ジャイロキネシスとは、ヨガ、ピラティスに続いて人気沸騰中

ジャイロキネシスは、
もともとはバレエダンサーのケガのリハビリを
目的として開発されたエクササイズです。

リハビリという目的のため
身体への負担は少ないのですが、
姿勢強制、肩こり腰痛解消、インナーマッスル強化など
大きな効果が得られるということから
非常に人気があるエクササイズです。

ジャイロキネシスのプログラムの中には
椅子に座りながら行うものも多数あるため、
老若男女問わず幅広い世代に愛されています。

日本では東京、神奈川、大阪に
レッスンスタジオがあるのですが、

今回はなかなか通うのは難しいという方のために
座りながら行えるレッスンをご紹介いたします。

広告

 

エクササイズ

1.
基本姿勢になりましょう。
・かかとをしっかりと床につける
・丹田に力を入れる
・ハートセンターを開き、肩を下げる
・頭は丹田の上にまっすぐ落としましょう

2.
背中をそらせるアーチ、
背中を丸めるカールの姿勢を
交互に繰り返しながら行います。

この動作がベースのため、
全てにおいて忘れないようにしましょう。

3.
両手を前後に開きます。
次に、両手を斜めに開きます。

4.
頭を左右に大きく回します

5.
両手を頭の後ろで組みながら
アーチとカールを左右で行います。

6.
正面に戻ってきたら、
ゆっくりと最初に姿勢に戻っておしまいです。

 

参考動画