アッパレ!垂れた胸を戻す産後バストアップ方法

妊娠中や産後は人生の中で
一番バストが大きかったけれど、

授乳が終わった途端に
胸が垂れてしまった・・・
というかたは多いと思います。

子供をたくさん産んで育てるほど
バストも変化してしまいます。

子供を産んだのだからしかたないと
諦めて何もしないという方も
いらっしゃいます。

その反面、
女優やタレントやモデルなどのように
子供を産んで育てたのを感じさせない
体型を維持されてるかたも多いです。

諦めて何もしないか、
努力をするかで今後の人生、
大きく変わってくるところだと思います。

今回は、
産後バストが垂れてしまう原因と予防を
ご紹介したいと思います。

広告

産後にバストが垂れるワケ

妊娠中と産後と
女性ホルモンは普段の数十倍も分泌され、
それに伴って個人差はあるものの、
バストサイズや形もどんどん変化します。

特に産後は、
赤ちゃんの母乳を与えるという役目で
バストがパンパンになったりします。

赤ちゃんが飲み切ってしまえば、
バストは萎みます。

そして、また時間が来ると
赤ちゃんに母乳を与えるために
バストは張り出します。

それを繰り返しているうちに、
皮膚が伸びたり縮んだりしてしまいます。

また、赤ちゃんの強い吸啜で、
乳首が引っ張られ、
それも下垂させてしまう原因になります。

授乳中はパンパンに張ったバストでしたが、
卒乳の段階になると、
今度は乳腺の機能が低下するので、
何もしないでいると
増々バストは垂れていってしまうのです。

また、姿勢が悪いと
バストも下がってしまうので、
姿勢を意識することも大事です。

垂れてハリがなくなってしまうと、
なんだか悲しくなってしまいますよね。

重力には逆らえないなんて言わず、
是非、バストの下垂を防ぎましょう!

アッパレ!垂れた胸を戻す産後バストアップ方法

バストアップエクササイズ

バストが垂れないようにするには、
大胸筋を鍛えるエクササイズが効果的です。

一般的には、
腕立て伏せをすると
大胸筋を鍛えることが出来るのですが、

普段から慣れていないと
なかなか続かないので、
簡単に出来る方法を3つご紹介致します。

合掌のポーズ

姿勢を良くします。

胸の前で手の平を合わせます。

しっかり呼吸をしながら、
合わせた手の付け根を15秒程押し合います。

これを5回、1日3セットを目安に
行ってみて下さい。

壁に向かって立ったまま腕立て

壁に向かって、背筋を伸ばして立ちます。

脇を締め、壁に手をつきます。
肩と同じ位の高さが良いでしょう。

肘を曲げて、身体を壁に近づけます。

10秒そのままキープして、
壁をプッシュする感じで腕を伸ばします。

2のエクササイズでステップ台を使う

用意するもの
・肩幅より少し広め以上の幅で高さ20cm位ある台

肩幅より広めに手を台に乗せます。
膝は台から少し離れた位置に付きます。

息を吸いながら、胸を台に近づけます。
息を吐きながら、腕を真っ直ぐ伸ばして、
胸を台から離します。

膝から肩が一直線になるようにして下さい。

最初は、5回くらいから始めて、
慣れたら10回と回数を増やして下さい。

胸を台に近づけるのが大変なようなら、
少しづつ近づけることから始めて下さい。

アッパレ!垂れた胸を戻す産後バストアップ方法

サプリメントで身体のメンテナンスも

以前のような
ハリのあるバストを取り戻すためには
エクササイズ以外にサプリメントも
利用されるのも良いでしょう。

ランキング1位のピンキープラスには
・生活習慣の改善サポート成分
・成長ホルモン分泌促進成分
が含まれていて、
ハリのあるバストを取り戻すことができます。

期間限定で初回購入価格500円ですので
一度特設サイトをチェックしてみてください。

>>ピンキープラスの公式サイトはこちら