままになりがちです。

特に細胞の生成を促す成長ホルモンは夜22時から2時が最も活発化します。この時間にいかにぐっすり眠れているかが重要です。

8.喫煙によるもの

タバコを吸うことで、メラニンの発生を抑えてくれるビタミンCが失われていきます。シミが増えたり、シミがなかなか薄くならないということもあります。

また、タバコに含まれるニコチンは新陳代謝を低下させてしまいます。低下してしまうと、メラニン色素を含んだ古い角質が排出されにくくなります。

9.ホルモンバランスの乱れ

先程も軽く触れましたが、ホルモンバランスが崩れると、色素細胞の働きが活発になりやすくなります。

10.内臓の機能が弱ることで

副腎、肝臓、甲状腺、肺、胃腸などが弱ることでシミが発生することがあります。

これは効果抜群!シミを消して美肌になれる食べ物

シミに効果のある栄養素

1.ビタミンC

(1)効果

ビタミンCはメラニンの生成を抑え、コラーゲンの合成をして肌のハリを保ってくれます。また、活性酸素を抑えてくれる働きもあります。美容には欠かせない栄養素です。

ビタミンCは水溶性なので、一度に多く摂取しても必要以上のものは尿として排出されてしまうので、一度に多く摂取せず小まめに摂取するようにしましょう。

(2)ビタミンCが多く含まれる食材

レモン、アセロラ、イチゴ、キウイ、柿、ゆず、赤や黄ピーマン、パセリ、ブロッコリー、ゴーヤ、サツマイモなどです。

(3)1日の摂取量

生命維持には最低でも1日100mg必要で、美容の為には1500mgが望ましいでしょう。

2.エラグ酸

(1)効果

エラグ酸はポリフェノールの一種です。メラニンの生成を抑えてくれる働きがあります。また、抗酸化作用が高く、ガンを抑制する効果もあるのではとも言われています。

(2)エラグ酸が多く含まれる食材

イチゴ、ラズベリー、ざくろ、ブドウなどです。

3.ビタミンE

(1)効果

強い抗酸化作用があり、「若返りビタミン」とも言われます。新陳代謝を高め、メラニンの排出を促してくれます。

ビタミンEは油と一緒に摂ることで吸収が良くなり、またビタミンCやコエンザイムQ10が含まれる食材と一緒に摂ることで相乗効果があります。

(2)ビタミンEが多く含まれる食材

ゴマ、アボカド、納豆、カボチャ、アーモンド、うなぎなどです。

4.コエンザイムQ10

(1)効果

抗酸化作用があり、新陳代謝を良くしてくれます。シワにも効果があり、若返りにはとても良い成分です。

人間の体内でも生成されます。ですが、20歳過ぎるころから生成が減っていってしまい、80歳位になると半分ほどになってしまいます。

(2)コエンザイムQ10が多く含まれる食材

イワシやサバなどの青魚、牛肉、豚肉、ピーナッツ、大豆などです。

5.ポリフェノール

(1)効果

抗酸化作用があるので、メラニンを抑制してくれます。

(2)ポリフェノールが多く含まれる食材

ワイン、ココアなどです。

6.オメガ3脂肪酸

(1)効果

良質な油で、コラーゲンとエラスチンの生成を促し、新しい肌を作ってくれる働きがあります。

(2)オメガ3脂肪酸が多く含まれる食材

まぐろ、鮭、イワシ、ほうれん草、大豆、亜麻仁油などです。

7.セラミド

(1)効果

セラミドは肌の細胞と細胞の間にある、いわばスポンジのような役目で、水分や油分を抱え込む性質があります。

肌の水分を維持し、保湿効果はもちろん美白にも効果があります。肌が潤っていると、メラニンが排出されやすくなります。

(2)セラミドが多く含まれる食材

こんにゃく、魚の皮、米(胚芽部分が含まれているもの)、小麦、大豆、ヨーグルト、ほうれん草、ジャガイモの皮などです。

これは効果抜群!シミを消して美肌になれる食べ物

シミを消して美肌になるメニュー

では先程ご紹介した、シミに効果のある栄養素がたくさん入ったメニューをご紹介します。

1.グリーンスムージー

飲みやすくビタミンも豊富に摂取出来ます。

★準備するもの

・小松菜 2株
・リンゴ 1/2個
・キウイ 1個
・水   750ml

★作り方

小松菜は適当な大きさに切り、リンゴ(種や芯は取り除く)やキウイは皮を剥いて適当な大きさに切って、ミキサーに材料を全て入れて撹拌します。

2.グレープフルーツとレモンのゼリー

ビタミンCがたくさん摂れる爽やかなゼリーです。甘酸っぱいシロップをかけて召し上がって下さい。

★準備するもの

ゼリー部分
・グレープフルーツジュース 300cc
・レモン果汁        50cc
・水            100cc
・ゼラチン         小さじ2(溶かす用に大さじ2の水も)
シロップ部分
・パイン缶の汁 50cc
・砂糖           大さじ1
・ラム酒          小さじ1
トッピングに
・スライスしたパイン    1枚分

★作り方

・ゼラチンを大さじ2の水を入れてふやかします。
・鍋にグレープフルーツジュース・レモン汁・水を合わせて入れ、火にかけます。沸騰しそうになったら火を止めます。
・ふやかしたゼラチンを加えて、泡立て器で混ぜ溶かします。
・ゼラチンが溶けたら、器に流します。粗熱が取れたら、冷蔵庫に入れて冷やします。
・シロップ作り。鍋にパイン缶の汁と砂糖を合わせて入れ、火にかけます。砂糖か溶けたら火を止め、ラム酒を加えます。冷まします。
・固まったゼリーに、5mm角くらいに刻んだパイナップルを飾り、⑤のシロップをかければ完成です。
・ゼリーの食感は、フルフルの柔らかめです。

引用元URL http://cookpad.com/recipe/1224914

3.かぼちゃとサツマイモのサラダ

かぼちゃにはビタミンCやE、β-カロテンなどの抗酸化ビタミンが含まれ、サツマイモはビタミンCが豊富です。

美味しくてハマるサラダです!

★準備するもの(4人分)

・かぼちゃ    1/4(300g)
・サツマイモ   大1本(350g)
・卵       3個
・プロセスチーズ 60g
・マヨネーズ   60g
・塩コショウ   適宜

★作り方

・卵はゆで卵にする。サツマイモは皮をむいて茹でる。かぼちゃも皮を取りレンジにかけて柔らかくする。チーズは1センチ角切りに。
・ボウルにさつまいもとかぼちゃゆで卵を入れつぶしてマヨネーズ塩コショウで味付けする。最後にチーズを入れて混ぜる。

引用元URL http://cookpad.com/recipe/59799

4.トマト鍋

トマトには「リコピン」という強い抗酸化作用のある成分が入っているので、美白効果があります。これにビタミンCが豊富なブロッコリーも入った美味しいトマト鍋です。

トマトソースに、うまみのある豚バラのかたまり肉と野菜を入れて煮るだけ。残ったソースを使って、鍋の後にパスタも楽しめますよ。

★準備するもの(4〜6人分)

・豚バラかたまり肉   400g
・ブロッコリー     1株
・玉ねぎ        1個
・しめじ        1パック
・えのきだけ      1パック
・芽キャベツ      10個
・にんにく       1かけ
・塩          少々
・こしょう       少々
・トマト水煮缶詰    1缶(400g)
・水          2カップ
・オリーブ油      大さじ2と1/2
・塩          小さじ1

★作り方

・ブロッコリーは小房に分けて下ゆでする。玉ねぎは一口大に切る。しめじは小房に分け、えのきだけは根元を切る。にんにくはみじん切りにする。
・豚肉は、厚さ1〜1.5センチ に切り、塩、こしょうをふる。
・鍋にオリーブ油大さじ2とにんにくを入れて中火にかけて炒める。香りが出てきたらトマトの水煮を加え、つぶしながら混ぜて水を加える。豚肉を加え、ふたをして弱めの中火で10分ほど煮込む。ふたを外し、塩小さじ1とオリーブ油大さじ1/2、ブロッコリー、玉ねぎ、芽キャベツを加え、再びふたをして、野菜が柔らかくなるまで煮る。しめじ、えのきを加えてさらに1分ほど煮て火を止める。

しめには、鍋パスタ! 鍋から大きな具は取り出し、ゆでたカッペリーニを加えてよくからめ、粉チーズをたっぷりふります。粉チーズがしっとり溶けたところがおいしい。

引用元URL http://www.sapporobeer.jp/recipe/0000000313/

抗酸化作用や新陳代謝を促せる食べ物がシミには効果的です。シミを作らせない、今あるシミを早く肌の外に追い出すことが出来ます。

シミに効果的な食べ物を意識して食べて、シミを少なくしていきたいですね!

シミが少なくなれば、お化粧も薄く出来て手間も省けます。