健康的に痩せるなら「もち麦ダイエット」でヤセ菌を増やしましょう!

 

ダイエットをしてきれいになりたいと誰もが願うものです。ただダイエットをして体重は減ったもののやつれてしまったり、リバウンドをしてしまう人も多いですよね。

身体も健康的にかつきれいになれる「もち麦ダイエット」にチャレンジしませんか?

 

もち麦って何?

もち麦ダイエットに使用する「もち麦」って何?というところから確認していきましょう。

麦茶、麦ごはん、またビールの原料となる大麦の一種です。名前から想像できる通り、粘り気があるもちもちの触感を持った麦です。粘り気があるのはでんぷんのほとんどが網目状になっているアミロペクチンによって構成されているためです。その為、麦ごはんにありがちな、パサパサした食感ではないのがうれしいですね。

基本的に、もち麦はそれ単体で食べられるのではなく白米に混ぜて食べられることがほとんどです。

健康的に痩せるなら「もち麦ダイエット」でヤセ菌を増やしましょう!

 

もち麦の特徴

もち麦は食感がもちもちしていることもそうですが、最も注目すべき特徴は食物繊維が豊富であるということです。

もち麦100gあたりに含まれる食物繊維は12.9gです。一方の精白米は0.5gですので、25倍も含んでいるのです。また、食物繊維の中でも水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の内訳をみると前者が9g、後者が3.9gです。

またもち麦は精白米に比べて血糖値の上がり方も緩やかです。精白米は一気に吸収され、血糖値も急上昇しやすいのですが、もち麦の場合はそれがないので太りにくいのです。高血糖にならず、インスリンの分泌も少ないというまさにダイエットに最適な主食となります。

さらに、もち麦に含まれている食物繊維の多くがβ-グルカンという成分がちょうど中央部に含まれています。体内に入ると水分を含みゼリー状に変化するので、そのゼリーが糖質や脂質を包み込んで吸収を抑えてくれるのです。

広告

 

デブ菌とヤセ菌

ダイエットをする上で知っておきたいのが肥満の原因となるデブ菌の存在です。正式な名前は「ファーミキューテス」という腸内細菌のことです。このデブ菌が腸内で優位に働くと、糖分や脂質などを必要以上に身体に溜めこんでしまう為、太りやすくなります

また最近よく話題に上がっている、腸内フローラを正常にすることで痩せやすくするという原理にもあるように、ヤセ菌というものも存在します。腸内にある善玉菌・悪玉菌のようなものです。

ヤセ菌はといえば、積極的に栄養分の消化を行い、不要な老廃物や有害物質を効率よく体外に排出してくれ、代謝がよい身体にしてくれるのです。

このデブ菌とヤセ菌の最適な割合は、4対6だそうですので覚えておいてくださいね。

健康的に痩せるなら「もち麦ダイエット」でヤセ菌を増やしましょう!

 

もち麦がダイエットに効果的な理由って?

さてもち麦がダイエットに効果的な理由についてもう少し詳しく見ていきましょう。要となるキーワードは、先ほどの食物繊維と腸内環境です。

まず食物繊維の働きとして有効なのが、腸内デトックスです。つまり体内に不要物をため込まず、身体の外に出してくれるので太りにくい身体にすることができるのです。逆に食物繊維が不足すると、便秘がちになるばかりでなくぽっこりお腹や冷え症を引き起こし代謝が下がってしまいます。

また、腸内細菌のエサである食物繊維はそれだけではなく、たくさん摂取することでデブ菌を排除する働きがあることもわかっています。特に食物繊維の中でもその働きが強いのが、水溶性の食物繊維です。もち麦は上記でご紹介した通り、水溶性食物繊維が不溶性食物繊維の3倍近くあるので、非常にお勧めな食材です。

さらに、もち麦に含まれる食物繊維はβ-グルカンという種類にあたります。そこで、ダイエットをするなら避けたい、脂肪・糖分の吸収を抑え、かつ血中コレステロールまで下げてくれます。つまり、もち麦はダイエットに有効な食物繊維を多く含んでおり、デブ菌を撃退できるわけです。

健康的に痩せるなら「もち麦ダイエット」でヤセ菌を増やしましょう!

 

もち麦ダイエットのやり方と注意事項

では、もち麦ダイエットの方法をご紹介する前に、守っていただきたいルールを3つお伝えしますね。

1.毎朝1膳のもち麦ごはんを食べること
2.2週間続けること
3.他の食事は通常通りでオッケー

非常に簡単でストレスも溜まりにくそうですよね。ただ普段暴飲暴食をしている方は自制してくださいね。

さらにダイエット効果を高めるためには、食物繊維をおかずにも取り入れて相乗効果を図るといいでしょう。これは1種類の食物繊維のみを取り続けると偏りが生まれ、腸内細菌も正常に働きにくくなる為です。

では、いよいよもち麦ごはんの炊き方ですが、白米ともち麦を半々の割合で混ぜ合わせて炊くだけです。冷凍保存もできますのでまとめて炊いてもいいでしょう。お水の量は、少し多めがおすすめです。2合炊く場合は、2合と3合の間ぐらいです。また炊飯器のスイッチを入れる前に、最低30分は水につけて炊くと芯が残りませんよ。

最後に注意点ですが、食物繊維が多い為、特にしっかりと噛むことです。それを怠ってしまうと消化不良を起こしてしまいがちです。また、消化が悪いこともあり食べ過ぎると胃の中で膨張し胃の痛みを訴えてしまいます。

もち麦ごはんは、癖もなく甘くてもちもちととっても食べやすく、非常にダイエットに有効です。ただしいくらおいしいから体にいいからといって食べ過ぎにはお気を付け下さいね。