尿の臭いが変な時の5つの病気。こういう時は要注意!

 

トイレでおしっこをした時に、尿の臭いが気になったことはありませんか?尿の臭いには、体調の不調のサインが隠されていることがあります。尿が発してくれている何かの病気のサインを見逃してはいけません!尿の異変に気付けるように、まずは健康的な尿がどういうものかを知っておくことが大切です。

健康的な尿とはどういうものなのか、尿の臭いからわかる病気にはどんなものがあるのかをご紹介いたします。また、病気ではなかった場合は、尿の臭いにどのように対処すればいいのかなどもわせてご紹介いたします。

広告

 

健康的な尿とは?

トイレで尿をするたびに、自分の尿の色や臭い、量などを確認していますか?いつも何色の尿がでていますか?よく、「透明な感じなら健康」と考えている方がいらっしゃいますが、無色透明である尿は健康的な尿ではありません。健康的な尿の色は、淡い黄色です。起きて初めに出る尿はかなり黄色が濃く出ている方がほとんどですが、これは病気ではありません。就寝中も体から水分が奪われていくので、奪われた分を補給することで、また健康的な尿の色に変わります。

起床時でなくても、黄色が強めの尿がでる場合があるかもしれません。これは水分不足を体が教えてくれているサインですので、しっかり水分補給するようにしましょう。

次に健康的な尿の臭いですが、基本的にアンモニア臭です。このアンモニア臭がきついことがあります。そんな時は、トイレに行く前に、どんなものを食べたか、飲んだかなどを思い出してみてください。ニンニクやカレー、コーヒーなどの臭いが特徴てきで強いものなら、それのせいですので、安心してください。何度か尿を出せば、次第に元に戻っていきます。

日頃から尿を出した後は、色を確認するようにしてください。

尿の臭いが変な時の5つの病気。こういう時は要注意!

 

尿臭からわかる病気

尿の臭いから様々な病気をみつけることができます。

・糖尿病

甘い臭いは糖尿病のサインです。この甘い臭いがきつければきついほど、糖尿病は進行していると考えてもいいでしょう。ただ、飲酒後に尿を出した時に、甘い臭いがすることもありますので、見極めが少し難しいかもしれません。ただ、糖尿病なら、このような甘い尿が続きますので、速やかない病院を受診してください。

・膀胱炎

かなりきついアンモニア臭は膀胱炎のサインです。膀胱炎は慢性化すると、とてもやっかいな病気です。血尿でないかどうか、色もしっかりと確認しておいてください。少しでもおかしいと感じたら早めに受診することをおすすめします。

・肝炎

腎臓・尿管・膀胱・尿道・尿路のどこかで感染症が起こっていることが考えられます。その時は必ず尿の色も確認しておいてください。黄褐色の場合、肝炎が考えられます。

・ケトアシドーシス

甘酸っぱい臭いがしたら、ケトアシドーシスが疑われます。聞き慣れない病名ですが、ケトン体と呼ばれる脂肪酸が増えることによって血液が酸化してしまう病気です。

・メープルシロップ尿症

メープルシロップのような甘い臭いがしたら、メープルシロップ尿症の可能性があります。生まれた頃から代謝に問題がある病気で、難病に指定されています。意識障害や発達障害などが起こるとされています。

・フェニルケトン尿症

こちらも難病に指定されており、7万人に1人の割合で発症するとされています。

広告

 

病気ではなかった場合の対処法

尿の臭いの原因が、病気ではなかった場合、どういった対処をすればいいのでしょうか?

尿が濃い黄色で、アンモニア臭がある場合は、脱水症状を起こしている可能性があります。軽いものであれば、自分でしっかりと水分を補給して様子をみれば大丈夫です。

また、尿の色や臭いは、食べたり飲んだりしたものにも影響を受けます。刺激の強い物を食べると、肝臓に負担がかかりますので、尿の臭いがきつくなったりすることがあります。時間の経過とともに回復していきますので、水分を取って、様子を見ましょう。

尿の臭いが変な時の5つの病気。こういう時は要注意!

 

尿の量にも注意しましょう!

1日に何回トイレで尿をしたかを数えていますか?成人は1日に1.5~2L程度の尿を出します。これを回数してみると6~8回程度です。あくまで目安の回数です。その日の摂取した水分量や体調によっても、変わってきます。水分が不足しているな、あまり摂っていなかったなという日に、尿の量がいつもより多いと感じる時は少し注意するようにしてください。

尿の臭いが変な時の5つの病気。こういう時は要注意!

 

尿の変化を見落とさないようにしましょう!

尿の臭いについてご紹介させていただきましたが、尿がいろんな病気のサインを発してくれていることがおわかりになりましたでしょうか。

毎回おトイレに入った時に、自分の尿を確認するなんて、ちょっと恥ずかしいという方もいるかもしれません。ですが、尿の色や臭い、回数は健康のバロメーターと言っても過言ではありません。どんな病気でも、早期発見することが大切です。いつまでも健康で元気でいたいなら、尿が発してくれているサインを見逃さないようにしましょう!少しでも気になったり、不安なことがあるなら、早々に病院を受診するようにしてください。