免疫力を高めるために、腸内細菌の「善玉菌」を増やしましょう

 

最近、「疲れやすい」「あまり体調が良くない」と感じることはありませんか?こういった症状を感じているなら、免疫力が低下してきているサインである可能性があります。

免疫力が下がってしまうと、疲れやすいだけでなく、あらゆる病気を引き起こしてしまうことになります。今回は腸内細菌の「善玉菌」を増やして免疫力を高める方法をご紹介します。

広告

 

免疫力とは

免疫力とは、自分の体を自分で守る力のことをいいます。抵抗力ともいいますね。細菌やウイルスの侵入を防いだり、できてしまったがん細胞を除去する防衛機能です。健康な生活を送るうえで、免疫力は欠かせないものです。

残念ながら免疫力は、年齢とともに低下します。年齢だけでなく、生活習慣によっても低下することがわかっています。体をウイルスや細菌などの外敵やがん細胞から守ってくれている免疫力が低下してしまうと、いろいろな病気にかかりやすくなってしまいます。

免疫には「自然免疫」と「獲得免疫」があります。

自然免疫とは、外敵が体内に侵入したとき、すぐに攻撃したり食べたりしてくれる免疫で、獲得免疫とは個々ののウイルスなどに対して有効な手段をとる免疫です。外敵が侵入したときに、真っ先に自然免疫が対応しますが、自然免疫が突破されると現れるのが獲得免疫です。

免疫細胞がウイルスや細菌などの外敵の情報収集を行い、抗体を作り、次回侵入されたときに効果的に対応できるように働きます。

免疫力を高めるために、腸内細菌の「善玉菌」を増やしましょう

 

免疫細胞は腸で作られる

体を守ってくれる免疫細胞は、リンパ管、リンパ節など体の各所に存在していますが、そのうちの約70%が腸の中に集まっています。免疫細胞が腸に集まる理由は、栄養を吸収する器官だからです。また、栄養だけでなく、病原菌なども腸にやってくるので、腸に免疫細胞が集まることによって、体を効率的に守っています

免疫細胞は血液の中に含まれ、全身を巡り、いわばパトロールをしているような存在です。全身をくまなく巡ることで、病原体からしっかりと体を守ってくれています。

免疫細胞にはいろいろな種類があり、それぞれに役割を持っています。重要なものをいくつかご紹介します。

免疫力を高めるために、腸内細菌の「善玉菌」を増やしましょう

 

NK細胞

NK=ナチュラルキラー。このNK細胞はウイルスに感染してしまった細胞ガンなどの体内で発生してしまった細胞をチェックし、見つけるとすぐに攻撃してくれる免疫細胞です。

マクロファージ

体内に入ってきたウイルスや細菌を食べてくれる免疫細胞で、外敵の数が多いほどマクロファージも増殖します。

Th1細胞

この免疫細胞は自ら外敵を攻撃するのではなく、司令塔のような役割を持っています。ウイルスや細菌、がん細胞などへの他の免疫細胞の攻撃力を高めてくれる重要な存在です。

これらの免疫細胞の約70%が腸の中に存在する腸内細菌によって作られます。

広告

 

乳製品や発酵食品で腸内細菌を増やす

体を守ってくれる免疫細胞は腸内細菌によって作られるので、免疫力を高めるためには善玉菌が含まれる食品を積極的に摂取し、腸内細菌を増やすのが効果的です。

乳製品

ヨーグルトや乳酸菌飲料にいる「乳酸菌」や「ビフィズス菌」などの善玉菌が腸内細菌を増やすために有効です。

発酵食品

味噌、納豆、チーズ、ヨーグルト、漬物などの発酵食品には、善玉菌である「乳酸菌」や「麹菌」がいますから、腸内細菌を増やすために効果的です。

オリゴ糖・食物繊維

野菜や果物、豆類に多く含まれているオリゴ糖や食物繊維は、腸内細菌の栄養源になり、腸内細菌を元気にすることができます。

このような善玉菌を積極的に摂取することで、腸内の免疫細胞の受容体に善玉菌の成分が結合し、免疫細胞が活性化されます。それによって免疫力が高まります。

免疫力を高めるために、腸内細菌の「善玉菌」を増やしましょう

 

添加物には注意が必要

今ではスーパーなどで購入するもののほとんどに使用されている添加物。レトルト食品だけでなく、お惣菜、お菓子などにもたくさん使用されていますね。

乳製品や発酵食品に含まれている乳酸菌などの善玉菌は、腸内細菌を増やすために効果的ですが、逆に腸内細菌の増殖を抑えるものがあります。それが食品添加物です。

食品添加物には着色料や香料、保存料などいろいろな種類がありますが、特に保存料としてハムやソーセージなどの加工食品に使われている「ソルビン酸」は、細菌の増殖を抑えてしまうことがわかっています。ですから、できるだけソルビン酸などの食品添加物を含む食品は、摂取しないほうが腸内細菌を増やすためには良いでしょう。

免疫力を高めるために、腸内細菌の「善玉菌」を増やしましょう

 

ストレスで免疫力がダウン

ストレスを感じると、免疫細胞が減少し、免疫力が下がってしまいます。ストレスで体の調子が悪くなった経験がある方も多いと思いますが、それはこのためです。

免疫力を高めるためには、ストレスをできる限り減らす必要があります。ストレス社会の中で、ストレスを受けずに生活をするのは難しいので、スポーツやショッピング、カラオケなどで上手に発散させましょう。お金も道具も使わずに、一番簡単にストレスを減らす方法は「笑うこと」です。

笑うことでリラックスすることができるので、ストレスが減ります。そして免疫細胞がたくさん作られるのです。しっかり笑って細菌やウイルスなどに負けない免疫力を維持し、健康的な生活を送りましょう。